« 食べ放題「串家物語」 | トップページ | 全国一斉地デジ化テスト »

2010年7月 4日 (日)

W杯 ドイツvsアルゼンチン

これもまた歴史に残る試合だな… 前半を1点リードで終えたドイツは、後半で終始アルゼンチンの攻撃に耐える時間が続く。 そして、そのスキを衝いたドイツがなんと追加点! 2-0!! 更に同じ状況から大混戦を抜け、またゴール!! あっという間に3-0になってしまった… 頑張れドイツとは言ったが、頑張りすぎ。 でも、こんな結果になっているのは紛れもなくマラドーナ監督の責任。 信じると言えば聞こえはいいが、マラドーナ監督からはなんの作戦も感じられない。 勝てる力を持っているのに、まったく活かせていないのは…見ていて痛々しい。 一方のドイツは3点目を奪ってから、俄然勢いが増し…何度もゴールチャンスを作る。 ラスト3分には…衝撃の4点目の見事すぎる追加点! アルゼンチンはなす術も無く… 4-0で試合終了。 さあ、こうなるとマラドーナ監督の会見が見物だ。 いよいよ人格が問われるというか、今までは結果を出していたからある程度の振る舞いは許されたが…さすがにそれは本人も分かっているかな? フタを開ければ圧勝だったドイツは、このあとのスペインvsパラグアイの勝利チームと戦うことになる。 少し気になったのは、ドイツの選手がインタビューで「次はスペインかどこか…」と答えていてさ… 分かるけど、ちょっと悔しいよね。 そのどこかは日本の可能性もあったわけだから。 パラグアイには本当にスペインを倒してベスト4まで行ってもらいたい。 そして、そのドイツに一矢報いてくれ。

|

« 食べ放題「串家物語」 | トップページ | 全国一斉地デジ化テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食べ放題「串家物語」 | トップページ | 全国一斉地デジ化テスト »