« S&Bの食べるラー油 | トップページ | W杯 ブラジルvsオランダ »

2010年7月 2日 (金)

W杯 代表帰国

まだ大会は終わっていないが、トーナメント1回戦で敗退した日本代表が早くも帰国した。 ベスト16という結果は、目標こそ遠いかもしれないが…W杯という舞台で世界が称賛するほどの素晴らしい試合をしてくれた。 珍しくサポーターや報道陣の反応も良く、ものの良し悪しはみんな分かってんじゃないのみたな。 そうなんだよ。 勝ち負けではなく、どういうプレーをしたかなんだよ。 大会前の4連敗だって、内容が良ければ誰も叩かなかったはずだ。 まー、今回は他国の強い支持も手伝っているとは思うけど… あの中国が「日本代表はアジアの誇り」とまで報道してくれたほどだからね。 帰国後の会見でまず最初に発せられた言葉は、応援してくれたファンやサポーター達への感謝の意。 そう言えばパラグアイ戦後、本田選手も「批判も含めた応援の声は力になりました。ありがとうございます。」という内容のコメントを残している。 ここでも「自分の為にやっている限り世界では勝てない」と何度も言い続けていたからさ。 正直驚いた。 だから活躍できたし、世界にもその姿勢が伝わったのだろうと納得。 会見での選手達への質問は本田選手→川島選手→遠藤選手→中澤選手→長友選手→岡崎選手。 どれも清々しい質疑応答で波乱めいた瞬間は一度もなかったよ。 4連敗やPKでの駒野選手などにはさすがに触れられなかったか。 一応、岡田監督はイングランド戦やコートジボワール戦で得たデータが本大会で役に立ったと言っていたから、連敗は計算の上ということなのだろう。 ただ、それでも勝利を信じて応援している人達の悔しさを思うとさー。 W杯で勝ったからいいでしょと言われているようで、なんだか腑に落ちない…

|

« S&Bの食べるラー油 | トップページ | W杯 ブラジルvsオランダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« S&Bの食べるラー油 | トップページ | W杯 ブラジルvsオランダ »