« W杯 日本vsパラグアイ 前半 | トップページ | W杯 日本vsパラグアイ 延長 »

2010年6月30日 (水)

W杯 日本vsパラグアイ 後半

評価:★★★★★★★☆☆☆
なんと後半終了で0-0。 前半もそうだが、まず最初に攻撃を仕掛ける日本は過去に見られない形。 格上との戦いは、守り続けてカウンターが定石。 つまり、パラグアイは格上じゃないという意気込みの表れでもある。 実際はもちろん格上だが、その姿勢がなきゃ勝てるわけもない。 そして、なんと言ってもこれだけの運動量で体力の消耗が目に見えて少ないのよ。 逆にパラグアイの動きは明らかに鈍っている… らしくないミスに付け込む最大のチャンスなのだが、蹴れる選手はしっかりマークされてんだよなー… 中盤で入った岡崎選手もなかなか攻撃に加われず。 終盤は圧倒的に攻めているのに、ゴールが遠い… ラスト5分になっても攻撃の手を緩めない日本。 0-0のままロスタイムを迎え、いらないイエローカードを本田選手がもらってしまう… このあと、本W杯初の延長戦に入る。 勝つのはどっちだ!

|

« W杯 日本vsパラグアイ 前半 | トップページ | W杯 日本vsパラグアイ 延長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W杯 日本vsパラグアイ 前半 | トップページ | W杯 日本vsパラグアイ 延長 »