« 「はやぶさ」帰還 | トップページ | 胃がん検診 »

2010年6月15日 (火)

W杯 日本vsカメルーン

評価:★★★★★★★★☆☆
勝ってしまったねー。 FIFAランク45位の日本。 19位という格上のカメルーン相手に無失点。 本田選手が奪った1点を最後まで守り、1-0で勝利。 リーグ戦で大事な勝ち点3を得た。 しかも、内容も悪くはない。 これまでのような無様な勝ち方であれば、口うるさく批判しているところだが…今回はディフェンスの位置取りが初めて成功していたように見える。 とにかく相手に詰め寄るスピードね。 ゴール前でスルスル抜かれる最大の原因だったからさ。 それが、突然なにがあったのか…ディフェンスが一人一人常に動いていたのよ。 なぜソレを今までやらなかったのか。 動けば当然予測もされにくくなり、相手もパスが出せなくなる。 そこに2人3人と早いチェックが入り、ボールを奪う場面もあった。 何度も言うが、なぜソレをやらなかった? 今までずーっともどかしかったのは、やれるのにやらない様に見えていたから。 だから、必至に応援しているサポーターの事を思うと許せなかったのね。 相変わらずなDFと何回言ったことか… まー、そうは言っても今回も不可解な大ミスは多々あった。 カウンターという場面で易々と相手に献上してピンチになるみたいな形が何度も… 奪われるならまだしも、献上はいかん。 そんな時でも気迫でゴールを死守した川島選手。 そう言えばオシム前監督が素晴らしい事を言っていたよ。 「翌日の新聞1面が本田選手だけなら日本は危ない」てさ。 本当にまったくその通り!!! こんな絵に描いた手のひら返しってあるか? オシム氏が言ってるのはそこじゃないのも分かるが…カメルーン戦で勝利を呼んだ立役者はどう考えてもキーパーの川島選手だろ。 本田選手はアノ場面で入れて当たり前。 逆に外したら批判されるべき内容。 でも、川島選手は入れられてもしょうがないシュートを全部止めた。 ヘタをしたら1-3で負けていたかもしれないんだから。 売り上げが大事な新聞記者達は、ビッグマウス(本田選手)という客寄せを選ばざるを得ないんだろうけど… 1社でも「守護神!川島!!」みたいな1面があったら逆に目立っただろうに。 勝てばいいだけの応援じゃ、負けても選手の責任に出来ないと思うぞ。

|

« 「はやぶさ」帰還 | トップページ | 胃がん検診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「はやぶさ」帰還 | トップページ | 胃がん検診 »