« W杯 ブラジルvsポルトガル | トップページ | 自民党の選挙CM »

2010年6月27日 (日)

W杯 ウルグアイvs韓国

一応ね。 23時開始だし。 韓国は頑張ればベスト4も夢ではない組み合わせだからさ… なんとなくイケそうな気はしていたんだけど、前半の早い段階でウルグアイがゴールを決める。 韓国も攻める回数こそ多いが…直感でボールを回しているよね。 悪く言えば頭を使っていない… 点を取る為の組み立てが感じられないから、ウルグアイの守備にも余裕が見られた。 終始FIFAランク通りの実力差で展開している感じ。 運が味方すれば勝てそうな雰囲気はあったけど、まー妥当な結果。 別に韓国に対して厳しい事を言うわけじゃないのよ。 日本が同様のプレーをしてしまうようなら…同じ事を言わせてもらうから。

もうひとつ。 最近目立つのが「あれだけ批判しておいて…」という絶賛に対する批判ね。 なかには「岡田監督ごめんなさい!」などと謝るサポーターまで出る始末。 オイオイちょっと待てと。 まず、なんで批判していたのかを冷静に考えようぜって。 W杯直前に4連敗という「事実」はどこへ行った? サポーターは勝利を信じて必至に応援していたんだから。 不甲斐ない試合内容に対して怒るのは当たり前。 そして、W杯で勝利したのなら…讃えるのが当然。 岡田監督は勝利という形で批判への責任を果たしたのだから。 サポーターや報道が謝る必要は一切ない。 ダメなものを批判した時点で、良いものを評価する責任が生まれる。 私も連敗時の様なプレーをW杯でも続けるなら全敗してくれたほうがいいと語ったが、W杯の名に恥じないプレーをしてくれるならもちろん全力で応援するつもりだ。 何度も言うが、私は素晴らしいプレーをして欲しいだけだからね。 今後も勝敗を問わず、ダメならダメ、良ければ良いと…日本だけでなく、どの国も平等に語りたいと思う。

|

« W杯 ブラジルvsポルトガル | トップページ | 自民党の選挙CM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W杯 ブラジルvsポルトガル | トップページ | 自民党の選挙CM »