« W杯 カメルーンvsデンマーク | トップページ | W杯いろいろ »

2010年6月21日 (月)

指先の激痛は…

今年は身体的なトラブルがずーっと続いているが… 今度は人差し指の先が激痛で箸もろくに持てない状態に。 日増しに痛みも強くなる為、病院で診てもらうと…ヘバーデン結節の可能性が高いらしい。 説明を受けた症状とは少し違うのだが、その時の医者は軽いノリで「飲み薬で様子をみましょう」と。 ほかに考えられるケースなり治療の行程などを聞こうとすると、面倒くさそうに「どんな説明をしても必ずそうなるとは限らない」てさ…… わかっとるわい。 白黒付けたくて聞いてるわけじゃないのに… 一定の覚悟や準備が出来るならしておきたいだけ。 ここ数年で多くの医者に診てもらっているが…当たり外れの幅が大き過ぎて本当に困る。 注射1本でも全然違うからね。 ついこの前も、初めて「痛くない注射」を射たれて驚いたよ… 注射は痛くて当然だと思っていたから。 唯一まともな会話が出来たのは、以前腫瘍の手術を担当してくれた医者。 この人だけは話しが通じて、普通のキャッチボールが可能だった。 指先もその医者に診てもらいたかったが…残念ながら外科担当。 整形外科は冒頭の通り。 あんないい加減な診察をされると、別の病名だったらという不安が絶えない…… とにかく未だに痛い。 箸は持てるまでになったが、これは治りつつあると考えていいのだろうか? 色々と分からないことだらけだ…

|

« W杯 カメルーンvsデンマーク | トップページ | W杯いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W杯 カメルーンvsデンマーク | トップページ | W杯いろいろ »