« W杯 ウルグアイvs韓国 | トップページ | HDDのDVDダビング »

2010年6月28日 (月)

自民党の選挙CM

谷垣氏が熱く語る自民党の選挙用CM。 一応、自分達が目指すべき政策を言ってはいるのだが… どうしても「いちばん!」というフレーズに引っかかる。 これは明らかに事業仕分けの「2番じゃダメなんですか?」に対する皮肉だ。 この発言は仕分けの象徴として何度もリピートされたからなー… でもさ、今になって改めてその発言の意味を考えると…蓮舫議員自身は別に2番でいいとは思っていないと思う。 単に事業者側に「1番でなきゃならない理由」を説明させたかっただけだろう。 その与えられたせっかくのチャンスを事業者が活かせなかったから、蓮舫議員はただの悪者になってしまった… 別に民主党を擁護するわけではないが、少なくとも「2番でいい」とは思っていないんじゃないかな? と言っても、多くの国民が「2番じゃダメなんですか?」発言に嫌悪感を抱いているのも事実。 ある意味報道の情報操作。 報道批判が絶えない自民党(民主党もだが…)は、報道が作ったレールに便乗した形になっている。 この節操のない二面性発想はどうなんだろうか。 自民党も民主党も選挙で色々言うのはかまわないが… 公約の乱立だけはやめてくれ。 売れない商品を売れる商品とセットにして売るのは独禁法で禁止されています。 公約が4つ5つともなると、全部賛成なんて有権者はいない。 ひとつだけ甘い蜜を目立たせておいて、あとは国民が嫌がることをこっそり公約に混ぜてしまえという事だ。 そして、当選後は嫌がる公約を「国民との約束」と称し…優先順位を一気に上げる。 残念ながら、現状はどの党もそんな印象…… このまま投票日を迎えるなら、投票率は過去最低になりそう。

|

« W杯 ウルグアイvs韓国 | トップページ | HDDのDVDダビング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W杯 ウルグアイvs韓国 | トップページ | HDDのDVDダビング »