« 胃がん検診 | トップページ | W杯 アルゼンチンvs韓国 »

2010年6月17日 (木)

ニンテンドー3DS公開!!

様々な噂がされていた任天堂の新携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が、遂にE3で初披露された。 本体の見た目は現行のDSiとあまり変わらないが、3DS専用のゲームグラフィックはWiiに迫るクオリティ。 スペックの詳細は非公開だが、おそらくかなりの高機能と思われる。 そして、なんと言っても注目は裸眼での立体視。 体験者のレビューを読む限り、精度は良好のようだ。 本体には3Dボリュームというスライドがあり、自分に合った状態を調節できる。 もちろん3Dをオフにすることも可能。 これがリアルタイムで行える為、立体視によるストレスはほとんどなさそう。 なにより、絵が綺麗。 DSのグラフィックは3Dに向いていないと言い続けてきたが…3DSの質なら問題ないかな。 ソニーのPS2程度の作品なら完全移植も容易に出来ると思う。 FFやDQも3Dだから、そのまま3DSに持って来たら新鮮にプレイできそうだ。 次世代機の発表時は毎回ソフト次第とか思っていたが…今回に限っては度外視で期待。 ただひとつ、残念ながら縦のピクセルが240とかなり少ない… 今なら最低でも480は欲しいところだ。 更に問題は、DSiで購入したDSiWareのソフトを3DSへ移す事が出来ない。 たぶんね。 任天堂はダウンロード購入の管理をゲーム機本体に依存させている為、例えばWiiの買い替えの際もそれまでにダウンロードしたソフトを遊ぶには新たに購入しなければならない。 これは多くのユーザーにとって、購入に踏み切る足かせとなっている。 買い替えのダウンロード移行が可能になれば、心置きなくダウンロードするんだけどね…… 肝心の発売日は未定だが、今期中には出るかな? 予想は来年の1月23日とか。 9月にはポケモンが出るから、その話題を引っぱりたいだろうし。 年末にはもしかしたら店頭デモで裸眼の立体視を体験できるかも。 こうなるとソニーはもう打つ手なしか。 

興味のある方は公式サイトへ
任天堂 E3 2010情報
3DS以外にもWiiやDSの新作情報満載。

|

« 胃がん検診 | トップページ | W杯 アルゼンチンvs韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 胃がん検診 | トップページ | W杯 アルゼンチンvs韓国 »