« 焼肉丼 たどん | トップページ | 無料展望台 文京シビックセンター その1 »

2010年5月 5日 (水)

普天間基地問題

沖縄県宜野湾市にある米軍普天間基地。 現首相である鳩山氏がいよいよ解決に向けて動き出した訳だが… どんな大逆転案が飛び出すのかと期待していたら…分散案に同意してくれという、なんとも気の抜けた提案。 大多数の人は「だろうさ…」と鼻で笑ったことだろう…… この感じだと5月末の決着も「公約にないから守る必要もない」とか言いそう。 ただ、それはさすがに世界に笑われるから勘弁してほしい。 というか、首相自身が県外移設発言を軽視している時点で問題だろう。 大人の事情だから仕方が無いでは済まない。 我々素人でも米軍と沖縄県民の主張は容易に予測できた。 その巨大な壁を乗り越えられるだけの「準備」があっての発言だと信じていたのに… 分散案は最も最悪のシナリオだと私も思っていたからなー。 個人的に唯一解決できる案があるとすれば…宜野湾市の沖合に基地をまるまる移設。 くい打ち方式で海上基地を建設できれば「とりあえず」は事態の収束を計れるのではないだろうか。 これなら米軍の位置的な都合も解決できるし、県民が何よりも望むのは基地関連が視界から消えてくれる事だと思う。 県外移設にはならないが、双方の妥協点にはなりえるはず。 その際に生じる様々な問題をクリアしていくのが政府の仕事のような気もするし。 実現可能かどうかの前に、まず提案してみる価値はあるのではないか? 出来ないから却下ではなくてね。 水面下では交渉の席で話し合われているのかもしれないが… だからこそ分散案に終始したのは残念。 そして毎度のことながら報道批判も残念。 与野党みんなね。 報道批判は国民をバカにしていると思ってもらいたい。

|

« 焼肉丼 たどん | トップページ | 無料展望台 文京シビックセンター その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼肉丼 たどん | トップページ | 無料展望台 文京シビックセンター その1 »