« ご理解祭り | トップページ | 卓球世界選手権 男女 »

2010年5月29日 (土)

話題のiPad

まだ実際に見たり試したわけではないのだが… 一体何が魅力なのかがまったく分からない。 おそらくパソコン歴が長い人ほど、その印象も強くなるんじゃないかな。 報道などではタッチパネルの操作性・機能性に終始しているが、その内容は昔出た「iPod touch」となんら変わらない。 コアなファンにはたまらない新要素があるのかもと公式サイトを確認すると…これまた驚くほどiPadとtouchのアピールポイントは酷似している。 別にそれが悪いとは思わないし、Apple自身も嘘は言っていない。 問題はユーザーの異常な騒ぎっぷり。 大規模なサクラかと疑いたくなるような状況に、報道陣も飛びつかざるを得ない… これを見た無知なライトユーザーが勢いで購入してしまい、フタを開けたら実は色々と契約やら接続やらが別途必要になるという障害にぶつかりお蔵入りなんて事も容易に想像できる。 任天堂のDS感覚でいると痛い目に遭うだろう。 もうひとつ腑に落ちないのは名称。 パッドと言われて連想するのはマウスパッド。 当然、厚みも相応の物を期待するでしょ。 でも現実のiPadの厚みははっきり言ってタブレット。 nanoの時も少し感じたが、今回は完全に名前負けしていると思うぞ。 数年前には曲げられる極薄液晶が開発中だという情報があったのに…近い将来駅や電車内の広告が同じスペースで動いたりするとか言われていたのに。 このiPadの盛り上がりっぷりを見ると…日本の夜明けはまだまだ先の様にも感じる。

|

« ご理解祭り | トップページ | 卓球世界選手権 男女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご理解祭り | トップページ | 卓球世界選手権 男女 »