« 近所から見たスカイツリー | トップページ | 無料展望台 カレッタ汐留 »

2010年4月27日 (火)

映画「タイタンの戦い」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
これを観た理由のひとつに、ワーナーマイカルシネマの割引額が大きく影響しているのよ。 基本的に映画を観る時はネット予約が簡単な新宿ピカデリーなんだけど、ここは3D上映のみサービス料金が適用されないのね。 1000円の日でも3Dは2000円。 平日なら1800円にプラス200円だから、そんな割高感もない。 だが、ワーナーマイカルシネマの場合…3D上映はサービス料金を含めた全ての価格にプラス300円という設定。 つまり、1000円のサービスデーなら…なんと1300円で話題の3D映画を鑑賞できてしまうのだ。 その代わりというか、平日だと1800円にプラス300円で2100円となる。 新宿ピカデリーより若干の割高。 サービスデーに合わせて観られそうならワーナーマイカルが圧倒的にお得。 どうしても公開日に3D映画を観たいなら新宿ピカデリーか。 ただ、ワーナーマイカルでネット予約(e席リザーブ)を行うと100円の予約手数料が発生してしまうので注意! それでもサービスデーとの併用なら1400円だから、公開間もない映画などは予約したほうが無難だろう。 …だいぶ話しがそれたが。 肝心の「タイタンの戦い」よ。 内容は、そこそこ。 神話は詳しくないが、おそらく忠実に再現されていると思う。 野心に燃えるハデスは、神を敬えない人間どもの抹殺を予告。 それを知った主人公ペルセウス(実は神と人間のハーフ)は、人間として神の攻撃に立ち向かうという話し。 少しネタバレになるが…ペルセウスと共に戦った人間はほぼ全滅。 最終的には誰の為の戦い? みたいな… 簡単に言えば神々の喧嘩に人間が巻き込まれただけ。 ラストは強引なハッピーエンド風で終わる… この形に一体どれだけの「人間」が共感できたのだろうか? 加えてもう一方の目的、3Dね。 映像自体は迫力あるが、やっぱり立体感が弱い。 私だけかな? 想像しているような飛び出しや奥行きもない。 たまに立体になる感じ。 最近なら家電量販店でのデモ映像のほうがよっぽど立体だ。 3Dに関してはアバターの時とまったく同じ… 映画館や作品に問題があるのかと思っていたが、どれも感じ方は一緒の様だ…… こんな程度で、テレビの製造メーカーは3Dの時代がくると本当に思っているのだろうか? 立体映像が世に出始めてからもう15年以上経つというのに、この進歩のなさ……… 利用者も冷静に考えてもらいたい。


Dscf100425_004
入口の立体ポップ。作品の内容自体は面白いが立体感は弱い。


-----

|

« 近所から見たスカイツリー | トップページ | 無料展望台 カレッタ汐留 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近所から見たスカイツリー | トップページ | 無料展望台 カレッタ汐留 »