« DVD「ガンダムUC」第1巻 | トップページ | 飲食店「月の雫」 »

2010年3月16日 (火)

撮り鉄の報道

毎年この時期に引退する列車があるらしく、その勇姿をカメラに収めようと鉄道ファンが押し寄せるというのだが… 無茶な撮影を試みる撮り鉄達が問題となっている。 映像の多くは、ホームでの群衆と線路脇に入り込む危険な行為。 コレ、個人的には鉄道ファンよりも「させる側」に大きな責任があると思う。 ルールと秩序を守ってとか言うのは、単なる責任放棄。 客に守ってもらうんじゃなくて、守らせなきゃ。 つまり、できちゃうからやっちゃうのよ。 毎年どういう状況になるか分かってんだから。 スシ詰めにならないように、十分な時間と余裕を作ってやれって。 規制もしないで「危険です」は勝手すぎる。 大きなイベント会場などで入場整理をしている人達を思い出してみろって。 ちゃんと「説明」してくれれば、みんな従うんだから。 モラル任せはやめろ。

|

« DVD「ガンダムUC」第1巻 | トップページ | 飲食店「月の雫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DVD「ガンダムUC」第1巻 | トップページ | 飲食店「月の雫」 »