« 祝ドラクエ6クリア! | トップページ | 事業仕分け1年生総動員? »

2010年3月24日 (水)

任天堂が次世代機を発表

なんだか任天堂って毎回その存在を完全否定した直後に、堂々と否定を覆す発表をするよね… というか開発自体は常に行っているんだから、否定なんてしなきゃいいのに。 …何の事かと言うと、ニンテンドーDSの後継機「3DS」ね。 名称からも想像できる通り、画面が3Dになるらしい。 ポイントは「裸眼」での立体映像。 構造はおそらく富士フィルムの3Dデジカメ「FINEPIX REAL 3D W1」と同じだろう。 当然ソフト側が対応している必要もあるとは思うが、DSの名を引き継いでいる以上…基本的なスペックやシステムに大幅な向上が見られるとは考えにくい。 現DSソフトとの互換性を保つことも決まっているようだし… 立体というからには、その多くはポリゴンが中心になるはず。 そうなると…問題は表現力の低さ。 今のDSソフトは、お世辞にもグラフィックが良いとは言えない。 90年代に出たソニーのプレイステーションにやや劣る程度だ。 私も未だに2Dドット絵で作れと言い続けているほど、DSはポリゴンに向いていない。 これを立体にするということは…左右別々の絵を同時に表示しなければならない為、2倍の処理能力が必要になる。 もともと陳腐な絵が立体になったところで、得られる感動などたかが知れているって。 PSPでも現状の3倍の処理がないと厳しいかも。 でも、さすがに任天堂もそんな事は分かっていると思うし… あえて出すからには、それは相当な自信があるという見方もできる。 6月のE3で初披露する予定らしい。 いい意味での裏切りを期待。

|

« 祝ドラクエ6クリア! | トップページ | 事業仕分け1年生総動員? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝ドラクエ6クリア! | トップページ | 事業仕分け1年生総動員? »