« 男子サッカー日本vs韓国 | トップページ | 冬季五輪 男子スピード500m »

2010年2月15日 (月)

冬季五輪 男子モーグル

男子は日本を含め、どの選手も大きな差はなかったね。 解説も常に冷静で分かり易かったし。 1位は開催国カナダのビロドー選手。 日本の遠藤選手はなんと予選の順位を上回る7位! いやー、モーグル面白い。 陸上の短距離とフィギュアを足した様な競技だ。 そのなかで内容も良かった日本チーム。 本当に誰がメダルでもおかしくない素晴らしい試合だったよ。

もうひとつ。 競技とは直接関係ないが…話題の國母選手。 服装の乱れで出場辞退かという騒ぎに… 報道やメディアでは賛否色々言われているが、特に気になったのは「スノーボーダーは皆あんな輩だ」というかばい方。 擁護派の多くからそんな意見を耳にする。 でもさ…だからOKって発想は違うんでないかい? こういうのって絵に描いた様な「偏見」だと思うが。 クリーンなイメージにしようと努力している人達もいるだろうし。 代表選手にはその責任と自覚が問われて当然だと思う。 この件で思い出したのは水泳の千葉すず選手ね。 彼女は「日本の為ではなく自分の為にやるから放っておいてくれ」と発言したのよ。 まー結果メダルに遠く及ばなかったからいいものの、國母選手にも同じ事が言えるんじゃないかな。 つまり、もしメダルに届いたら…服装の問題はより大きくなるはず。 だって結果が出なければ「だろうな」て言われて終わりでしょ。 本当に実力があって金メダルなんて取った日には… 朝青龍ばりに多方面からバッシングを浴びることになる。 本人もあーいう格好をする以上、その辺の覚悟は出来てなきゃいけないと思う。 言われたから腹を立てるじゃ、ただのバカでしょ。 もう大人なんだから、何をしたらどういう反応がくるか程度のスキルは体得しておくべきだろう。

|

« 男子サッカー日本vs韓国 | トップページ | 冬季五輪 男子スピード500m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男子サッカー日本vs韓国 | トップページ | 冬季五輪 男子スピード500m »