« 冬季五輪 女子カーリング | トップページ | 冬季五輪 女子フィギュアショート »

2010年2月24日 (水)

冬季五輪 女子フィギュアショート直前

なんだか男子で盛り上がり過ぎて疲れた… 女子での注目はもっぱら韓国のキム・ヨナ選手と浅田真央選手。 予想の基本は最近の試合結果から考察される為、他国のメディアも本命はキム・ヨナ選手だと考えているようだ。 それにしても、以前ここでも言ったが…キム・ヨナ選手の最大の敵は韓国国民とまで言われると少し可愛そうかも。 私は彼女の現状を例えるなら「コップいっぱいに満たされた水」だと言った。 わずかでも揺れたら溢れてしまうのが今のキム・ヨナ選手だろう。 日本の3選手は、ともに程よく減らした状態に見える。 つまり、周囲からも完璧を求められていないから、自分のペースで滑走が可能なはず。 故に簡単には溢れない。 結局対照的なのは彼女らではなく、周りの環境ね。 去年のグランプリシリーズは完全に五輪の予選だと思ったほうがいい。 そう考えると、キム・ヨナ選手は第一次予選に全力で挑み世界記録を出した事になる… それがコップの水の始まり。 五輪のメダルに照準を合わせるなら、徐々に注ぎ足していく演技をすべきだ。 国民の「彼女がミスをする訳がない」という強烈な期待の手が、キム・ヨナ選手の足下に無数に群がっているでしょ。 彼女のコーチはそれを知ってメディアや国民との接触を避けているようだが… その行為が逆に不必要な「自国の期待」を想像させてしまうのではないだろうか。 一方、浅田選手の会見で意外だったのは…「ミスなく」や「完璧に」といった宣言は減り、応援してくれる方々の為にいい演技をしたいと言っていた。 これは、私が知る限りではこの五輪での会見が初めて。 安藤美姫選手に感化されたのかな? トリノの荒川選手の時に、私は自分の為にやる事はただの趣味だと言った。 誰かの為にやる事がプロフェッショナルなのだと。 だから、常に自分に向いていた浅田選手のコメントにはどうしても不安を感じざるをえなかったのよ。 「ノーミスで」を連呼する度にコップの水が…みたいな。 それがここにきて、まさかの逆転コメント。 滑走順は浅田真央選手,キム・ヨナ選手,鈴木明子選手。 厳しい最終滑走に安藤美姫選手。 男子と同じく、みんな素晴らしい演技でショートを終えて欲しい。

|

« 冬季五輪 女子カーリング | トップページ | 冬季五輪 女子フィギュアショート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬季五輪 女子カーリング | トップページ | 冬季五輪 女子フィギュアショート »