« 女子サッカー日本vs韓国 | トップページ | 男子サッカー日本vs韓国 »

2010年2月14日 (日)

冬季五輪 女子モーグル

メダルの可能性をはらんだ女子モーグルの決勝。 1位はアメリカのカーニー選手。 予選から観ていたが…世界と日本の差は大きいね。 競技の見た目で判断すると、上村愛子選手が何故4位に入賞できたのかまったく分からん。 また、このレベルでまわりが金メダルとか騒いでいたのかと思うと…いよいよ他競技の注目も怪しくなってくる。 金メダルを期待していいのは、イアン・ソープ選手や北島康介選手の様な圧倒的な技量を持った選手にだけ。 例えば、フィギュアの浅田真央選手やキム・ヨナ選手は、現時点では圧倒的とまでは言えない状態なんだから、放送時に「いざ金メダルへ!!」とか言わないで欲しい。 だって誰が金でもおかしくないから。 とにかく女子モーグルの予選の時点で、メダルそのものへの期待は消えていたからさ。 上村愛子選手の4位は恐ろしく大健闘だと思う。 批判のように聞こえるかもしれんが、選手達は一切悪くない。 放送のテロップや解説をもっと現実的にしろって事。

|

« 女子サッカー日本vs韓国 | トップページ | 男子サッカー日本vs韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子サッカー日本vs韓国 | トップページ | 男子サッカー日本vs韓国 »