« 特撮「天装戦隊ゴセイジャー」 | トップページ | 冬季五輪 男子フィギュアフリー »

2010年2月19日 (金)

冬季五輪 男子フィギュアフリー直前

男子のフィギュアスケートでこんなに盛り上がる事って過去にあっただろうか? 内容や技術・役者・状況など、色んな要素がプラスになって気分も最高潮! 無敵のプルシェンコ選手がやや横柄な態度らしく、海外からも高橋選手やライサチェック選手に期待する声が出たりしている。 …これは野球のイチロー選手と同じで、自身への鼓舞とリップサービスだろう。 事実、プルシェンコ選手がいなかったらここまでの盛り上がりはなかったと思うし。 で、前置きが長くなったが…フリーの日本1番手は小塚選手。 13番目の登場。 90点越えで2位のライサチェック選手が19番目に登場。 続けて織田選手。 22番目に高橋選手。 ラストは超人プルシェンコ選手。 …これ、本当に抽選かい? 世界が最も観たい順番だと思う。 プルシェンコ包囲網とでも言うか、2位のライサチェック選手が先陣を切ると…後に続けとばかりに織田選手・高橋選手が滑走。 まずはライサチェック選手よ。 彼の結果で状況は激変する。 良くても悪くても、影響を受けずにはいられないだろう。 もちろん理想はみんなミスなく総合得点で日本人の金メダル。 さて、どんな結末が待っているのやら…

|

« 特撮「天装戦隊ゴセイジャー」 | トップページ | 冬季五輪 男子フィギュアフリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特撮「天装戦隊ゴセイジャー」 | トップページ | 冬季五輪 男子フィギュアフリー »