« 冬季五輪 男子モーグル | トップページ | 総菜屋「Green'sK」 »

2010年2月16日 (火)

冬季五輪 男子スピード500m

観ていたよ。 Liveで。 日本選手の1回目は全員後半だから、ちょうど整氷車のトラブルで待ち疲れた… その最初のタイムで加藤条治選手が34杪93で3位に。 次いで長島圭一郎選手が35杪10の6位。 1位は34杪86でフィンランドのプタラ選手。 今回はこれまでと違って日本選手がやや有利に見えた。 0.何杪の世界で20人近くの選手が横ばい。 スタートダッシュと2つ目のライン取りが勝負かな? 他国の選手が苦戦するなかで、日本の選手はこの辺にミスがなかった。 しばらくして始まった2回目。 1回目のタイム順だから、上位の日本選手はずーっと後。 当然期待は3位の加藤選手にかかる訳だが… なんと長島選手が2回目を34杪87という好タイムで暫定1位に! その後、韓国のテボム選手に抜かれるも…2位をキープしたまま、残る選手は2人!! しかも、そのうちの一人は加藤選手! これはなかなかエキサイティングな展開だ。 この時点でようやく日本人初のメダルは確定だからね。 1回目日本人で唯一の34秒台だった加藤選手が2回目にどんなタイムを出すのか? 結果はプタラ選手と共に少し落ちたが…総合で3位の銅メダル獲得! そして2位だった長島選手は…そのまま銀メダル獲得!! まさかの2位・3位独占!! …そりゃこうなると1位も取れたかもとはなるが、記録の差を見ると完全に運だね。 実力はみんな均衡してんだから。 それにしても、正直ここでメダルが取れるとは思っていなかったからさ。 もしかしたら私の予想の「良くて6個」を越えちゃうかも。 がんばれ。

|

« 冬季五輪 男子モーグル | トップページ | 総菜屋「Green'sK」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬季五輪 男子モーグル | トップページ | 総菜屋「Green'sK」 »