« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

新戦隊プレミア発表会

評価:★★★★★★★★☆☆
去年に続き今年も新戦隊のプレミア発表会に行ってきた。 理由は現戦隊のシンケンジャーが素晴らしい作品だったから。 とにかく脚本が小林靖子氏というだけで9割は良作を約束されたようなものだ。 彼女が脚本を書かない回はまったくの別物になっちゃうくらい重要な役割を担っている。 と言っても、新番組の発表会だからシンケンジャーはおまけ。 新たな戦隊は天装戦隊ゴセイジャー。 事前情報から察するに…観続ける事はないだろう。 ある意味これが特撮ヒーローの王道だと思うし、美味しい食べ物も食べ過ぎると苦しいでしょ。 またいつか小林靖子氏の脚本で作られるのを期待して、今回は新戦隊の勇士を刮目。 CMなどで見ていたよりも印象は良かったな。 敵もキャストもキャラがちゃんと立っていたし、複雑な相関図も垣間みる事ができた。 ちょっとだけ問題だったのは、真隣のおっさんのコールがさ… ステージでの名乗りを一緒に叫ぶ度に前列の子供達がビクッ!!として振り返るのよ。 まーそれは百歩譲ったとしても、言うなら言うでせめてタイミング位は合わせようぜ。 毎回1・2杪遅れて叫ぶから、セリフによっては聞こえなかったりする… 特に酷かったのは主題歌ライブ。 司会者が一緒に歌って下さいと言った時点である程度覚悟はしていたが……案の定ズレまくりの大熱唱。 まわりの子供達がちょっと可哀相だったな… それよりも、やはり盛り上がったのはシンケンジャーのキャスト陣の登場。 おどけた演出もあって、スゴい歓声だったよ。 というか、今の戦隊は役者も認知されているんだなー。 明らかに女子高生やOLのみの客もいて、なんだかいよいよ子供だけが楽しむ作品ではなくなってきているのを実感。 でも、それは小林靖子氏の脚本あっての事だと思うから、はたして新戦隊のストーリーが彼女らの視聴に耐えうるモノかは不明。 シンケンジャーの最終回は来週だが、ひとまず一年間お疲れさま。


Dscf100131_013
会場入口。今回は700番台だから呼ばれるまで結構待つ。

Dscf100131_008
入口付近の展示。シンケンジャー自体はイベントなどでよく見かけるが、手前のメカは初見。本物に迫るクオリティだ。


-----

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

ハンバーグ「トット・デル・マンマ」

評価:★★★★★☆☆☆☆☆
久しぶりに専門店でハンバーグ。 評価は良くないが、おそらく好きな人は多いと思う。 私が注文したのはチーズクリームセット980円。 ライスorパンとスープ付。 個人的にはもっと肉々しいほうが好み。 店員やお店の雰囲気は非常に良い。


Dscf100127_020
トット・デル・マンマの入口と店内。

Dscf100127_026
チーズクリームのセット。ライス・スープ付で980円。

-----

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

ステレオ写真006

銀座シリーズ。 三愛ドリームセンターのビル。 たぶん有名。 見上げる感じのステレオはあまり見かけないから撮ってみた。平行法。


S_100115_013014
ステレオ006 銀座のビル。ガラス張りで各階が良く分かる。


-----

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

野鳥2

別に鳥が大好きって訳ではないが、そうそう撮れるものではないからさ。 撮れそうな気配を感じれば挑戦はするのよ。 これもそのひとつ。 前回とは違い、かなり偶然性が強い。 撮ろうとした鳥は逃げちゃったからね。 鳴き声がまだあったから、漠然と辺りに向けて構えていれば現れるだろうと… そして、見事チャンス到来。 ピントを合わせていた場所にちょうど来たからバッチリ。 何度も言うが、特殊な望遠で撮影したら意味がない。 その時の集中やドキドキ・ワクワクといった感情は必ず写真に宿るから。


Dscf100122_028
初めて訪れた公園の木に現われた野鳥。偶然でもいいのだ。


-----

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

ステレオ写真005

銀座シリーズ。 ビル建設の初期段階。 こういう写真は実は一期一会で貴重だったりする。 スカイツリーもまっさらな敷地を撮影していて良かった。 平行法

S_100115_007008
ステレオ005 ビル建設の初期段階。幅を倍以上に調節。


-----

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

さくらやのポイントカード…

…なんということか。 まさかこんな状況になっていようとは…… 先日、さくらや全店が2月28日に完全閉店すると語ったが…ポイントカードの残高が2万以上あってさ。 買いたい物は特にないが、せっかくだからと充電池のストックや録画用の空DVDをポイントで交換しようと思ったのよ。 で、行ってみると…目を疑う様な光景が!!? な、何も無い!!!? まさに冒頭の叫び。 どうやら再入荷はないようだ。 ゲームやDVDの新作は一応入るが、売り切れ御免状態。 表示されている値引き額から更に10%〜20%レジで割り引かれるから、需要のある品は当然売り切れ…… てっきり閉店までは通常の仕入れが行われるものとばかり思っていたからなー… もちろん充電池や空DVDなんて立派な物は置いてない…… ガンプラもなければ食玩もない。 はぁ…… せっかく溜めたポイントが完全に無駄になってしまった……………


Dscf100126_104
毎月通っていた新宿のさくらやホビー館。最高の店だった…


-----

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

ステレオ写真004

銀座シリーズ。 写真は不二家ビル。 一見すると立体が分かりにくかもしれないが、ポイントはビルに映り込む向かいの建物。 それを意識することで、立体感が増す。平行法。


S_100115_005006
ステレオ004 銀座の不二家ビル。道路が広い為この距離に。


-----

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

食べ放題「東京中華街」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
池袋サンシャイン通りの脇道にある店「東京中華街」。 ランチ1000円以下で食べ放題。 昔から気にはなっていたのだが、どうも入口の雰囲気がさ… 別に悪いってわけではないのだが、行くぞッ!!みたいな気合いが必要な感じ。 入ってみればなんてことはなんだけどね。 いくつか訪れてみて気付いたのは、中華系ってバイキングフロアが分かれている店が多い。 味もどこも大差ない。 昔、香港で食べた麻婆豆腐やエビチリは超美味かったのに…食べ放題だからなのかな? で、肝心の今回はというと… 中華バイキングのなかでは良いほうだと思う。 点心系が私好み。 ただ、残念なのは白飯がないところ。 お米は炒飯のみ。 全体的に油っ濃いから白飯がないのは厳しい。 これは中国人も一緒だと思うのだが… 違うのか?


Dscf100112_004
東京中華街のバイキングで一通り盛ってみた。味は良い。


-----

| | コメント (2)

2010年1月22日 (金)

ステレオ写真003

銀座周辺でステレオ量産。 当たり前だが、人が多くて道を撮るのが難しい。 1枚目と2枚目で対象物に変化があるとステレオに違和感が出てしまうからね。 平行法。


S_100115_001002
ステレオ003 有楽町マリオン。無風のおかげで木々も綺麗。


-----

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

視界の良い日の展望台

ここまで遠くを見渡せる日の展望台は初めてだ。 視界が良いとこんなにも景色が変わるものかというほど別世界。 新宿の都庁からは富士山が見えるはずだが、太陽の位置が悪く残念ながら確認は出来なかったが。 それでも普段はモヤがかって見えることのない遠くの街並がクリアに。 …この時はまだステレオ写真を思い出していなかったからなー。 これだけの快晴は滅多にないから残念。 


Dscf100109_037
都庁展望台から見た街並。これでも広範囲の一角。

Dscf100109_044
東京ドームと建設中のスカイツリー。位置関係がよく分かる。


-----

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

政治資金問題

難しい事を語るつもりはないが。 気になったのは、報道に対する民主党の対応。 ここにきて急に報道批判が強まったでしょ。 事業仕分けの時にあれだけ「上手く」報道を利用していたクセに、同じ様に「特別な事態」を報道されたとたん手のひらを返す始末。 元総理の小泉氏を筆頭に「報道批判」は見苦し過ぎる。 以前民主党のバカ議員が「ちゃんとやっている部分も平等に報道してくれ」と怒りをぶつけていたが… あのね、ちゃんとやるのは社会人として「当たり前」なのよ。 報道が扱うのは特別な事柄。 報道に求めるのも同じ。 なんで「当たり前」な事を取り上げなくちゃならないのだろうか? この民主党の議員は、ちゃんとやるのは特別な事だと公言したことになるぞ。 当時、この発言を聞いた時は…民主党というよりも、このバカ議員の問題だと思っていたのだが。 冒頭でも言った通り、どうやらこの発想は民主党自体のモノらしい…… そもそも、報道の内容だけで国民が判断していると本気で思っているのが残念で情けない。 自民党も民主党も、報道の先にいる国民を見ながら発言できる日がくることを願う。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

ステレオ写真002

だいぶ試してからの新たな試み。 ズレの幅を少し広げて、より立体になるよう調節。 写真は池袋の公園にある像。 平行法。


Dscf100112_005006
ステレオ002 池袋のふくろう像。ズレ幅を大きめに調節。


-----

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

ハトが舞う

よく群れをなして飛び交うハトを見かけるのだが。 右に左にとよくもまー同じ軌道を飛べるものだ。 この時、大抵羽を広げたままだから、おそらく風の流れに乗る様な感じだとは思うが。 これが本当の意味での群舞なのかも。


Dscf100107_013
飛び交うハトは意外と高速。ピント合わせが大変。


-----

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

旭山動物園3D映像

評価:★★★★★★★★★☆
銀座ソニービル8Fで公開中の3D映像「ハイビジョン旭山動物園」。 …これは想像していたのと全然違っていた。 以前映画「アバター」で立体の距離が近いと語ったが、その時の不信感が強烈に残っていてさ… 3Dはしばらくないなと思っていたのだが。 今回のソニービルでの映像はなんと無料。 軽いノリで行ってみると、そのシアタールームの独特の雰囲気にビックリ。 3Dメガネをかけると、さっそく映像が立体に! それもアバターの様な不快感は一切なく、ごく自然に美しい立体を楽しむ事ができた。 特に降ってくる雪がスゴい。 もう奥行き加減が見事だね。 これだけの立体映像でも、目がまったく疲れないし。 アバターもこんな感じだったらもっと印象も違っていたかも… あと音響も凄まじかったなー。 小さな映画館よりは遥かに良い音。 わずか9分間だが、お金払ってもいいくらい大満足。 本当にスゴい映像だったよ。 ただ、この企画は本日の1月17日まで。 もっと早くに知っていれば、何回か足を運んだかもな。 …と思っていたら朗報が。 1月22日(金)〜2月13日(土)の期間、今回の旭山動物園を含めた3作品の3D映像を一挙上映するらしい。 もちろん入場無料。 全部で約30分。 オススメ。


Dscf100115_004
ソニービル入口。柱にはハイビジョン旭山動物園の告知が。


-----

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

ステレオ写真001

昔、コンパクトカメラで何度か挑戦してみたステレオ写真。 簡単に説明すると、2枚の写真を擬似的に重ねることで立体に見える写真のこと。 現実世界でモノを立体的に捉えられるのは、対象物の距離によって右目と左目で見える映像がズレているから。 例えば、目の前のモノを見ている時の背景は二重になっているはずだ。 それが立体を認識するためのズレ。 ステレオ写真とは、このズレを意図的に起こした2枚の写真を左右別々に認識させることで立体を感じることが出来る写真のこと。 ステレオ写真を見るには少し訓練が必要だとも言われているが、一度でも見えればあとは楽だろう。 細かい解説が欲しい人は検索で専門サイトを探してみてくれ。 ここで紹介するステレオ写真は、全て一眼レフのFinePixS6000fdで撮影。 これ1台で同じ景色を半歩ズラして2度撮影。 他サイトの多くは専用カメラで撮影しているから「立体」そのものは自然だが、幅の調節が均一で何枚か見ると飽きるのよ。 例えるならデジタルサウンド。 正確なリズムを何時間でも刻んでいられる感じ。 別にこれを否定する訳ではないが、私は個人的に生身の演奏が好き。 人間的なズレが逆に心地よいのね。 ステレオ写真でもその辺を目指そうと思っている。 ステレオ写真を見る手法には「交差法」と「平行法」があって、ここでは平行法で公開。 これも簡単に説明すると、左目で左の写真・右目で右の写真を見つつ…寄り目の逆で2つの写真を重ねるという技。 まずは試験的に色々試したうちの中から。


Dscf100110_047048
ステレオ001 自転車置き場。久々の挑戦で手探り状態だ。


-----

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

さくらや閉店…

学生の頃から常に家電と言えばさくらやだった私にとって、これほど衝撃的な事態はない。 なんと来月の2月28日で全店閉店という張り紙が…… ヨドバシよりもビックカメラよりも、人としての接し方に優れていたさくらやがなくなるとは… 特に新宿のホビー館は毎月何度かは訪れるソウルショップ。 割引率が高いうえに10%のポイント還元で、現在2万以上ある… 閉店までに使い切ってくれと言われ、切なさと共にこれが現実だという実感も。 これから一体どこで何を買えばいいのやら…………

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

携帯写真比較

WX340Kの写真画質を確認する目的で、普段この語logの写真で使用している一眼レフのFinePixS6000fdと比較してみた。 違いがなくては逆に困るのだが… 高画質撮影をウリにしているWX340Kが、一眼レフにどこまで迫れるのかを検証。 まず、印象としては思っていたよりも良い。 例えるなら10年前のコンパクトデジカメ。 メタル系の撮影(車など)なら粗さも目立たない。 苦手なのは、どうやら青空のようだ。 というか遠いものがダメなのかな? 繊細なグラデーションもかなり厳しい感じ。 


M_dscf100105_031
左がデジカメ。右が携帯。意外にも大差ない。

M_dscf100105_035
情景や掲載所によっては、携帯のほうが見やすい場合も。

M_dscf100105_038
青空では明確な差が… 携帯の雰囲気も悪くはない。

M_dscf100105_043
もうひとつ青空。さすがにこうなると携帯では厳しい…


-----

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

すばらしい対応

先日、とあるメーカーにクレームを出したと語ったが… その時のメーカーは謝罪をしてきた。 …前回も言ったが、謝罪は必要ないのよ。 指摘した問題を、企業全体が認識してくれればそれでいい。 なにやら店長が必至に詫びていたが…私はこれを親企業の責任放棄と取った。 結構な大手だから残念ではあるが、まーこれが普通だろう。 それとは別に、実はバンダイにも質問メールを出していてさ。 ガンプラを購入するとたまに付いてくるガンプラナンバー。 これを専用サイトで登録していくと様々な特典を受けられるというものだが… 所持しているナンバーがひとつも登録できない。 これはどういう事か? という内容。 ちなみに、冒頭でのクレームもこれに近いもの(…そっちは堪え難いという付加要素があるが)。 違いは返答にあって…バンダイ側に謝罪はなく、細かい事情の説明のみ。 一見すると受ける印象も分かれそうだが…こっちは何故?という疑問を投げかけているだけなんだから、謝罪がないのは当たり前。 むしろバンダイの様に詳細を明記してくれたほうがありがたい。 ただ、返答はすばらしいのだが…それをサイト上に記載してくれればと思ったりも。 この対応の違いは営業形態が異なるという面もあるとは思うが、どちらも謝罪をされるのは心外。 問題改善の一躍を担っていることを願う。

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

海外ドラマ「24 VII」第13話

評価:★★★★★★★☆☆☆
(※ネタばれるから注意!) 20時〜21時。 前回からだいぶ間があいたが… ここまでで言えば面白い。 シリーズのなかでも上位に入るくらいだ。 とりあえず折り返しで、ジュマ編が一段落。 テロ行為はほぼ成功してしまうのだが…それは法の壁に対する抗議でもあるのだろう。 途中からFBIとして動くジャックも、ジュマの作戦を阻止する為に違法な拷問を繰り返す。 このやり方が、今回は特に激しいのよ。 ギリギリの所で吐かせるから、同席者には殺していたかもという疑念が残る。 その末路がホワイトハウスでの拷問ね。 共謀者を突き止め、あと一歩のところで大統領が拷問を阻止。 テイラー大統領は元々ジャックの行動には批判的だからね。 盲目の正義とでも言うか、命を救われても尚ジャックに対する不信感を残している。 その大統領を殴ったジュマが一瞬カッコよく見えたくらいだ。 ここではシリーズの主要メンバーでもあるビル・ブキャナンがとんでもない事になってしまうのだが… 新たな黒幕の情報を得たジャックが、再び同じ共謀者に迫る。 少し気になったのは、そこに現われた黒幕の仲間。 一応伏線はしっかりしているんだけどさ… あまりにも全てが上手く行き過ぎだろ。 受付でジャック達の病室情報を端末にコピーするなんて展開は乱暴だって。 情報管理は病院ごとに異なるだろうし、PCやソフトも様々。 いくらやり手とは言え、これらの障害をものともせず一瞬でコピー完了。 どれだけスゴい人物かという演出なんだろうけど、モニターの病室を携帯写真で撮れば一発だと思う。 天井裏から病室に辿り着けるのも、なんだかご都合的な臭いがするし… 結局情報を吐かせる前に共謀者は黒幕に殺される。 更に、ジャックはその犯人にされ…慌てて逃走。 FBIは大統領の危機をよそに、ジャックを追う。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

野鳥

野鳥はよく撮影するんだけど、機材を追加したりはしないからさ。 9割は逃げられるのよ。 でも、だからこそ綺麗に撮れた時は嬉しい。 鳥の向きも大事だし… そのなかでも渾身の一枚を最近撮影できた。 これだけ寄れたのは奇跡だ。 たまたま目の前に来たのではなく、歩いて近づいたんだから。 この数秒の間にカメラを構えてズームしてピントを合わせて… 慎重にシャッターを切る。 …これで9割は逃げられるのだが。 この時は私自身も神掛かっていたかも。


Dscf100105_027
野鳥奇跡の一枚。特殊な機材を使わずに撮影。


-----

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

もんじゃ焼き

何度か食したことはあるのだが… お店の人にやってもらったのは初めて。 さすがと言うか、豪快なヘラさばきで手際よく出来上がっていくもんじゃ焼き。 アレを自分でやるのはちょっと恥ずかしいくらいだ。 当然味も良かったよ。 可能であれば店員にお願いしたほうがいいかも。


Dscf100103_054
月島にある「はざま」の入口。有名人がよく訪れるらしい。

Dscf100103_055
もんじゃ焼きを店員にやってもらう。まずは鉄板に油を…

Dscf100103_059
明太子などの具材を砕く!砕く! のち、ドーナツ状に形を作り、メインを中央に流し込む。ゆっくりとかき混ぜる。

Dscf100103_061
完成! これがもんじゃ焼き!! 自分じゃ絶対無理。


-----

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

新携帯(PHS)WX340K

先日も少し語ったが、新しい携帯はなんと56000円。 高い買い物をしてしまったが…とりあえず出来ること出来ないことを色々試してみた。 まず出来ない事は、microSDカードに直置きされたデータの再生。 マニュアルには記載されていないため、利用できていないユーザーも多いのではないだろうか。 microSDカードは市販されているものを用意するのだが、本体に挿してカメラ機能で撮影するとデータがmicroSDカードに記録される。 そのカードをPCなどで開くと、携帯に合わせたフォルダが作られているわけだが…問題はどこに追加データを置くか。 先ほどの直置きとは、最初の階層に放り込むこと。 この場合、携帯側ではデータを認識してくれない。 一度でも携帯でデータのやり取りを行っていれば「PRIVATE」というフォルダが作られているはずだ。 この中にある「DATA」フォルダへ入れないとダメ。 ここ以外に置かれたデータは全部認識しない… 自前データを利用したい人は気をつけよう。


Dscf100104_078
機種変更されたPHS。WX340K。現在色々お試し中。


-----

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

元日の富士山

実はちゃんと元日にも富士山を撮影していたのよ。 この日は夜中の月食から空気が澄んでいて、視界が非常に良かった。 こういう時の展望台は気持ちいいだろうな…


Dscf100101_039
元日に撮影した富士山。この視界の良さが未来の示唆であれ。


-----

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

携帯機種変更

10年近く使い続けてきた携帯(PHS)が遂に不協和音を奏で始めてさ… ゴムのフタは完全に朽ち果て、シルバーの塗装もハゲハゲ。 それでも変える気はさらさらなかったのだが、さすがに着信音に異常が出ちゃったらねー。 ネットで調べた機種に変更する為、販売店へ行くと… なんと去年の10月で完売とか。 携帯で色々やるつもりもなかったんだけど、見た目と通話・待機時間で適当に選んじゃってさ。 つーか他に欲しいのなかったし。 長い説明を聞いていると、本体を一括で買うと56000円とか言っている。 どうせ長く使うんだからと、それに決めたのはいいが… 時間が経つほど、えらいもん買っちゃったなー…なんて。 だって説明書を読むとMP3やらFLVの再生とか、写真撮影も色々設定できたり画像自体を加工できたり… ………全部いらんッ!!! 通話とメールだけあれば何でも良かった事に今気付いた。 長く使い過ぎたのが仇となったか… インターネットもPC仕様で閲覧可能らしいが、携帯の場合って時間ではなくページの容量で金額が決まるのね。 だから多くのブロガーは表示件数を1つにしているのか… 


Dscf100104_076
ボロボロに朽ち果てたPHS。その姿はまさに大往生。


-----

| | コメント (0)

2010年1月 6日 (水)

去年のスカイツリー

12月あたまにスカイツリーを撮影。 と言っても近所からだから、視界が悪いと完全に見えなくなる。 このところ天気が良くても遠くまで見えない日が続いていてさ… 東京から富士山が見えていれば、ここからでもスカイツリーが見えるんだけど。


Dscf091204_013
近所からのスカイツリー。左がうっすら日で、右がアウト日。


-----

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

TV「BSマンガ夜話:犬夜叉」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
3夜連続放送の2日目。 今回は高橋留美子氏の「犬夜叉」なんだけど、これまた前回以上にベタ褒め。 気持ち悪いほどの絶賛トークが飛び交うのだが… 「リアル」の時と違うのは、共感要素が多いってこと。 少年漫画に意図的に特化させているとか、単行本ごとに仲間が増えているなど。 単にセンスだけで描いていない所が素晴らしいと。 「うる星やつら」や「らんま1/2」も、たしかに新キャラが滞ることはなかったように思うし。 ただ、らんまも犬夜叉も最初の十数巻で読まなくなってんだよね。 簡単に言えばマンネリかな。 それも心地よいモノとは違って、面倒になってくる… 現在アニメでは完結編が放送されているようだが、最後まで読んだ人はもっと時間をかけてエピソードを省かないで欲しいとか言っているのをよく見かけるのよ。 まー改めてアニメ化されるくらいだから、実際面白いんだろうけど。 結局は奈落と犬夜叉の話しでしょ? みたいな。 20巻あたりで奈落編にひとまずケリをつけてくれれば、最後まで読み続けられたかもしれない。 基本的には高橋留美子氏の漫画は好きだから。

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

焼肉「東海苑」

評価:★★★★★★★☆☆☆
…年明け早々焼肉の話しで申し訳ないが。 年末に以前話したもう一方の「東海苑」へ行ったのよ。 ここは通常のバイキングでランチ60分1000円。 肉質は普通。 網がすぐダメになるうえに交換が有料なのは少し気になったが、焼肉バイキングとしてはかなりお手頃。 贅沢せずに好きな焼肉を食べたい人にはオススメ。


Dscf091210_004
「東海苑」ビル入口。今回は6Fのバイキング店へ。

Dscf091210_001
一通り盛った肉。質は悪くないが、焼くのに時間がかかる…

Dscf091210_003
網は意外に早くダメになる。その辺も1000円の定めか…


-----

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

元日月食

前日に教えてもらった月食のイベント。 毎朝通院で厳しいから観るのは無理かと思っていたが、月食時の位置を調べると私の部屋の窓からちょうど見えるのよ。 せっかくだからと、3時40分に起床。 外を見てみると…見事な満月が! 月食の最大時は肉眼でもはっきりとその影が確認できた。 ただ、ぱっと見三日月にも見えなくもないからさ。 何が起こっているのか気付かない人もいるのでは? 言うまでもなく、月の満ち欠けは太陽が月を照らす角度によって決まる。 月食とは、その月と太陽の間に地球が重なる事で現れる影のこと。 去年話題になった日食は、地球と太陽の間に月自体が重なる現象。 同じ食でも、食われ方が異なるのだ。 このことを踏まえて、改めて月食を眺めてみると…また違って見えるのではないだろうか。 満月にかかるあの影は地球の影。 なにやら壮大な物を目にしている気分になるでしょ。 元日での月食は日本の観測史上初らしい。 年末の手術でテンションも下がっていたからさ… これは思いがけずエネルギーを貰った。


Dscf100101_023
デジカメで撮った月食。望遠最大。満月は明るい為シャッタースピードは1/1000。左が3時50分。右が4時20分時の月食。

-----

| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

DVD「BSマンガ夜話:ガラスの仮面」

評価:★★★★★★★★★☆
漫画「ガラスの仮面」を読み始めたのは3週間ほど前。 さすがに全部105円という訳にはいかなかったが、既刊の文庫を大人買い。 一気に23巻までを読破。 その感想を語logでは順を追って語っている最中だが、あまりの衝撃にアニメ,ドラマ,特番なども調べまくったのよ。 そのひとつがDVD「BSマンガ夜話」ね。 約10年前に放送・販売された作品だから、お店で探してもまず見つからなくてさ… 結局Amazonの中古で購入。 内容は「ガラスの仮面」のスゴさをみんなで語り尽くすというもの。 現在のマンガ夜話よりもリスペクト感が強いかな。 というか「ガラスの仮面」自体がそういう事なのだろう。 ゲスト達のテンションも常に高く、あのいしかわじゅん氏までもが終始絶賛。 私が抱いていていた疑問点も多く語られていて嬉しくなってしまった。 また、直接的な内容とは別に、文庫で出ている23巻の紅天女編が語られていてさ… つまり、10年前の時点ですでに現在までの既刊が全てあったという事に驚いた。 まだ連載中だよ? 23巻の紅天女編からもう10年経つのに…… 最新刊はいつかと調べたら、なんと来年の1月15日に文庫版の24巻が発売予定とか。 これは夜話でも言われていた事だが、肝心の紅天女の話しがはっきり言って面白くない。 この分析はいずれ語るとして、北島マヤと姫川亜弓の大喧嘩が終わった辺りからやっと本編の「ガラスの仮面」に戻るような印象を個人的には受けるのね。 ただ、紅天女に見られる下降感があまりにも長くて…23巻のあの終わり方ではまだ不安。 ポイントは速水真澄VS義父。 どう描かれることやら。

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

近所の夕焼け

明けましておめでとうございます。
書きためたネタは色々あるんだけど…新年の最初に相応しい絵を。 これは日の出にも見えるが、近所から撮影した夕焼け。 真っ赤に染まった空が富士山のシルエットを演出。 美しさは肉眼に劣るが、なんとか綺麗に撮れたのではないだろうか。


Dscf091218_030
近所の夕焼け。シルエットで浮かぶ富士山が幻想的。


-----

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »