« 様々な施設が無料開放 | トップページ | WiiWare体験版配信開始 »

2009年11月17日 (火)

話題の事業仕分け

もっと早くに語っておけば良かったかな。 各事業の予算を具体的に何に使うのか問い質すお祭りイベント。 テレビなどで報じられるのは当然絵になる場面。 「官僚を斬る」といった部分が中心になるため…仕分け人の横暴さが目立つ印象もあるが。 1件につき約1時間は個人的には妥当な時間ではないかと。 それ以上の話し合いは堂々巡りになるだけ。 大事なことは慎重に時間をかけて話し合うべきという意見もあるが、だから1時間「も」割いているんでしょ。 何度も言うが…この時間でお互いに言いたい事が言えないのなら、それ以上かけても変わらないって。 とは言え、別に仕分け人の行いに賛成という訳でもない。 言葉遣いや態度はいいとして、問題は国民が知りたいのはデータや数値じゃないってこと。 重要なのは、予算の内訳。 何に対してどれだけ必要になるのか。 また、その理由は? それらを事業側から説明してもらいたいのよ。 科学未来館の毛利氏は宇宙飛行士でもあるから、「主張」する事に長けているかもしれないが…ほかの事業者は、どうでもいい数値などへの回答をバカ正直に考えて審理がストップ。 1時間って言ってるのは仕分け側でしょ? 言い負かしてどうすんの? ちゃんと説明させないまま削減とか言ったって、結局裏で必要だからみたな事になるのは目に見えている。 まずは事業者が満足するような説明をさせなきゃ。 仕分け人の仕事はそこからだと思う。 せっかく民間からも参加させてんだから。 国民の視線を事業者にぶつけるチャンスを有効に活かせって。

|

« 様々な施設が無料開放 | トップページ | WiiWare体験版配信開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 様々な施設が無料開放 | トップページ | WiiWare体験版配信開始 »