« たばこ税 | トップページ | 食べ放題「喰喰」 »

2009年11月 5日 (木)

特撮「ディケイド」放送局が陳謝

以前にここでも語った「仮面ライダーディケイド」の最終回。 簡単に説明すると…第1話の冒頭に戻って「この続きは12月の劇場版で!」という終わり方は許されるのか? と散々指摘したのよ。 この件はそれで完全に終わっていたのだが…つい先日、放送局の社長が不適切を認め、本編と予告編の区別をはっきりすべきだったと発言したらしい。 こんなことは異例で驚いたが、少し気になる点が。 それは区別に対する解釈。 よく目にする意見に「アポロガイストを倒して一旦終了させる」という案があってさ。 これが、いわゆる区別としてのテレ朝の認識であったとしたら…ちょっと待てと。 私がこの作品を第1話から見続けた最大の理由は「ディケイドは本当に世界の破壊者なのか?」を知りたかったから。 内容的にも、その答えを探し求める旅として描いている側面も見えたし。 つまり、本編と予告編の区別とは…破壊者の答えとその後で分けるべきなのではないのか? みたいな。 最後のタイミングを変えたところで、最初から引っ張ってきた謎を映画に持ち越すという行き過ぎた行為が変わらなければ意味がない。 「24」の最後の2時間を映画でとか言われてみ。 どれだけの人が穏やかでいられるよ。 別にさ、本編と予告編を区別する必要はないの。 例えセットになっていても、本編で破壊者の答えさえ出していれば何も問題はない。 極端な話し、どんなに中途半端でも最終回としての終了的演出があれば不満はあってもOKだっただろう。 この辺の視聴者として譲れない要素を、何故プロの制作サイドが分からなかったのだろうか? これではいくら社長に謝ってもらっても解決にはならないよ。

|

« たばこ税 | トップページ | 食べ放題「喰喰」 »

コメント

こんばんは。usuusuです。

今回の仮面ライダーの件は私も納得出来ないところがありました。「そりゃないよ・・」と・・。

ディケイドは、おっさんになった私が珍しく気に入って観ていたヒーロー物だったので、最後がこんな形になろうとは・・。

悪いけど映画はとても観る気になれません。
バカにしているとしか・・。

投稿: usuusu | 2009年11月 5日 (木) 21:04

なんだー、こういうの興味ないと思っていたよ。
自分の場合は変わった目線で視聴してるから、楽しみ方も違うと思うけど。
今になって最終回批判が浮上してるらしいね。
なんだかキャストの人達が可哀相。

投稿: NADA | 2009年11月 5日 (木) 22:43

う~ん、たしかにキャストの人たちは気の毒かなぁと感じる所はあります。

せっかくおもしろいドラマになっていたのに、最終回のあの終わり方だけでこの叩きようですから・・。

週末の早朝に再放送が始まっているようですが、私は「・・で、最後はどうなるのよっ!」って部分だけ気になってたまらん。

思い出したら、またモヤモヤしてきた。

投稿: usuusu | 2009年11月 6日 (金) 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たばこ税 | トップページ | 食べ放題「喰喰」 »