« 吉野家「カルビ焼定食」 | トップページ | 日清×ガンプラ »

2009年9月 1日 (火)

特撮「仮面ライダーディケイド」最終話

評価:★★★★★☆☆☆☆☆
当初は全22話とされていた本作だが、大幅な延長で最終的に全31話となった。 皮肉にも、この延長戦が個人的には一番盛り上がったなー。 シンケンジャーとの濃密なコラボや昭和ライダーの登場など。 これだけ勢いをつけたからには、一体どんな最終回が待っているのかと期待していたらさ… 衝撃の第1話繰り返しエンド。 正確には1話の冒頭に戻って終わり。 そして……「この続きは12月の劇場版で!」って。 いやいや… こんな最後って許されるの? 推理小説を読んでいて、未解決のまま「続きは次巻」て言われるのと同じだぞ。 もし映画を作るなら、まずはテレビで解決してからだろ。 なにより「主人公士(つかさ)は本当に世界の破壊者なのか?」は第1話から引っ張ってきたテーマ。 それが作品のすべてと言ってもいい。 なのに、この一番大事な部分を映画に持ち越しって…考えられない。 せめて正月のSP特番とかさ…テレビ上での完結にこだわってもらいたかったなー……… 視聴率が悪くて途中打ち切りとかでもない限り、テレビ番組の最終回は最も重要な回であってほしい。 残念。

|

« 吉野家「カルビ焼定食」 | トップページ | 日清×ガンプラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉野家「カルビ焼定食」 | トップページ | 日清×ガンプラ »