« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

レギュラー録り続々終了

春から夏にかけて放送されてきたアニメが終了し始めた。 2クールか。 結局良かったと言える作品はひとつもなかったな。 麻雀の「咲-Saki-」は原作の連載を追い越しちゃったし… 大事な決勝戦のラストも、アニメの後に出版された原作漫画のほうが圧倒的に面白かった。 1クールの「宙のまにまに」や「東京マグニチュード8.0」も、本当に惜しい感じか。 冬の新作ラッシュも目前に控えているが…最も楽しみにしていた「ガンダムUC」が来年春になっちゃったからなー。 期待作がひとつもないのも、また珍しい… ざっと20作品ほどあるのに…… あと、1話で騙される事も多いからなー。 継続のつもりで2話目以降を観ると…意味不明な世界に突入されたり。 よっぽどのことがない限り、レギュラーは決めちゃいかんよ。

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

東京ゲームショウ2009

…行ってないけどね。 現在のイベントの主要ハードでもあるPS3やXbox360は持ってないし、今後も買うつもりはないからさ。 もう来るとこまで来た感もあるし。 ソフトの供給がネット配信のみになるPSPgoは論外。 目玉となる展示は何一つないはずだったのだが… バンダイナムコブースにて、アノ潮風公園にいたヤツが展示されているというではないか! 建設中から何度も足を運んだ実物大ガンダム立像が、こんな所に現れるとは!! と言っても、ヘッドだけだけどね。 幕張の会場なら18m組めたかもしれないが、頭部を間近に見られるのは素晴らしい。 なんと言っても本物だからなー。 今年のガンダムEXPOはビッグサイトで有料になってしまったし… もう池袋のサンシャインにやってくる事はないんだろうな… 偶然でも見られた人は羨ましい。 さすがにこの為だけにゲームショウは行けないよ。 以前サンシャインそばのアムラックスに実物大ガンダムヘッド(まったくの別物)が展示されていた事もあったから、もしかしたらそこに今回のヘッドもお邪魔することがあるかも。 それにしても見たかったな。 残念。


Dscf090711_124
写真は潮風公園時のもの。この頭部を間近に見ることができたらしい。来年の東京おもちゃショーでも見られるかも。


-----

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

食べ放題「すたみな太郎」

最近よく見聞きする食べ放題の店「すたみな太郎」。 TV番組でも何度か取り上げられたりしていて、とても興味はあったのだが… どの店舗も遠いのよ。 いや、電車で1時間程度なら頑張って行けるけどさ。 駅に近い店舗が近辺にはないのね。 大体最寄りの駅から車で10分前後。 仕方がないから、いつもの散歩コースと各店舗を地図サイトで比較しながら…歩いて行けそうな所を探す。 そして、先日やっと行く事ができたのよ。 平日のランチはなんと1180円(税込)。 土日祝と16:30以降のフルは1980円だから、かなりお得。 若干メニューに変動はあるが、それでも種類は超豊富。 数々の食べ放題を見てきたが…これほどのレパートリーを常備しているトコは見た事がない。 焼肉だけでも数えきれないほど。 ほかにはお寿司・惣菜・麺類・フルーツ・デザート・サラダなど。 それぞれにまた種類がたくさん。 これ全部食べても1180円。 飲み会で2〜3千円払ってることを考えると安すぎ。 特に焼肉が目で見て選べるバインキング形式なのはいいね。 今じゃ焼肉食べ放題と言えばオーダー制が主流だから。 ここぞとばかりに1枚ずつ全種類焼く。 いやー…贅沢だ。 寿司も惣菜もなかなか。 カレーやうどんも気になったが、後回しにしていたらあっという間に満腹。 以前の「三階の炒り豆に花」といい、食べ放題でアタリが続くのは嬉しい。 気軽に行ける場所にないのは残念だが、オススメ。


Dscf090924_047
外観。どの店舗も駅から遠く、アクセスは非常に悪い。

Dscf090924_043
お寿司・揚げ物以外にも、麺類やカレーなど種類が超豊富。


-----

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

暑い…

なんか8月より暑い気がするのだが。 ほぼ毎日長距離を歩いている身としては、ちょっと堪え難い暑さ。 日陰を探すのも一苦労。 雲が多い日はまだいいんだけど、青い空に太陽というコンビは厳しい。 さすがに距離も若干短くなるよ。 土手とか直撃しちゃうからからね。 早く寒くなれ。

| | コメント (0)

2009年9月25日 (金)

Wii「フォーエバーブルー海の呼び声」

評価:★★★★★★★☆☆☆
このゲームはプレイする人によってジャンルが変わるのだが… 私にとっては海の生物鑑賞ソフト。 水族館で観る生き物達を、野生の環境で発見していく感じか。 本作では渦やサメなど危険地帯が存在し、スリル度がアップ。 個人的にはあまり望んでいない要素ではあったが、攻撃されたら即死みたいな事もなく…泳ぎ続ければ回避できる為、さほどストレスにもならない。 物語としての進行も用意されているから、ある意味RPG的なプレイもできる。 ただ、そのほかにやれる事があまりにも多い為、何から手をつけようか迷う事もしばしば。 とりあえずはマップの開示率が最優先かな。 100%で10000pの追加報酬があるからね。 あとはサルベージで色々発見したり、弱っている生物を助けたり。 物語そっちのけでやれるのも良い。 また、個人的に便利だと思ったのが…ゲーム内のカメラで撮影した写真をSDカードに保存できるとこ。 サイズは小さいが、高品質な画面写真をパソコンなどにもっていける。 これが出来るなら、Wii本体に標準で撮影機能を付けてくれてもいいと思うのだが。 本作の場合、実際のカメラに近い感覚で撮影できるから、同時にセンスも問われるかも。 せっかくだから多めに写真を掲載。 とにかく期待以上の出来ではある。 Wiiリモコンだと常に右腕を酷使することになって、筋肉痛は必至だが…多くの人にオススメ。


R4e_090921_007
イルカの訓練中。練習していくと技が増える。

R4e_090921_006
全長15mといわれるザトウクジラ。音楽も壮大になり大迫力。

R4e_090924_008
夜の拠点。テーブルでは様々な情報を確認できる。

R4e_090924_012
深度が増すにつれ視界も悪くなり、生物も激変。少し怖い…

R4e_090924_017
ガイドの仕事を受ける事も可。マンタを見られて彼もご満悦。

-----

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

新首相の外交デビュー

国内でも上々なスタートを切った民主党鳩山政権が、早くも外交での存在感を猛烈アピール。 会場では拍手喝采とのことだが…各国の褒め殺し攻撃に恐怖も感じた。 例えれば、面倒な学級委員に立候補した生徒を讃えるみたいな。 つまり、それだけ世界が抱える難題を「日本が背負います」と宣言したのだ。 サプライズ的な目玉公約だとは思うが…国内企業への影響が超心配。 温室効果ガスの排出量を2020年までに25%削減だよ? それを実行するのは誰? 実際に排出している企業でしょ。 さも自分達の手柄のように高らかと宣言されちゃ困るんだけどな…… 前原大臣の八ッ場ダム中止作戦も同じ。 なぜ現場の人間に了解を得ないまま決定事項にしちゃうかな。 選挙前の公約だって全てに賛同して民主党を選ぶことはありえない。 というか多くの国民は反自民で流れただけにすぎないんだから。 長妻大臣も公約書を掲げて「国民との約束です」とか言っていたし… この歪んだ認識にとても違和感を覚えてならない。 ちゃんと読まないのが悪いってか? 何か物を買って説明書を読まない人は多いと思うのだが、大抵の企業はソレを考慮して売るのが当たり前。 また、よく政治家たちが討論番組などで「マニフェストを読んで下さい」と言う場面を見るが…それを決めるのはお前じゃないと、いつも思う。 むしろ公約を大々的に説明できるチャンスを利用しないでどうする。 その討論は国民の為じゃないのか? 本気で伝えたいなら自分の言葉で何度も訴えるべきだ。 相手が知らないのは説明が足りないから。 書いたから読めは横暴。 これはどの党にも言えること。 新政権とはいえ、期待しないとしょうがないのも分かるが…前代未聞の大失敗にならない事を願う。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

NHK「プロフェッショナル・井上雄彦」

なんで録画予約しなかったんだろうなー… よく考えたらHDDの番組表になくても手動で予約できたんだよな。 ずーっと楽しみにしていたのに… しかも再放送だったのに。 もうやらないだろうし。 気付いた頃にはすでに番組後半でさ。 想像以上に素晴らしい内容だったのよ。 ちょうどここで語ったバガボンド31巻のお杉の話しを執筆中のドキュメント。 何に悩みながら描いていったのかが、濃密に記録されている。 というか実際の原稿が描かれていく様を完全密着で追う映像は初めて見るよ。 つくづく録画しなかった事が悔やまれる… 前半はどんな内容だったのか? スラムダンクとか触れたのかな。 DVDはシリーズで出ているみたいだが、この流れで買うのもなー。

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

新宿で富士と神輿

日曜の晴れた空、久々に新宿都庁の展望台へ。 少し説明すると…高さは202mで、東京タワーの展望台より50mほど高い(特別展望台は250m)。 更に、意外と知られていないのが無料であること。 そのためか、外国人客も多い。 入室は受付でカバンの中を見せるだけ。 あとは直通エレベーターに乗って展望台へ。 何度か訪れてはいるのだが、一度も富士山を見ることが出来なくてさ… この時期も決して視界がいいほうではないのだが、かろうじて「影」をとらえる事に成功。 その後、いつもとは違うルートで靖国通りを通ると… 大規模な交通規制とともに、人ごみのなかから神輿が! 人多すぎ。 とは言え、これだけ絵になる神輿を観たのは初めてかも。 まったくの予定外イベントでラッキーだったな。


Dscf090920_010
新宿都庁の展望台から。雲ひとつない快晴。壮観。

Dscf090920_018
展望台から微かに確認できた富士山。山々の重なりが幻想的。

Dscf090920_039
靖国通りに突如現われた神輿と群衆。なにやら力が湧いてくる。


-----

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

マクドナルドで衝撃

先日、超久々にマクドナルドでハンバーガーとポテトを買ったんだけどさ… このポテトの「S」が、なんと210円!!? た、たけぇ〜!!! ポテトってそんなに高かったか? ハンバーガーが100円なのに…ポテトが倍て。 つくづく昔は贅沢三昧していたんだなー… それを考えたらバリューセットの価格設定も全然バリューになってないし。 とにかく、この値段でポテトを買う事はもう二度とないだろう。

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

HTVがISSに結合

タイトルでは何がなんだか分からないかもしれんが… まずISSとは、ここでも何度か話題に出ている国際宇宙ステーションの略称。 400km上空に浮いてるヤツね。 このISSに日本の補給機「HTV」が無事ドッキングに成功したというのだ。 報道などでは「日本の技術力が...」とか言われているが、正直この発想は初めて知った。 言われてみれば、なんでもない事かもしれんが。 無人の補給機が宇宙へ行けるのなら、中継基地を設けて月や火星に運ぶのも容易になる気がする。 だって少し前まで、この物資調達が火星有人探査の最大の問題だったからさ。 いよいよコロニーのような宇宙都市開発も現実味を帯びてきたか。 地球と火星の間にいくつもの都市が点在すれば、民間の火星旅行も可能になるかも。

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

アニメ「東京マグニチュード8.0」最終回

(※ネタばれ注意) むー…。 そうなんだけどさ… 結局はそうなってしまうんだろうけどさ…… 俳優のパトリック・スウェイジ氏が亡くなったという報道もあって、悠貴の演出が映画「ゴースト」と重なる。 それが個人的にはマイナスになってしまったな。 前回の直後から始まった時点で、夢オチの可能性も断たれたし。 表題の「悠貴へ…」というよりは「悠貴より…」な内容。 この辺はもしかしたら実写のほうがリアルに描けたのかも。 アニメでゴーストのような展開になると、急に非現実的な世界に引き込まれる。 人の死を大切に描いたつもりなんだろうけど、この場合は過剰と言わざるをえない。 意図的なものを差し引いてもだ。 もし、具現化された悠貴ではなく、本当に姉未来が作り出した幻だったら…もっと冷静にリアルに見ることが出来ただろう。 ただ、前回も言ったが…やはり悠貴の死に必然性を感じない。 そういう意図なのも分かるが、東京タワー倒壊時に相手を守ろうとしているのは明らかに姉。 倒れた時の悠貴の手が姉の上にあったから、悠貴が姉をかばった様に考えている人も多いようだが。 問題は、二人ともしっかりと「逃げている」こと。 つまり、自ら危険を冒すマネはしていないのだ。 劇中で回避行動を取った主人公の末路が死というのはいかがなものか。 もし、必然性を持たせるのなら… タワーが倒壊する直前に悠貴が自分よりも幼い子を発見してしまうとか。 性格上避けられない状況が生んだ悲劇であれば、その死を噛み締めることもできたのよ。 ゴースト的演出がアリなら、そういう展開でも良かったはずでしょ。 なのに、無事であることを何話にも渡って引っ張っておきながらのコレだから… 教訓のレベルを超えてしまっていると思う。 これでは、震災というより「事故によるケアを怠たるな」という話しになるぞ。 なんかドラゴンボールなのにボール関係なくなってるみたいな。 感想サイトでも、良かったんだと無理矢理言い聞かせている印象を受けるし。 「東京マグニチュード8.0」が描いたのは、悠貴がどのようにして死んでいくかに尽きる。 地震はその過程のひとつに過ぎない。 反論もあるだろうが、これくらい言い切らないと感情が治まらないのね。 見終わった感想はただひとつ。 悠貴は死ぬべきではなかった。 これだけは言える。

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

DS「ポケモン ハートゴールド」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
なんだかこのシリーズ、プレイする度に難しくなっているような気がする。 とにかくサクサク進めないのよ。 獲得経験値が少なすぎて、単調な戦闘を永遠と繰り返すことになる… ゆえに睡魔必至。 寝る前にやると10分持たない。 不眠解消ソフトと言ってもいいほど。 歴代からの変化に乏しいのも原因のひとつかも。 ポケモン自体のグラフィックも、せっかく描き起こすなら劇的に変えないとさ。 「らしさ」と「まんま」は別。 比べたら違う程度の差じゃダメ。 フィールドやダンジョンも同じ。 だって宣伝の時点でゲームボーイ版と比較しちゃってんだもん。 スタッフの姿勢が知れるというか…やるならDS版プラチナとも比べて、なお進化を誇れる作品を目指すのが当たり前だと思うのだが。 未だに各バージョンのソフトを揃えないと図鑑が完成しなかったりと姑息な商売に走る神経も健在だし。 子供達はおかまいなしに両方買ってしまうから、結局売れてしまう……… この事が世界から見た日本の質を低下させているのは明らかだ。 良作を選べる子供を育てるには一体どうすればいいのだろうか。

| | コメント (2)

2009年9月17日 (木)

民主党鳩山政権始動

早くも「おや?」な発言や行動もチラホラ出ているが… メディア対応を慎重に行っているのは良い傾向。 新人議員も、かろうじて自分の言葉でコメントしていたし。 気合いだけは感じる。 ただ、冒頭でも言った気になる発言のなかで、「最初だから失敗も許してね」みたいな内容を語っていてさ… いや、失敗はしてもいいのよ。 そのツケを国民に回さないで欲しいだけ。 初心者が「出来ない理由」にならないのは社会人の常識。 どんな会社だって新事業に失敗すれば、傷つくのは自分達だ。 そういう責任を背負ってくれないと手放しで応援できないよ。 頼むよ元野党。

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

バージョンアップでいちいち

早朝、東芝のHDDプレーヤー「VARDIA」の時計表示がリセットされていてさ… 何事かと電源を入れると、またバージョンアップしたらしい。 8月のバージョン14から15に。 しかし、これまでのアップで時計がリセットされたことはない。 午前中に予約録画がなかったのは幸いだが、日付まで手動で設定し直すことに… 正午に自動取得とか言われてもなー。 テレビ局の時計表示も消えてる時間帯だから、容易に確かめられない。 バージョンアップの度に時刻リセットされたら超面倒。 なんとかならんのか。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

9年連続200安打

まーイチロー選手のことなんだけど。 野球そのものはそんなに好きではない為、この事がどれだけの偉業なのかいまいち分からない。 1シーズンで200安打を出す選手ってどれくらいいるの? 連続出来た選手は? そういった比較をさ… どこもやらないから、気持ちよく喜べないのよ。 何年ぶりに記録更新てだけじゃ伝わらない。 野球好きなら常識なのかもしれんけど。 各メディアで騒ぐわりには、達成時の映像も妙に淡白だし。 確か最多安打の時のほうが派手だったような… 噂ではシアトルという地域性と敵地という条件が盛り上がりに欠ける原因とも言われているが。 せっかくの記録なんだから、もっとお祭り騒げ。

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

任天堂のサウンドコレクション

クラブニンテンドーのポイントで入手できる非売品のサントラ「ニンテンドーサウンドコレクション」。 確かVOL.1〜4まであったのかな? 現在は在庫がなくなり終了しているようだが。 このシリーズは個人的にあまり興味が持てなくてさ… カテゴリーで分けるのはいいんだけど、選曲の好みが激しく合わない。 で、今月で1000ポイント以上が有効期限切れだと言われ…仕方なく400ポイントの「ニンテンドーサウンドコレクションVOL.2 クッパ」を入手。 熱い楽曲を集めたというから、多少は期待していたのだが…やっぱりというか、単にエレキバリバリのロック集。 とてもじゃないがスーパーマリオの任天堂とは思えないセンスだ。 もっともっと熱くてカッコいい曲がたくさんあるだろうに… 実際今の任天堂サウンドにはまったく魅力がないからなー。 同じ人が作曲しているみたいなのに、なぜファミコン時代の様な魂が震える作曲が出来ないのだろうか? そういうのを求めているファンも多いはずなんだけど。

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

アニメ「東京マグニチュード8.0」第10話

(※ネタばれ注意) …それはないって。 いくらなんでも演出としてかなり問題があると思う。 表題の「おねえちゃん、あのね」で既に嫌な予感はあったが…… 予想できるなかで最も最悪の展開。 序盤から急に弟悠貴の行動が怪しくなって、第8話での真実を姉が思い出す。 と言っても、この真実は我々視聴者も知らなかったこと。 だってさー… 1話から悠貴の無事を祈っていたのに、発見して元気にケンカしていたかと思えば、8話で突然倒れて… 再び元気に現われたかと思うと…実はこれが姉未来の見ていた幻影。 つまり、今まで助けてくれていた真理の家族探しの時にいた悠貴は完全な幻だったことになる。 今考えれば、姉の妙な優しさもそういう事なんだろうけど。 10話の最後で幻のはずの悠貴が自ら「事実」を知らせていたということは…姉個人の幻影ではなく、悠貴の優しい想いが具現化されて姉を安心させていた事にもなるのか。 この作品から受けるテーマは「悠貴の存在」なだけに、もう少しやむを得ない状況を用意してあげてほしかった。 だから冒頭の感想になるのよ。 多くの人の第一声ではないだろうか。 スタッフの言いたい事、やりたい事は分かる。 それでも、やはりこの真実には「何故?」という疑問が残る… 現時点では一応両親は無事らしい。 次回は最終話。 両親に真実を報告して終わりという展開は望んでいないんだけどなー。 てゆーかさ。 こうなると究極の裏切り「夢オチ」を切望してしまうんだけど。 台場に行く日の朝とかに戻ってさ。 反感を抱く視聴者がいたっていいよ。 ここまで嫌な気分にさせた責任を取ってもらわないとダメだと思う。  どっちにしろ次週は観るのが憂鬱だ…

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

フィギュア「ドラゴンボール」

ドラゴンボールのフィギュアはどれも比較的クオリティが高い。 そのなかでも特に毎回出来が良いのは「ドラゴンボールカプセル・ネオ」。 ガシャポンや超像魂もいいが、完全フル彩色はこのカプセルシリーズのみ。 単色だけのハズレがあるのは残念な所だが、劇中のワンシーンを忠実に再現していてさ。 鳥山明氏の絵を大事にしているのが伝わってくる。 もうひとつ、個人的に高く評価しているのが素材ね。 全てのパーツを「ゴム」で形成しているのよ。 食玩の多くは意外にプラスチックも使っていたりするんだけど…私はコレが嫌。 あと変に硬質な特殊ゴムもダメ。 なんと言うか…ズルくね? みたいな。 セルアニメに3DCGみたいな。 コストダウンや効率化がアリアリと目に見えるのは論外。 良い物を良いと、ちゃんと評価し支えていかないと。


Dscf090901_071
「魔人ブウよい子宣言」陰影なども彩色で表現されている。

Dscf090901_078
「悟飯のミラクルパワー」残像だけ加工。接写も問題なし。


-----

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

国際標準に挑む日本

以前、NHKの「追跡!AtoZ」という番組で「激突 国際標準戦争」という内容が放送された。 ざっくり説明すると、日本の技術がどんなに優れていても、国際標準にならなければ海外進出ができない。 この大問題に立ち向かう日本の企業連合を追跡するという話し。 この手のドキュメンタリーって、毎回解決を見ずに「彼等の挑戦はつづく」で終わるでしょ。 ところが、なんと今回は予想外の結末が待っている! そこに至るまでの熾烈なバトルがまるで漫画。 あまりにも良く出来すぎていて、未だに本当なのだろうかと疑ってしまうほど。 1100kv(キロボルト)もの超高圧な送電技術を30年かけて開発した日本。 当然、これを国際標準にするべく奔走するわけだが…現状、数字のうえで登録されているのは1050kvと1200kv。 欧州勢はすでに登録されている1200kvの実現を目指している為、猛反対。 どう考えても圧倒的に日本が不利。 更に、ここに中国が割って入る。 巨大なマーケットを誇る大国が出した答えとは? 予想外と言ってしまえば、逆にある程度予想できてしまうかもしれないが…ちゃんと結論が出て番組は終了。 なんというか、この国際標準の重要性をさ。 政治家の人達にも深く考えてもらいたいよ。 あらゆる分野で世界トップクラスの技術を持つ日本が、世界でシェアを獲得できない理由がこんな所にあったとは。 たまたまとは言え、本当に観ておいて良かった。 本日の深夜(12日土曜)2:05〜2:48に再放送されるから、興味があれば観てみて。

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

意外に多かった「語log」

このブログが検察でどれくらいヒットするのか、試しに「語log」と入れてみると… 出るわ出るわ、同名サイト。 知らなかった… こんなに多いとちょっと恥ずかしいかも。 私の場合は、前サイトの「語流(かたる)」からブログに移行という意味でモジったもの。 語流の内容をログで記録するという事で、まんまカタログの意味でも通用するのだが… 決して他者のアイディアを拝借した訳ではないのよ。 唯一ありがたかったのは、いくつかの検察サイトで「ここ」が比較的最初にヒットしてくれていたこと。 昔は地道にキーワード登録して来客数を稼ぐ必要があったが…今は自動で色んなとこにキーワードが飛んで行ってくれるのね。 タイトルを変える気はないけど、なんだか妙な競争心が芽生えたり。 良し悪しの判断は人それぞれだから、なにをどうするという訳でもないんだけど。 コアな内容を扱う事も多いからさ。 知らない人にも意味が分かる文章を心がけたい。

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

漫画「バガボンド」31巻

(※ネタばれ注意) …単行本を一冊まるまる使って描ききったよ。 又八(またはち)と母の旅。 又八の本当の名は又一。 母は本当の母ではないこと。 真実を確かめぬまま、母お杉は息を引き取る。 その間の親子のやり取りが、あまりにも切ない。 又八の親友武蔵(主人公)を悪蔵と呼び続け、退治することを生き甲斐にしてきた母。 体を悪くし、故郷の村へ帰ろうにも…その旅は長過ぎたようだ。 昏睡状態においても悪蔵を討ち取る夢を見るほどの憎しみ。 この強烈なストレスが寿命を縮めたのは間違いないだろう。 そして、武蔵を悪に仕立て上げたのは又八本人。 母を困らせない為の軽い嘘が招いた結末。 もし、本当の事を伝えていたら… おそらく、なんらかの理由をつけて結局は武蔵を憎み続けたはず。 死の間際、息子に背負われ故郷を目指す道中、悪蔵ではなく又八の事を話し始める母。 しばらくして、又八は最後の嘘をつく。 「村に着いたよ…」 そこで見たお杉の目には、村の仲間に加え怨敵悪蔵。 その幻影を見ながらも、又八の背を降り…優しい表情で帰った事を報告。 母は静かに眠り、泣き叫ぶ又八。 多くの人々が斬った斬られたの時代。 今生の別れを濃密に過ごせた又八とお杉は、もしかしたら幸せだったのかもしれない。 お杉はバガボンドには欠かせない存在だったからなー… ここまでしっかりと描いてくれたのは嬉しいが、やっぱり居なくなるのは悲しい。 作品を読んでいない人もこの31巻はオススメ。 泣ける。

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

神戸地裁の裁判員裁判

身内での殺人未遂事件の裁判が神戸地裁で行われたのだが… 被害者が証人として出廷した際、処罰を求めない発言に終始。 被告が息子という事情が影響しているとは思うが、そもそも誰の訴えで起訴に至ったのだろうか? 普通は被害者なんじゃないの? この父親が事件発生時になんらかのアクションを起こさなければ、裁判にならないと思うんだけど。 更にこの被害者は、どういう訳か不起訴を求める嘆願書を検察に提出していたというのだ。 これはさすがに裁判員もどんな量刑が妥当なのか判断しにくいと思う。 というか被害者が無事で処罰を求めていないなら、裁判員は必要ないんじゃないのかな。 当初は殺人などの凶悪犯罪にのみ裁判員が導入されるって聞いていたんだけど。 「未遂」にまで呼ばれたらキリがなさそう…

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

日清×ガンプラ その2

スーパーでは少し安かったから、ザクを加えて3種を組み立ててみた。 私の知るガンプラでは最も小さいサイズ。 マーカーで適当に色も着けたが、思っていたよりはプロポーションが良い。 ランナーの状態で着色したから、素組の絵は知らないが…これなら第2弾・第3弾とシリーズ化しても良さそうな気もする。


Dscf090903_083
左からザク、ガンダム、ドム。少し着色。極小親指サイズ。

Dscf090904_005
ガンプラ比較。左が1/144。一番右が今回の1/380。

-----

| | コメント (2)

2009年9月 6日 (日)

生キャラメル

以前にも生キャラメルを食べたことはあったが、今回はその名を一気に全国へと広めた立役者「花畑牧場」の生キャラメルを購入。 物産展に初出店という事でマンゴー味は即完売。 プレーンとハスカップはわりと残っていたから、プレーンを1つだけ買う。 1箱850円。 12粒入りだから、1粒で約70円。 そう考えると、まー言われているほど高くはないかな… だって以前のヤツは6粒で850円だったから。 これもそうだと思ったら倍もあって逆にビックリ。 半分の半額にしたほうがもっと売れるんじゃないかな。 注目の味はというと… 個人的には美味い。 確かに他とは違う。 ただ、やっぱりキャラメルだからさ。 出せて200円。 それ以上はどんなに美味くても納得出来ない。 従業員の努力を押し付けられているようで、むしろ不愉快。 もっと低価格商品の実現に向けて頑張ってもらいたい。


Dscf090903_080
花畑牧場の生キャラメル。12粒850円。


-----

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

ペッパーランチでO157

これはまた驚きの事態だが… 以前よく利用していたステーキ専門店「ペッパーランチ」でO157の感染が確認されたらしい。 問題の品は角切りステーキ。 O157は70度以上で加熱すれば死滅するため、提供システムが問われているようだ。 ここは生肉のまま熱々の鉄板で客に出し、あとは自由。 焼き方は教えてくれるが、知らなくても断ることができる。 どのみち食べごろを判断するのは客だから、赤い肉のまま食す人も多いだろう。 私はいつもとことん焼き切るが…ポイントカードがスタンプのくせに他店舗で使えないから、しばらく行っていなかったのよ。 おかげで感染せずに済んだ。

| | コメント (2)

フィギュア「ゴジラ」

「酒井ゆうじコンセプトワークス」というシリーズの超細密フィギュア。 手のひらサイズでありながら迫力の造形に彩色。 そのため、定価は1400円とかなり高額。 これでも一応「食玩」。 さすがにコンビニでは見なくなったが、レジでこの金額を払うのはちょっと恥ずかしいかも。 今回は第2弾で、私は両方とも1つずつ購入している。 もちろん安いトコでね。 2弾ではよりジオラマ風に構成されていて、映画のワンシーンを切り取ったかの様なリアルさを演出。 全4種類のなかから選んだのは「ゴジラvsデストロイア」。 さっそく開封してみると…なにかが違う。 よく見ると、なんとクリアパーツ仕様バージョンだ。 おそろしくリアルだが…リアルすぎて逆に不気味。 パッケージの写真は当然通常のフル彩色で色鮮やか。 私のクリア版は海とボディの赤い部分がクリアパーツで再現されていてさ… これは喜んでいいのか複雑…… 希少価値は高いと思うが、別に集めている訳じゃないからなー。


Dscf090902_012
「ゴジラvsデストロイア」クリア仕様版。リアルすぎて恐い。


-----

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

近所の書店で驚き…

久々に腹の立つ出来事があってさ。 私は書店で単行本を買う時に、いつもビニールを破かせず、そのまま袋も断って手渡してもらうことにしているのだが。 とある近所の書店で、それを拒否されたのよ。 注文カードの事を言ってるのかと思い「ソレの事ですよね?」と聞くと、ビニールを取らないと中身が出せないと「意味不明」の説明をし出した… まーおそらくは、防犯関連のチップか何かが封入されているのだろうが… いちいち押し問答するのも面倒なので、はっきりと「別の店で買います」と断ったよ。 これって一見私が嫌な客に聞こえるかもしれないが、自分で選んだ書籍を買いたいと言っているだけ。 それを「店側の勝手な事情」で拒否していいのだろうか? ビニールの中身が取り出せないのは客のせいか? それに多くの店は良く売れる本をカバー付けてレジの脇に積んであるが、黙って交換するのはなんらかの違法行為に抵触するような気もするし。 ほとんどの客は気にしないだろうが、私はソレによってハズレを引かされる事も多いのよ。 表紙が破けていたり、ページ同士が裁断されていなかったり…… ビニールを破かせないのも同じ理由。 店員に傷つけられた事多数。 だから、必ず自分の目で確認した本を「そのまま」買いたいわけ。 学生の頃からそうやって買い続け、一度たりとも断られた事はなかったのに… そりゃ面倒な対応をされる事もあるが、それは店が勝手に従業員の利便性を優先させているからにすぎない。 人気の高い本を買うときは本当に疲れる…

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

食べ放題「三階の炒り豆に花」

池袋のメトロポリタン側からでてすぐのビル「アネックス」3階にあるお店「三階の炒り豆に花」。 妙な店名だが、ランチビュッフェが1000円以下というリーズナブルさ。 メニューも豊富で、マーボー豆腐,唐揚げ,炒飯,グラタン,カレー,牛丼など、まだまだ他にも沢山。 そして、驚くなかれ…全品美味い!! こんなことがあっていいのか? 食べ放題のいわゆる雑多な味とはかけ離れた、どれも1品で勝負できるほどの美味さ。 ビュッフェと言えばアジア系やイタリアンが多いんだけど、ここは完全に和。 自分が日本人であることを痛感したよ。 最後のほうで食した手作り豆腐も美味かったなー。 最初に選んでおけば良かった。 小皿で種類を稼ごうとしたが、それでも半分いかなかったし… 必ずまた行く。 土日祝は1200円になるから、1000円以下の平日がオススメ。

「三階の炒り豆に花」
住所◆東京都豊島区西池袋1-10-10東武アネックス3階
手作りバイキング◆11:00〜17:00/90分
月〜金999円、小学生900円、土日祝1199円
アイス&ケーキバーは+200円、ドリンクバーは+100円
定休日◆不定休


Dscf090901_010
建物と入口。駅からも近く、店内からの景色も良い。

Dscf090901_005
小皿盛り。左は唐カレギュウ。右はマーボー。美味い。

-----

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

日清×ガンプラ

日清のカップヌードルにminiガンプラが付いた製品を発見。 そういえば以前にそんな情報があったなー程度に忘れていたのだが…値段が580円とかなり高め。 カップ麺自体が160円だとしたら、このちっこいプラモが420円てことになる。 食玩なら妥当かもしれんが、見た目は明らかに「おまけ」。 ペットボトルによく付いてる様な感じだから、割高感は相当なもの。 これだったら、ガンプラのみを陳列させて、購入者にはレジでカップヌードルをプレゼントにしてくれたほうが嬉しい。 シールでくっつける手間も省けるし、やれないことはないと思うが。 とりあえずガンプラの中身を出して確認。 色プラと銘打つほどの色分けはされていないようだ。 パッと見、ガンダムは胸部の青と足下の赤くらい? バンダイの技術ならもっと出来そうな気もするが。 塗装技術も進化しているみたいだし、昔のスピードグレードより高品質な彩色が可能だと思う。 そのうえで400円なら、おまけに見えても高い気はしないかな。 数量限定ってのもおまけ感を加速させているよね。 今後一般販売としてシリーズ化させるつもりなら、580円てのも分からなくはないが。 私の感覚では320円。 それ以上はやっぱり高いよ。


Dscf090901_050
カップヌードル・ガンプラ付580円。フタにくっついてるだけだから、封を開けずに切り離し可能。小さいと言えば小さい。

Dscf090901_053
ガンプラの中身。色プラというほどの色はない。


-----

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

特撮「仮面ライダーディケイド」最終話

評価:★★★★★☆☆☆☆☆
当初は全22話とされていた本作だが、大幅な延長で最終的に全31話となった。 皮肉にも、この延長戦が個人的には一番盛り上がったなー。 シンケンジャーとの濃密なコラボや昭和ライダーの登場など。 これだけ勢いをつけたからには、一体どんな最終回が待っているのかと期待していたらさ… 衝撃の第1話繰り返しエンド。 正確には1話の冒頭に戻って終わり。 そして……「この続きは12月の劇場版で!」って。 いやいや… こんな最後って許されるの? 推理小説を読んでいて、未解決のまま「続きは次巻」て言われるのと同じだぞ。 もし映画を作るなら、まずはテレビで解決してからだろ。 なにより「主人公士(つかさ)は本当に世界の破壊者なのか?」は第1話から引っ張ってきたテーマ。 それが作品のすべてと言ってもいい。 なのに、この一番大事な部分を映画に持ち越しって…考えられない。 せめて正月のSP特番とかさ…テレビ上での完結にこだわってもらいたかったなー……… 視聴率が悪くて途中打ち切りとかでもない限り、テレビ番組の最終回は最も重要な回であってほしい。 残念。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »