« 花火を撮る | トップページ | 裁判員裁判始まる »

2009年8月 4日 (火)

半信半疑のバージョンアップ

以前、東芝のHDDプレイヤー「VARDIA」で録画時に映像と音声がズレる事があると語ったが… 今回のバージョンアップで遂に改善のアナウンスがされた。 バージョン14では「デジタル放送をVR録画した時の映像と音声のズレを改善」という事らしい。 これは2年越しの待ちに待った更新ではあるのだが…… 気になるのは「デジタル放送」に限定している部分。 だってこのズレはアナログで多発していたからさ… デジタル録画を増やしてからは、むしろズレは減っていたし。 映像のクオリティが重要でなかったり4:3の番組などはアナログ録画を続けているんだけど、本当にデジタル録画でズレが改善されているのなら話しは変わってくるな。 どのみちアナログ用のDVDメディアが残っているから、それを消化させるためにいくつかはアナログで録らなくてはならないが。 まだアップデートデータの配信が始まった直後だから、もしかしたらまたズレる可能性もある… これだけ時間をかけて改善したのなら、もう少し説明があってもいいような気もするんだけどなー。 ただ改善と言われても、なんだかフワっとした感じで気持ち悪い… デジタルだけでもいいから、本当にズレない事を祈る。

|

« 花火を撮る | トップページ | 裁判員裁判始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花火を撮る | トップページ | 裁判員裁判始まる »