« 担々麺「北斗辛軒」 | トップページ | 半信半疑のバージョンアップ »

2009年8月 3日 (月)

花火を撮る

何年か前にデジカメで花火の撮影に挑戦したんだけど…全然ダメでさ。 どういう設定で撮れるのか分からず、悔しい思いをした記憶があるのね。 今回は事前に軽くシミュレーション。 暗闇のなか遠距離の光を安定して撮影するためには、フォーカスを無限にする必要があるんだけど…そのやり方がちょっと分からない。 で、試行錯誤して出た答えが…フォーカスロック。 センターで捉えたピントを固定するというもの。 ただ、この場合は電源を入れる度に再設定が必要。 無限の代用はこれでいいとして… 次に大事になるのが光量の固定。 シャッタースピードを手動にして、花火の光に対応させる。 ここでガンダム立像の経験が活きるな。 同じ様に肉眼に近い絵にすることで、ブレを軽減。 それでも半数以上はブレてしまったけど… 予想より上手く撮れたから、多めに掲載。


Dscf090801_192
近所の陸橋から。花火が始まると徐々に見物人も増え始める。

Dscf090801_013
似た感じのを2枚まとめて。肉眼だと見た目以上に遠い。

Dscf090801_062
同じく3枚まとめて。遠いから音だけ遅れて聞こえる。

Dscf090801_125
ちょっと派手なのを2枚。低地を挟んでいるから見やすい。

Dscf090801_128
こじんまり3枚。左上のはおそらくドラえもん?

Dscf090801_130
大きなヤツ2枚。音も迫力が増す。花火の赤は映えるな…

Dscf090801_151
最も明るいのを3枚。雷のような閃光を放つ。

Dscf090801_194
ほぼ終盤。怒濤の連続花火により煙が広がる。写真だと恐い…

-----

|

« 担々麺「北斗辛軒」 | トップページ | 半信半疑のバージョンアップ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。