« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

吉野家「カルビ焼定食」

近所の吉野家は新メニューのほとんどがなく、代わりにカツ丼など他では見ない品が多くてさ。 今回のカルビ焼定食は機会があれば食したいという希望が叶った形だ。 サラダorキムチとみそ汁が付いて580円。 味はやはり吉野家独特。 薄味のタレで、これまた上品。 一般的には美味しいんだろうけど、個人的にはダメ。 はっきり言って普通の牛丼のほうが圧倒的に好み。 時期を同じくして、ほっともっとでも「カルビ焼肉弁当」が登場。 こちらはキャベツの量が豪快で、ある意味焼肉屋のイメージが最も強い。 結局、昔からレギュラーとしている松屋の「カルビ焼肉定食」が別格の美味さ。 ただ、以前に大幅な値上がりがあり…680円とかなり高額。 仕方なく490円の「キムカル丼」になる事も多い… 今まではずーっと松屋にしか「カルビ」はなかったからね。 ほかのとこも期待していただけに、ちょっとガッカリ。

各店のカルビメニュー比較
松屋……………カルビ焼肉定食…680円…1024kcal
吉野家…………カルビ焼定食……580円…1048kcal
ほっともっと…カルビ焼肉弁当…550円…785kcal


Dscf090829_017
吉野家のカルビ焼定食580円。肉の量はかなり少なめ。


-----

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

台風11号

毎年7月8月は台風の季節でもあるが、今回は関東への接近がかなり少ない気もする。 そんななか、台風11号が太平洋側で威力を増しているようだが…東のほうから関東に近づくのは珍しい。 進路予測では日本をかすめる様に北へ抜けていく事になっているけどさ。 なんか不気味。 ちょうど大震災の引き金となるプレートに沿って近づいてくるからね… 強風,高波などの振動が最悪のバランスでプレートと共鳴し合ったらどうなるんだろ。 不謹慎だが、災害と共に都市機能も破壊してくれないかな。 自民党も民主党も双方に打撃を与えてほしいのよ。 政権だなんだとか言ってる余裕がない事態になればさ。 少しは苦しい生活をしている人達の気持ちも理解できるだろう。 職を失う人もいるとは思うが、むしろ雇用が増える気もするし。 色々な事が上手く好転してくれるといいんだけど。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

海外ドラマ「プライミーバル」第2〜6話

評価:★★★★★★★★☆☆
(※少しネタバレ注意)評価は高めだが、恋愛色が強くなりすぎな面も… まず前回より評価が上がったのは、3話目で太古の酸素濃度に触れていたから。 1話で現代と太古を行き来する展開に疑問を持ち、これを私は決定的なミスだと語ったが… 長時間でなければ、もしかしたら平気なのかも。 8年間姿を現さなかった主人公の妻ヘレンも、常に太古にいた訳ではないだろうし。 人間が生きられないほどの状況はもっと昔だったかな? なにかの情報で共存できないみたいなのを知った様な気がしたんだけど。 ただ、先にも言った3話のなかで酸素濃度の違いから太古への「亀裂」を発見するというくだりがあってさ。 つまり分かったうえで劇中では問題ないという事を説明しているのだろう。 CGのクオリティも劣化せず、寄生された人間が人を襲うなどのコスト的な工夫も良い。 これらが評価の底上げになっているのは確かだが…冒頭での恋愛ね。 最初は部下たちの軽い三角関係が続くのよ。 いわゆる一姫二太郎システム。 頼れるイケメン助手のスティーブン。 オタクでお調子者のコナー。 爬虫類専門家の女性アビー。 コナーはアビー、アビーはスティーブンといった感じ。 この辺までは別にいい。 よくあるパターンだし。 スティーブンも彼女がいながらアビーに近づくのもかまわない。 問題はヘレン。 主人公ニックの妻だ。 彼女が現われてから、政府の調査担当クローディアとニックが急接近。 最終話では恋人に発展するのだが… それを見たヘレンが衝撃の事実を告白!? なんと8年前の失踪以前から助手のスティーブンと付き合っていたと言うのだ。 え〜っ…… スティーブンの彼女ってヘレンの事? 最後の最後でまさかの浮気告白大会。 ニックの場合、現在のヘレンの変貌ぶりに振り回された挙げ句だからさ… というか、その肝心なクローディアがまたとんでもない事になって終了。 ちょっとちょっとー! 今回は第2章の放送に合わせた再放送だからいいけど…この第1章て今年の正月に放送されたらしい。 その時観た人は「とんでもない事態」から半年以上も待っていたことになる… 一応DVDは売ってるみたいだけどさ。 こういう終わり方をされると、第2章も不安になるよ。 続く予感ならいいが、せめて「一段落」で終わってほしい。 トゥルー・コーリングのケースもあるからなー… 第1章の責任をちゃんと取ってくれることを期待したい。

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

ガンダムエースで

今月号のガンダムエースで前回語った安彦良和氏のサイン会の模様が掲載された。 結局私は写っていなかったようで一安心。 まー写るだけなら別にいいんだけどさ。 で、記事を読んでいると… 安彦氏が参加者にかけた言葉として「珍しい名前だね、北海道のほうなの?」という一文がッ!!? どう考えても私のことだ! だって珍しい名前で北海道だよ? ほかに誰がいるよ。 証拠というか、7月18日(土)の更新でその詳細を語っているからね。 軽く抜粋すると…安彦氏は「私も北海道の生まれなんですよ」と返してくれて濃密な会話をさせていただいたというもの。 雑誌に載ったという事は、それだけ印象深かったという事。 結構な無駄話で歯がゆかったが… もしかしたら安彦氏はこのことを覚えていてくれるかもしれない。 珍しい名前でもいいことはあるんだなー。 こうなると余計にミハルの話しが出来なかった事が悔やまれる。 この先、再びお会いできるチャンスがあれば、その時こそミハルの感動を伝えたいと思う。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

ハンバーグ「シャーロックホームズ」

ここは雑誌ではなく、知人に連れて行ってもらったお店。 場所は立川。 アクセスはやや不便で、車で訪れたのだが…ここも若い女性客が。 ハンバーグがこんなに女性に人気があるとは。 席につくと、メニューを渡されて…価格設定にビックリ。 平均は1800円前後かな。 えらいトコに来てしまったとドキドキしながら最安値を探し、達人ハンバーグ1500円を注文。 しょうがソースを選び、店員が目の前で焼いてくれるんだけど…焼き方を質問してくるのよ。 事前に聞かれるって言われていたから、とりあえず「ミディアムで」と答えたが… それでも中身は真っ赤っか。 正直赤い肉は贅沢すぎて、庶民気質の私にはハードルが高い。 肉独特のしつこさもなく、舌触りもなんとまろやかな… 知人は相当お気に入りの様子だし、女性にも大人気なのは十分理解できる。 ただ、これだけ色々食してきたなかでは…やはり個人的に歌舞伎町の「Grill de Viento」がダントツの好み。 様々なお店を知ることで、より個性の良し悪しを実感できて本当に良かった。 ハンバーグなんてどこも一緒だと思っていたからさ。 今回のお店も初めて出会う味だったし、多くの人は大満足なんじゃないかな。 一度は食べてみたほうがいいかも。


Dscf090821_080
外観と店内。しきりも低く、開放感が心地よい。

Dscf090821_083
達人ハンバーグ。ライス・サラダ・スープ付き1500円。

-----

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

「VARDIA」のフタが壊れる… 2

東芝の出張修理が来た。 さっそくフタの状態を確認するため、「VARDIA」を解体。 手際よく作業してくれるのはいいが…あまりのバラバラっぷりに心配になっちゃってさ。 基盤という基盤のネジを外し、最終的にフタのある前面のケースを外す。 説明によると、DVDのフタを制御するバネの力で引っ掛けてるプラスチックが折れたらしい。 驚く事に、これは劣化で必ず折れるというのだ。 修理依頼もよく受けるってさ… いやいや、すかさず「最近の機種なら改善されていますよね?」と聞くと…… 同じですだって。 東芝のプレーヤーは、DVDを何度も出し入れするとフタが壊れる仕様だってよ。 直すには前面のケースをまるまる交換とか言っている… あんなの素人の私が見たって壊れるのは目に見えてる。 なぜ直そうとしないのか? 弱々しいプラスチックを鉄にすれば済むじゃないか。 もしくは劣化に強い構造や素材を開発するとかさ。 長く利用させない為の仕掛けとしか思えない。 こうなると液晶テレビのレグザも疑わしくなる。 ソニーもパナソニックも嫌だし…… 一体なにを選べばいいのやら…


Dscf090825_092
DVDのフタの裏。細いプラスチックがバネの力で折れる。東芝製全ての機種でそうらしい…


-----

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

ハンバーグ「肉の大山」

上野にある肉屋直営レストラン「肉の大山」。 注文したハンバーグ定食はライス・豚汁・サラダ・ドリンクバー付で780円。 ハンバーグの専門という訳ではないが、全体的にもリーズナブルでお得感はバッチリ。 味もまー、いわゆるハンバーグ。 ライス多め。 ただ、店内に荷物を置ける場がなくて非常に不便。 空席に置いて怒られる人多数… はっきり言って接客は標準以下。 ここの店員は一度新宿御苑の店に行ってみたほうがいい。 あー、でもそれで改められるならこんな事にはならないか… 他が良いだけにもったいない。 接客を気にしない人にならオススメ。


Dscf090821_006
入口と店内。雰囲気はよく見る定食屋だが荷物置き場がない。

Dscf090821_008
ハンバーグ定食。ライス・豚汁・サラダ・ドリンクバー付きで780円。メニューも豊富で、比較的安い。


-----

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

海外ドラマ「プライミーバル」

評価:★★★★★★★☆☆☆
NHK総合で集中再放送されているイギリスBBCの恐竜SFドラマ「プライミーバル」。 たまたまNHKの番組予告を目にしてさ。 プレヒストリックパークみたいなのかと思っていたら…意外にもちゃんとしたドラマになっていて驚いたよ。 恐竜のCGも「TV」て事を考えれば相当なクオリティ。 ただ、登場する恐竜達があまり馴染みのないものばかりで…どちらかというと怪獣の様な印象を受ける。 カメラワークのセンスがいいから大迫力ではあるものの、恐竜の行動に今ひとつ真実味がない。 いくら凶暴だからって、得体の知れない物体をやたら引っかきまわすだろうか? ドアを突き破ろうとするシーンも何度かあるが、太古の時代に突撃して壊せる壁でもない限り、体当たりで突破という思考は持てないのではないか? つまり、この辺はリアルさよりもスリルを重視していることが分かる。 架空の生き物ならいいんだけどさ。 一応、現実に存在したとされる生物を描いてるわけだからね。 もうひとつ、決定的なミスを言ってしまうと… 恐竜時代と現代では空気中の成分などが異なるとされている為、お互いが共存するのは難しいはず。 まして、主人公の学者がタイムスリップで恐竜時代に「生身のまま」踏み入るなんて自殺行為。 …なんだけど。 どうやら、劇中では結局それがなんなのかを明確にしていないようだ。 太古っぽいけど別世界だよとかいう理屈も通ってしまう。 それにしたって主人公は学者だよ? 本人は太古の時代だと思って探索に行ってるんだから、有毒物質への対処くらいは演出して欲しかったな。 ま、第1話だけの感想だから、この先そういった不満が解消されるエピソードが出てくるかもしれない。 全6回だから、たぶん全部見る。 難しいことを考えず、娯楽エンターテインメントドラマとして視聴できる人なら超オススメ。

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

DS「ドラクエ9」その2

評価:★★★★★☆☆☆☆☆
評価は変わらず。 あのあと、すぐにラスボスを倒してしまい…新クエストや宝の地図に挑戦しているのだが。 どっちも、ハードルが高いよ。 宝はお金を預けてから挑めば、全滅しても平気だが…クエストは特定の攻撃で特定のモンスターを何匹倒せとか、時間のかかるものばかり。 それなりの報酬はあるが、労力と釣り合っていない。 クリア後に行ける土地も、出るモンスターは変わらないし。 いっそ別世界(過去のシリーズとか)に飛んで行けるとかさ。 ユーザーを楽しませる手段はいくらでもあると思うのだが。 すれ違い通信も100人を超えると飽きる。 30人ごとにゲストキャラが宿泊に来るとか、鳥山明つながりで悟空やアラレちゃんが来るとか、継続したくなる要素が皆無。 あとは装備品ね。 なんだかんだで強いのを選ばざるをえないからさ…結局みんな似た様な容姿になるのよ。 珍しいヤツも弱いから、装備する機会もない… 見た目だけを好きな装備品に加工する店とかあってもいいんんじゃないのかな…… 「10」はWiiで出る予定らしいが、シリーズ最多のボリュームを期待したい。 有料の追加配信とかナシで。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

ハンバーグ「Hamburg Will」

今回は新宿御苑にあるお店「Hamburg Will(ハンバーグウィル)」。 実は雑誌の紹介があって、転々と回ってるんだけどね。 ここもその一つで、100%豚肉という珍しいハンバーグ専門店。 開店は11時半だが、10分遅れですでに大盛況。 そのため店内の雰囲気写真は断念。 とても清潔感があり、接客も非常に良い。 7:3で女性客が多いのも納得。 私はプレーンのクリームマスタードソースを注文したが、となりのサラリーマンがチーズインを食べていてさ… 超美味そうだったな。 温泉卵は無料で付けられるようだが、なんだろ…お得感を演出とか? スープにライスorパンが付いて1000円。 やや高め。 肝心の豚肉ハンバーグはとてもお上品。 しつこさもなく、サラっとした後味。 美味しいとは思うが、歌舞伎町の「Grill de Viento」のほうが個人的には好みかも。 ただ、オススメはできる。 とにかく雰囲気や接客は最高。 こんなに気持ちのいいお店は滅多にないよ。


Dscf090820_002
入口。路地裏で目立たないが、開店後すぐに店内は満席に。

Dscf090820_001
プレーンのクリームマスタード。スープ・ライス付き1000円。温泉卵は無料らしいが、断る理由もない。

-----

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

「ベスト&ベスト」をレンタル

どうしても欲しくて、仕方なく新宿のツタヤへ… 堀江美都子氏のアルバムね。 一応あるにはあったのだが、歌詞カード紛失版の1枚しかなかった。 iTunesのトラック名自動取得っていい加減なのも多いからさ。 いつも歌詞カードで正しく打ち直しているのよ。 ネットで調べても意外とバラバラだったり、メーカーに至っては存在すらしない。 まーこの場合知っている作品も多いから、そんなに苦ではないが。 せっかくだから、ついでに計3枚をカウンターに持っていくと…「5枚で1000円になりますが」だって。 急に言われてもなー。 結構時間かけて選び抜いた3枚だし… これで、と言ったら…1170円て。 5枚のほうが安いっ!…とか思いつつも、2枚選ぶの面倒(今思えば適当に選んどけば良かった…)とかでさっさと会計を済ませる。 レンタル額を調べて知ったが、ツタヤって店舗ごとに設定額が違うのね。 長期レンタルだと近所のほうが圧倒的に安いのだが、品揃えが少なくてさ… 新宿は何故か当日料金が激安。 当日で借りる客が少ないからかな。 …そんなことはどーでもよくて。 「ベスト&ベスト」よ。 目的は藤子不二雄ワイドだったが、大発見も多数。 「俺あばれはっちゃく」に「名犬ジョリィ」、「ドラえもんED」など。 堀江氏だった事に驚きやら感心やら感動やら… いや〜…これは本当にベストだわ。 選曲がいいよ。 あとは「火曜日サザエさん」のEDが手に入ればマイベストコンプだ。 調べたところでは「TV ANIME SUPER HISTORY vol.10」「昭和キッズTVシングルスvol.11」に収録されているらしい。 近所でレンタルできるとありがたいんだけど。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

「VARDIA」のフタが壊れる…

東芝のHDDプレーヤー「VARDIA」のフタがさ… DVDトレイを引っ込めてもフタが閉じなくなってしまった。 パカッと上から下へ倒れるフタだから、閉じてくれないと機械むき出しのまま再生や焼き込みを行うことになる。 さっそくサポートに電話をするが、お約束の「ただいま混雑…」で一向につながらない。 何日かかけ続けて、やっと修理の依頼をしたんだけど…出張は有償になるらしい。 それでかまわないのだが、電話を切ったあとに金額を聞くのを忘れていたことに気付いてさ。 こういうのって普通向こうが言うよね? フタだけに何万とか言われたらどうしよう。 どっちみちそうするしかないんだけど… 一度こういう事があると、また時間の経過で壊れる度につながらない電話をかけ続けて修理の依頼をしなくちゃならないのかと、うんざりしてしまう。 コンパクトデジカメのフタも自動開閉が多いでしょ。 あーいうのって、使っていれば必ず開閉しなくなるから…絶対に自動式は選ばないようにしてるのよ。 劣化した時の状態を予測しておかないとこういう事になるんだよね… いい勉強になったとしておくか。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

天下り

選挙が近づくと毎回話題になるのが「天下り」。 ケースは色々だが、公務員の退職後に仲良し民間企業へ幹部として再就職ことを指す場合が多い。 国民感情で言えば、当然なくして欲しいだろう。 でも、これはある意味特権みたいなもので、我々一般企業のなかでも役職によって得られる待遇は大きく異なる。 退職金だって税金なんだから一緒にするなッ! という怒りも分かるが、これを規制してしまうとどこで線を引くかという問題が浮上する。 ある企業には本当に必要な人材が公務員にいたとして、相思相愛であろうと法律上の手続きでやはり莫大なお金が動く。 どんな経緯であっても、結局「天下り」。 これはさー… 表向きにダメとか言ってるから、裏で良し悪し関係なく行われる様な気がするのね。 いっそ「天下り」OKにしたら? そのかわり、やる人には必ず公言してもらうようにしてさ。 黙っていたり偽ったりしたら強烈な罰則を与えるとか。 責任逃れの代理申告も禁止にして。 とにかく「天下り」は昔からある訳だし、ずーっとダメって言われ続けてるんだから。 政治家達が「なくします」とか言ったって無理でしょ。 だったら逆手に取れって事。 別にこうである必要はないが、選挙後の与党には天下る事へのリスクを課すといった方向へ進んでくれることを期待したい。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

映画「トランスポーター1&2」

評価:★★★★★★★☆☆☆
久々の評価ネタ。 TVで2週続けて放送された「トランスポーター」を観たんだけど、個人的には1が好きだな。 それが良かったから、ちょっと2に期待しすぎたかも。 1は裏社会で生きる孤高の運び屋な感じだったのに、2では一転して24のジャックばりに正義感全開。 もう少しクールにさ… 利益優先で行動してほしいのよ。 自分ルールに反する要求に、しぶしぶ対応する姿がカッコ良かったんだから。 2ではそのルールすらあるのかどうか分からない展開。 私のなかでは水戸黄門で言う所の「印籠」的な役割もあったんだけど。 徹底してくれれば、007の様なシリーズ化も期待できたが… 映像自体は迫力あるし、随所に工夫も見られるから、エンターテインメントとしては十分楽しめると思う。 現在は3が劇場公開中。 TV放送されれば観るかも。

| | コメント (4)

2009年8月17日 (月)

メンチカツ「キッチンジロー」

写真を掲載できるならと、今回は昔からよく行くお店を語りたい。 当時とは少しずつ内容が変わってきているが、味そのものはいつでも美味い。 なかでもオススメはメンチかつと帆立ミルクコロッケの盛り合わせ。 1000円以下でこれより美味いメンチを食した事はない。 ミルクコロッケもそう。 はっきり言って、もう別の料理だ。 それくらい一般に知る味とは異なる衝撃。 初めて行くならまずこの最強コンビを試してみて。 メニューも豊富だから、人によっては他の組み合わせでも最強が発見できるかも。 店舗は東京都内に限られるが、数は意外に多い。 九段下や神保町,四谷,秋葉原などは近くを通る事もあってよく行くが、比較的新しい麹町店は特におすすめ。 半蔵門駅を出てすぐ。 全店舗では今年の6月に残念ながら値上がりし、2品盛り合わせでライス・豚汁付き890円。 1品のみでも790円で頼めるが、差額を考えると2品がお得。


Dscf090817
入口は四ツ谷四丁目店。メンチかつと帆立ミルクコロッケの盛り合わせ。ライス・豚汁付890円。美味すぎる。


-----

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

いい曲。

唐突だが… ふと堀江美都子氏の歌を色々調べていたら、あれもこれもと知っている歌が続々。 近年に発売されたベスト「心のうた」がほぼ全部だと思っていたからなー。 発見のなかで特に懐かしかったのは藤子不二雄ワイドの歌。 Amazonの「ベスト&ベスト」というアルバムで試聴可能。 「ゆかいな大脱走」と「Dream of you」ね。 こんな素晴らしい歌が毎回テレビから流れていたなんて、本当に幸せな時代だったなー。 もちろん他にもいい曲多数。 このアルバムは全体的に好きな頃の歌が多い。 ただ、高い。 好きなら買えという訳にもいかんのよ… 近場のレンタルもないし、購買率も減ってるから悩むところではある。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

デジカメ「FinePix REAL 3D W1」

購入したわけではないが、店頭で実機を試してみて驚いた。 デジカメの「FinePix REAL 3D W1」ね。 軽く説明すると、2つのレンズで撮影された写真や動画を3D再生できてしまうというもの。 画期的なのは、カメラの液晶モニター上で「裸眼」のまま立体感を得られるところだ。 デモ映像での3D表示は発展途上な印象だが、実際試し撮りを行ったところ… 驚愕の連続!! ス、スゴ過ぎる!!! これはデモ映像を即刻中止すべきだ。 アレのせいで程度を誤解されているって。 まずは手に取って撮影モードを見てみて! その時点で3Dだから。 良さげな立体を確認しながらシャッッターを切れる。 動画も一緒。 やはり得手不得手があって、近過ぎる物体が多いと上手く立体にならない。 それも液晶を見ながら判断できるから、無駄な写真を撮らなくて済む。 ただ、技術そのものが幅広く浸透している訳ではないから…例えば、3D動画をDVDに焼いて専用でもいいからプレーヤーで再生できる時代がきたら、いよいよな感じか。 現状は残念ながら贅沢なオモチャと言わざるをえない。 一眼レフが買えちゃう値段だし… 富士フィルムや他メーカーが、この技術を世界標準にする為には…かなりの度量を求められるだろう。 とにかく自分で撮った動画は衝撃。 あの映像を持って帰りたいくらいだ。 お店でみかけたら絶対に触って!

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

ハンバーグ「Grill de Viento」

新宿の歌舞伎町にあるハンバーグ専門店「Grill de Viento(グリルドビエント)」に行ってきた。 以前たまたま入った「ふらんす亭」も美味いが、ここは更に上をゆく味。 ただ、注文した「醤油バター」がボール状で小皿にあってさ… 何も考えずにハンバーグの上に乗っけると…コロコロと転がり始め、その勢いで加速し鉄板の外へッ!! ギリギリのところをスプーンでキャッチするが、とけ始めたバターは四方へ散布! なんとか原型を止めたバターを再びハンバーグの上へ… …そしてまたコロコロ。 ドリフかッ!! 今思えば、なんでバターを半分にカットしなかったのか… 最終的にはコーンの上で落ち着いて、超美味いコーンバターの完成。 そんな状況ですら美味かったハンバーグ。 正しく食していたらと思うと悔しい。 ファミレスや大手チェーン店のハンバーグを旨いと思っているなら、是非一度専門店にチャレンジしてみてほしい。 価格はやや高めだが、得るものも大きい。


Dscf090814_050
入口と店内。ちょっとオシャレで、女性客のほうが多かった。

Dscf090814_052
醤油バター880円。ライス・サラダ・スープ付。美味い。
ボール状のバターは最終的にコーンの上へ… 要カット。


-----

| | コメント (2)

2009年8月13日 (木)

木星見えた

やっと木星がはっきりとお目見え。 南の空にひと際目立つ明るい星が木星だ。 ペルセウス座流星群のピークが今日だったら良かったのに… この木星について少し説明すると、直径は地球の約11倍。 完全なガスの塊。 つまり木星には地面がないから着陸出来ないのよ。 これは土星も同じ。 意外と知られていないみたいだけど。 有名な木星の大赤斑は超特大の台風と言われていて、地球よりもでかい。 そんな不気味な惑星を夏の夜はなんと肉眼で見られる。 地球から片道2年の火星よりもずーっと先に位置するが、その輝きが想像を絶する巨大さを物語っている。 このスゴさを理解したうえで、改めて木星を見て感動してみよう。

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

MacOSXのアイコン貼付け 3

※前回のつづき。 とあるサイトで紹介されていた方法を応用するわけだが… さきほどのアイコン情報を記録したファイルは、実はほとんどのアプリケーションが使用しているファイル。 つまり、そのアプリのアイコンファイルを差し替えてやれば、再起動時にICで作成したアイコンになるのだ。 ものスゴく面倒に聞こえるが、慣れればまとめて作成して再起動とかも容易にできる。 実際のやり方だが、利用するアプリケーションは単体で軽いものならたぶんなんでもいい。 フリーウェアとかすぐに探せるし。 それを複製して「パッケージの内容を表示」で開く。 「Contents」の中にある「Resources」内に、拡張子が「.icns」のファイルを見つける。 アプリによっては複数あったりするが、情報を見ればどれが本体のアイコンか分かるだろう。 私の場合、そのファイルに色を着けて、それを台紙に更に複製している。 これは別に必須ではない。 次にICで出来たファイルの名称を、アプリにある「.icns」ファイルと同じ名前にして差替え。 これで再起動後にはアプリのアイコンがICで作ったアイコンになっているはずだ。 ここまでくれば、あとは通常通り「情報を見る」のコピペでフォルダにも貼付けられる。 差し替えたアプリをうっかり起動してしまわない様に、フォルダに貼付けたあとはアプリを削除するのが無難かも。 一応128×128のOSX用アイコンも作成できるが… その場合、ちょっとやり方が異なる。 例えば、Photoshopなどで半透明の影を付けた画像をアイコンにしたい時は…いったん「.psd」で保存して、そのファイルをドラッグ&ドロップでIC上にもっていかなければならない。 そうしないと透過設定が反映されないのね。 小さいサイズも勝手に判断してくれるから、特に指示しなくていい。 128×128だけ入れて保存すれば、あとは同じ。 最期に私オリジナルの裏技を。 アイコンファイルを差し替えたら再起動と説明したが…実はカラーラベルを変更するだけで差し替えたアイコンが適用されるのだ。 最初に言わなかったのは情報過多による混乱を避けるため。 再起動の手間を省けるのは大きいよ。 OSXユーザーはぜひ試してみて。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

MacOSXのアイコン貼付け 2

諦めたんだけどさ… Macminiの箱が出てきちゃったからさ… せっかくだからDeveloperToolsをまるまるインストール。 3GBほど食われてしまったが…とにかく必要だった「IconComposer(IC)」が無事投入された。 どこに入ったか分からない場合はモニターの右上にある「Spotlight」で検索すればいい。 ICを起動させると非常に分かり易いウインドウが開く。 全て英語だが、ImageRGB32BitとかSmall16×16・Large32×32など、何を用意すればいいのかはなんとなく分かるだろう。 ここに目的の画像をもってくればいい。 手っ取り早いのは、アイコンにしたい画像ファイルをそのままドラッグ&ドロップするだけ。 この時にアラートが出るが、「Extract Mask」を選択すれば自動で透過用のマスクも作成してくれる。 普通に保存して、とりあえずIC上での作業は終わり。 いよいよ、ここからが難しい話しになるのだが… 保存して出来たファイルはアイコン情報が記録されているだけで、それ自体がアイコンになるわけではない。 Appleめ!と言いたくもなるが…ここは堪えて次のステップへ。 ※長いからつづく。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

地震で崩壊…

今のとこに住んで30年近く経つが、物がこれだけ崩れ落ちたのは初めてだ…… 確かに体感でも大きかったけど、はっきり言って地震よりも色んな物が落ちる事に大慌て。 何が落ちるか予測できないから、支えることも出来ない… 不安定な場所に物を増やす私も悪いが、この規模の地震自体滅多にないからさ。 今後も色々置かせてもらいます。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

インド料理屋「カシミール」

驚いたな… 数々のインドカレーを食してきたなかで圧倒的な美味さ。 知人にすすめられて行ったんだけど、値段が高い時点で自ら入る事はなかっただろう… 本当に実際食べるまで疑っていたからね。 でも一口目から衝撃の美味さ。 というか、個人的に超好み。 前回の有楽町「オリエンタルラージ」の時にサラサラよりもややトロがいいと語ったが、ここはまさにソレ! ドンピシャなトロみ加減。 ナンもアツアツで美味いのだが…大きくて食べきる前に冷めてしまうのよ。 まー贅沢な悩みか。 値段が高いと言っても、食べ放題が続いたから量的にそう感じるだけだし。 近くを通る事があればまた行きたい。


Dscf090808
東所沢の「カシミール」。メキシカンな外観でやや損をしているような気も… チキンカレーのセット。辛さ4。超美味い。


-----

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

MacOSXのアイコン貼付け

最近ふと気がついたら、フォルダのほとんどを色分けで区別していてさ… 一応OS9時代のアイコンだけはXでも互換性があるから、それで済ましていたんだけど。 作れるなら作ってみようかな…と、思ったのはいいが。 どうやら「透過」にする為にはコピペではダメらしい。 10.5なら出来るのかな? OS9なら色々やれるのだが… Xで探すと海外版のシェアウェアしかない… システムインストーラーのCDに入っているという噂も聞くが…miniにしてから箱ごと棚の奥にいってしまったし。 つーか手動で入れさせるな。 Appleのサイトでダウンロードできればいいのに… なんとか出来ないか試行錯誤しているうちに、システム全体のアイコン表示までおかしくなったり… 再起動で元に戻ったけどさ… 私がこれだけやって出来ないって事は相当ハードルが高いのだろう。 アイコンの自作はもういいや。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

木星見えない……

月と木星の接近を楽しみにしていたのに… ずーっっっと曇ってる…… 誰か何処かで呪いの儀式でもやってるのか? ペルセウス座流星群も晴れる気がまったくしない… なんとかしろー!

| | コメント (2)

2009年8月 6日 (木)

DS「ドラクエ9」その1

評価:★★★★★☆☆☆☆☆
一応評価しておくが、まだクリアしてないのね。 たぶんラスボス直前だとは思うが、圧勝したくて地道にレベル上げ中。 だって勝っちゃったら終わりでしょ。 なんだかあっという間で、ナンバリング(正当な続編)にしてはボリューム不足だし… もう少し色々言いたいから、続きはエンディング後。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

裁判員裁判始まる

なんだか報道のせいもあってか、思っていたよりも面倒な気がしてきた…… 自分なりに調べた限りでは「知らないなりの意見を言えばそれでいい」はずだったのに…親切だと思っているのか開始前に約15分の教材映像を見せられるらしい。 つまり「見たんだから知らないは許さないぞ!」と言われているみたいで非常に不愉快。 更に驚いたのは裁判員が直接「被告」に質問するのはどうだろうか? 質問がある場合ならまだしも、今回は全員ということで強制的な印象を受けた。 控え室で質問内容を伝えて、裁判官や弁護士が代弁するのが「当然」だと思っていたからさ… これだと凶悪犯罪の場合、顔を見せている以上困らせる様な質問は絶対に出来ない。 これらが改善されそうになければ、裁判員は究極のバツゲームでしかないだろう。 手探りなのも分かるが…好調なスタートとは言い難い。 期待していただけにとても残念。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

半信半疑のバージョンアップ

以前、東芝のHDDプレイヤー「VARDIA」で録画時に映像と音声がズレる事があると語ったが… 今回のバージョンアップで遂に改善のアナウンスがされた。 バージョン14では「デジタル放送をVR録画した時の映像と音声のズレを改善」という事らしい。 これは2年越しの待ちに待った更新ではあるのだが…… 気になるのは「デジタル放送」に限定している部分。 だってこのズレはアナログで多発していたからさ… デジタル録画を増やしてからは、むしろズレは減っていたし。 映像のクオリティが重要でなかったり4:3の番組などはアナログ録画を続けているんだけど、本当にデジタル録画でズレが改善されているのなら話しは変わってくるな。 どのみちアナログ用のDVDメディアが残っているから、それを消化させるためにいくつかはアナログで録らなくてはならないが。 まだアップデートデータの配信が始まった直後だから、もしかしたらまたズレる可能性もある… これだけ時間をかけて改善したのなら、もう少し説明があってもいいような気もするんだけどなー。 ただ改善と言われても、なんだかフワっとした感じで気持ち悪い… デジタルだけでもいいから、本当にズレない事を祈る。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

花火を撮る

何年か前にデジカメで花火の撮影に挑戦したんだけど…全然ダメでさ。 どういう設定で撮れるのか分からず、悔しい思いをした記憶があるのね。 今回は事前に軽くシミュレーション。 暗闇のなか遠距離の光を安定して撮影するためには、フォーカスを無限にする必要があるんだけど…そのやり方がちょっと分からない。 で、試行錯誤して出た答えが…フォーカスロック。 センターで捉えたピントを固定するというもの。 ただ、この場合は電源を入れる度に再設定が必要。 無限の代用はこれでいいとして… 次に大事になるのが光量の固定。 シャッタースピードを手動にして、花火の光に対応させる。 ここでガンダム立像の経験が活きるな。 同じ様に肉眼に近い絵にすることで、ブレを軽減。 それでも半数以上はブレてしまったけど… 予想より上手く撮れたから、多めに掲載。


Dscf090801_192
近所の陸橋から。花火が始まると徐々に見物人も増え始める。

Dscf090801_013
似た感じのを2枚まとめて。肉眼だと見た目以上に遠い。

Dscf090801_062
同じく3枚まとめて。遠いから音だけ遅れて聞こえる。

Dscf090801_125
ちょっと派手なのを2枚。低地を挟んでいるから見やすい。

Dscf090801_128
こじんまり3枚。左上のはおそらくドラえもん?

Dscf090801_130
大きなヤツ2枚。音も迫力が増す。花火の赤は映えるな…

Dscf090801_151
最も明るいのを3枚。雷のような閃光を放つ。

Dscf090801_194
ほぼ終盤。怒濤の連続花火により煙が広がる。写真だと恐い…

-----

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

担々麺「北斗辛軒」

たまたまテレビで拝見してさ。 実は担々麺好きなこともあって、さっそく六本木にある「北斗辛軒(ほくとしんけん)」に行ってきた。 場所は確かに分かりづらいが、ドンキホーテより先のファミマを左に行って、右に曲がればすぐ。 担々麺が好きとは言ったが、本格的な黄色い細麺のはあまり好きじゃないのよ。 普通麺でとにかく辛ければいい。 テレビでここを観た時はソレっぽかったからね。 私が注文したのは「かぶりつきチャーシュー担々麺」と「半カレー」。 担々麺の辛さを聞かれ、10段階の6にしてみたんだけど…… 辛ッ!!! カレーにハバネロをかけるくらい辛さに強い私が…この辛さはキツい。 おまけに室内も超暑いから汗が止まらない…… う〜む。 これでは美味さの判断ができないぞ… どうやら辛いほど美味しい説は間違っていたようだ…… たぶん私には4でちょうどいいかも。 甘いと噂のカレーも担々麺が辛過ぎてほんのり辛かったし… 機会があればリベンジしてみたい。


Dscf090729_008
店の入口。表のドンキホーテからは1分もかからない距離。

Dscf090729_007
店内。かなり暑い。半カレーは350円。たぶん美味い。

Dscf090729_006
辛さ6のチャーシュー担々麺。850円。想像の3倍は辛い…


-----

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

BS2「ガンダム宇宙世紀大全」第二〜五夜

なんとか主要なコーナーだけは一通り見ることができた。 第二夜では「小説の世界」と「実物のガンダムを夢見て」。 第三夜では「検証!ガンダムの謎」。 第四夜では「富野監督語録」。 そして最後の第五夜は「ガンダムUC」。 なかでも特に濃密だったのが富野監督語録。 DVD特典の舞台挨拶映像などで、その不思議な物腰は拝見していたが…今回は過去の出演番組を抜粋し、40分近くも紹介。 富野氏のコメントは雑誌のインタビューで何度も読んでいて、映像での内容もまったく同じなんだけど… 受ける印象が全然違っていた…… やっぱり活字だけでは伝わらないものなんだな。 私自身の歳のせいもあるかもしれないが、富野氏に抱いていた「もやもや」が一気に吹き飛んだよ。 ずーっと「彼は何故自分が手がけた作品を否定し続けるのだろうか」と思っていたからね。 その答えが富野監督語録の映像にあった。 それは「コレ」というものではなく、富野氏の伝えようとする声の響きから感じ取れるもので…紙面からはあまり得られなかった彼自身の責任感の様な、こう言ったらどう伝わるのかを承知したうえであえて語っている事が明確に理解できるのよ。 これは私の勝手な解釈だが…富野氏は同調を好まないという発言をよくするのね。 さらに、ファンの支持するガンダムやZ(ゼータ),ZZ(ダブルゼータ)などを「汚点」と言い切ってしまう事も多い。 何故か? それは坊やだからではなく、同調を好まないからなのではないだろうか。 映像では何度も自分の意見・思考を持てみたいな事を訴えている。 ファンがガンダムは素晴らしいと言うなかで、富野氏自身がそれを肯定してしまったら、新たな時代がやって来ない。 そういう事なのではないかと思ってみたり。 現にZやZZでは誰も何も言って来なかったらしいし。 富野氏自身もそれを嘆いていた。 おそらく、ここで私が「なるほど」と思ってしまう事すらも、富野氏にしてみたら良くない思考なのかもしれない。 まー、それもこれもガンダムという作品が存在しているから成立する発想なんだけど。 それ自体がスゴい事であると、改めて実感させられた。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »