« DS「逆転検事」 | トップページ | BS2「ガンダム宇宙世紀大全」第二〜五夜 »

2009年7月31日 (金)

松坂投手大ピンチ

一昨日知ったんだけど、なにやら大変な事態になってきたようだ。 レッドソックスの松坂大輔投手が練習法や上層部のミーティング内容を日本のメディアに話したという問題。 簡単に言えば社外秘を漏らしたという事だろう。 これに関しては企業側の「常識という思い込み」にも原因はあると思う。 私も様々な企業を目の当たりにしてきているが、社外秘のほとんどはすでに「常識」となっており…誰に教わるという様なものではないのが現状。 例えば、他社の製品を発表前に扱う仕事の場合、当然ブログなどで書いてはいけない。 しかし、そういった注意事項はどこにもないのだ。 ここで恐いと感じるのは…案外アルバイトも関わっていたりすること。 そりゃ多くの社会人はソレが社外秘であることは「常識」だと認識できるが…アルバイトが知らずにブログに書くという可能性を考える必要があるのではないだろうか。 もちろん、きっちり対応している企業もあるだろう。 だからと言って今回の松坂投手の問題が許される訳ではないが、地元メディアが批判するような話しではないはずだ。 彼は別にボストンやレッドソックスに不満を持っているわけではないのだから。 むしろチームの為に自分がやるべき事を悩んでいるだけ。 地元の論調が本当に日本で報じられている様な批判一辺倒なら、人として残念な印象を抱かざるを得ない。 まー偏った報道は日本も同じだけどね。 おそらく試合中身内からのブーイングも続くとは思うが…結果を出していけば文句も減るだろう。 そういう国なんだし。 とにかく松坂投手も球団側もプロなんだから。 ベストパフォーマンスに向けて話し合いが出来ないなんて恥ずかしいぞ。 しっかりしろ!

|

« DS「逆転検事」 | トップページ | BS2「ガンダム宇宙世紀大全」第二〜五夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DS「逆転検事」 | トップページ | BS2「ガンダム宇宙世紀大全」第二〜五夜 »