« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

メンテナンス中は…

事前に報告は受けていたが、表示がエラーになるのはなんとかならんのだろうか。 ほかのとこのブログでもたまにこういうことがある。 しかもエラーの注意書きに「URLが間違っているか、サイトを閉じた可能性」と… いやいや、なぜそこに「メンテナンス中」を加えないのかな…… niftyだけではないが、利用者は例外なく困っていると思うぞ。 ちなみに携帯版はデザインや写真が表示不可になるだけで、記事自体は読めるようだ。 そもそもメンテの類いは深夜の時間帯にやるものだと思うのだが… 利用者が多い場(電車やテレビなど)で日中にメンテナンスは問題が大きいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム台場に立つ!! その5-2

前回のつづき。 今回は予告通り撮影のバリエーションをいくつか紹介。 といっても半分お遊びだから、参考にはならないかも… それにしても、やっぱり晴れはいいね。 ボディの輝きも演出のひとつだからさ。 ただ、本物の芝生だからなのか…農薬のような異様な臭いが充満。 組み立て中はそんなことなかったのになー… この激臭はなんとかしたほうがいいと思う。


Dscf090627_05
正面中アップ。このバランスは意外と難しい。

Dscf090627_14
左側中アップ。少し横に移動するだけでだいぶ印象も変わる。

Dscf090627_04
公園の入口付近から。この芝生が人で埋まる事はあるのだろうか。

Dscf090627_11
「あれが連邦の新型か!?」

Dscf090627_13
物販のテント越し。…ガンダムが大仏っぽく見える。

Dscf090627_15
ガシャポンも配備。飲食カーも出店。…高い。

-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

日焼け

そういえば、歩数計で歩くようになったのって去年の年末頃だったんだよなー。 毎日1〜2時間程度、今でも歩くようにしてるんだけど…日差しが強くなると、そのわずかな時間でも結構焼けてしまう。 普段は色白なほうだから、服との境目がくっきり。 これから本格的な夏場に入るため、長時間の連続歩行は考えないといけない。 休憩しつつとか思うかもしれないが、一定の速度で20分近く歩くと…以降は始めた掃除が止められない様な状態になるのよ。 信号待ちも嫌なくらいで、止まると逆に疲れる。 かと言って1時間も歩くと真っ赤っか… なかなかの悪循環だ。 一応日焼け止めも塗るが、すでに黒いからなー… 6月でこんなになるとは思わなかったよ… 夏はどうしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

ガンダム台場に立つ!! その5-1

…晴れちゃったからさ。 来週はずっと天気も悪いみたいだし、一般公開直前の勇士をね… 休日にしてはそれほど多くはないのか? 公園が広すぎるからか、さすがに埋め尽くされることはないようだ。 今回はちょっと撮影の仕方に注意してみたのだが… これまでも大量に撮影しているが、どうしても絵が似通っちゃうのよ。 何が違うのか分からないものが5,6枚連続したり… そこで、どうすれば違いを出しつつ枚数を稼げるのかにこだわってみた。 まずはオーソドックスなのをいくつか紹介。


Dscf090627_01
公園そばの展望台から。見物人を写したくない人にオススメ。

Dscf090627_02
正面アップ。バランスを優先するなら離れて望遠が良い。

Dscf090627_07
右側アップ。これも少し距離を取って望遠。

Dscf090627_06
全身。見物人なしで撮れるのは公開前だけかも。

Dscf090627_09
背面。太陽の位置や動きを考えると、こっちの方が映える。

Dscf090627_10
ランドセルのノズル。公開時にはミスト噴射と同時に青いライトも発光予定。

Dscf090627_03
ど正面。見物人は多そうに見えるが、実際はそこそこ。


つづく。次回はバリエーション版。

-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

マイケル・ジャクソン死亡

これはまた衝撃の速報が走った… まさかのマイケル死亡? これから50公演を予定している人が病の類いで亡くなってしまうなんて事があるのだろうか? 死因は不明だが、心肺停止で運ばれたらしい。 噂では度重なる整形手術後の薬物投与が原因とも言われているが… 子供の頃に洋楽として覚えている曲の多くはマイケルのもの。 スリラーはもちろんビートイットやビリージーンなど…映像の印象も強い。 大人になってから作詞作曲もマイケル本人がしていたことを知って、彼を見る目が大きく変わったのよ。 できればずーっと音楽人であり続けて欲しかったが、個人的に見るピークはブラックオアホワイトかな。 以降も何曲か出していたが、スローバラードに路線が変更していってからはなんとなく影も薄くなっていったような… せめてもう一花咲いた姿を観たかったのだが…… プロレスラーの三沢氏に続き、青春を駆け抜けた偉人達が亡くなっていくのは本当に辛い。 ご冥福を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

日食グラスを買う

噂の皆既日食まで、いよいよ一ヶ月を切った。 幼い頃、1度体験したのを覚えているが…子供だから、そのスゴさも大して理解できず。 次は40年後とか言われていたような気がする。 人生で2度目の日食を向かえる今を思うと、本当に感慨深い… 当時は黒いセロファンで観たんだよなー。 今は日食グラスという便利なものがある。 一般のサングラスとかは眼に有害な光線を通しまくっているらしいからね。 安全なのを手軽に入手できるなら、それに越したことはない。 家電量販店やカメラ屋ならたぶん売ってんじゃないかな。 日食が近づいてからじゃ品切れる可能性もあるし。 で、今回は当日まで色々準備ができるんだけど、デジカメ単体での撮影は超難しい。 というか本来はダメ。 逆光を演出するためにわざとフレームに入れたり、夕焼けが好きで拡大写真もよく撮るのだが、コレもダメらしいのよ。 綺麗に撮れるから大丈夫かと思っていたんだけどね。 一応挑戦はしてみようと思うが、ここ数年天体ショーに恵まれたことがない… 関東近辺に住んでいる人ならみんなそうだと思うが… 9時半から12時半まで日本全国すべての地域が晴れなんて事はないだろう。 ちなみに「皆既日食」が観られるのはトカラ列島などのごく一部の地域のみで、その他は「部分日食」という部類になるらしい。 今回の皆既日食が騒がれているのは、地上から見える太陽と月の大きさが同じになり、通常の皆既日食では見られない数々の奇跡的現象が起こるからだ。 まず有名なのがダイヤモンドリング。 海外ドラマのHEROESでもタイトルバックで使われているやつね。 実はこれも太陽と月が同じサイズでないと見られないらしい。 次にコロナ。 太陽と月が完全に重なった時にのみ、太陽を取り巻くガスを肉眼でみることができる。 これは部分日食では絶対に起こらない現象で、比べ物にならないほど美しいと言われている。 そしてプロミネンス。 あまり取り上げられるのを見ないが…実はこれが最もスゴいのかもしれない。 その名の通りで、特殊な装置でしか確認する事のできない太陽の燃えさかる炎が、皆既日食時には見られるという。 …厳密に言うと、そう見える現象なんだけどね。 でも見てみたい。 これを逃したら文字通り2度とチャンスは訪れないだろう。 南部ほど隠れるから鹿児島に住んでいる人達が羨ましい… 月と一緒に台風まで重ならないことを祈る。


Dscf090626_01
購入した日食グラス。意外と綺麗に太陽を観察できる。

Dscf090626_02
パッケージ。1400円位。眼科も認めた安全性と明記。

----

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月25日 (木)

サイン会の整理券をもらう

漫画家の貴重なサイン会第2弾! これを発見したのは受付の前日。 電話での新刊予約のみ整理券を配布というもの。 一体誰のサイン会かというと…ガンダムのキャラクターデザインを担当された、安彦良和氏だ!! アムロやシャアを描き出した伝説の人物にお会いできるどころか、毎回購入している単行本にサインをしてもらえるという素晴らしいイベント! シティーハンターの北条司氏の時も興奮したが…ガンダムの知名度も相当なもの。 もう会話ネタとかどうでもいい。 好きな漫画に作者本人がサインしてくれるなんて、つくづくタイミングに恵まれているな。 もう一つ個人的に嬉しいのは、どうやら最近のサイン会は必ず「為書き」を入れるらしい。 為書きとは、誰のためのものか明確にするための記述。 つまり、サインだけだと市場での価値が上がってしまい、売られてしまうというのだ。 なるほど、本当にファンだったら自分の名前を書いてもらって困るはずもないということか。 前回はかなり恐縮だったが、そういう理由もあるなら堂々と書いてもらえるな。 さっそく整理券をもらいに書店へ行くと…受付終了の告知が。 余ったら当日店頭でも配布とあったが、さすがに150枚じゃ完売か。 少し誇らしげに予約を伝え、遂に整理券を入手! 番号はなんと一桁台。 予約さえ出来れば急ぐ必要はないからね。 ただ、サイン会当日は夕方からだからさ…後ろになると時間が読めないでしょ。 なるべく早めにしてもらいたいと思っていたから、この順番は理想的。 気になるのは整理券内に「為書き」についての注意事項がないのよ。 ネットでの詳細にはあったから、清書での氏名が必須なのは間違いない。 しかし、その注意が整理券にないと…名前を書かずに来る人もいるはず。 書店側もペンくらいは用意するんだろうけど、慌ただしくその場で書かされる姿を見せられるのは嫌だなー。 北条氏の時が良すぎただけ? まーこの辺は全部憶測でしかないから、あとはサインをしてもらってからだな。 実際のサイン会はまだ先だが、整理券があるという至福の時間も大切にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

ガンダム台場に立つ!! その4

実は先日の横浜イベントへ行く途中で台場に寄ったんだけど… 例のごとく天気は大荒れ。 そんな状況のなか、午前中にもかかわらず大勢の見物客が。 過去の写真を見ても分かる通り、晴れた日にしか訪れていなかったからさ… これはこれで、なかなかリアル。 大きな柵から簡易柵になり、遂に全身が! 足下が見えるのと見えないのでは大違いだ。 公園内では物販の準備も始まっており、これだけ何度も観ているのに7月11日の公開が待ち遠しい。 ちなみに、雨の芝生は長靴必須かも。 まるで川に浸かっているようだ… 気をつけよう。


Dscf090621_15
物販のスペースが柵で囲まれている。

Dscf090621_14
全身の正面と背面。足下が見えると迫力も増す。

Dscf090621_16
実は風もスゴい…のにこの集客力。恐るべし白い悪魔。


----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

携帯でブログを見ると…

知人に私のブログがどう表示されるのか見せてもらったら、PCにはない広告バナーが頭に付くのね… しかも妙なのばかり。 ブログとか普段見ない人から「そういう趣味なのか?」と言われた… まー、その辺は時期慣れてもらうとして。 それより気になったのは、サイドバー情報にあるプロフィールやカレンダーが見当たらない。 特にプロフには好きな作品の羅列があるからなー。 補完中の記事もソレに対応させている部分もあるし。 プロフィールという記事をカテゴリー付きでアップする手もあるが。 先日も言った通り、そんなに知らせたい訳でもない。 携帯からだと全体の印象もだいぶ違うから、一度PCで見てもらうと有り難いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

Y150

¥150じゃないよ。 横浜開港150周年記念のイベント『開国博』へ行ってきたのだ。 よりにもよって大雨の日に… そのおかげなのか、様々な施設を待ち時間ゼロでさくさく回る。 蜘蛛メカのラ・マシンや540インチのハイビジョンシアターも想像以上に大迫力。 有料会場も意外と外から丸見えだったり…街全体がY150の会場みたいな感じ。 晴れていれば、もっと盛り上がっていたんだろうな。 ついでに、ちょっとだけ噂のハワイの揚げパンも食べてみた。 場所は会場近くのワールドポーターズ1階。 「レイナーズ」という店だ。 品名はマラサダというらしい。 一つY150。 あ、¥150ね。 新食感という情報は得ていたが、期待通りのモチっぷり。 揚げ蒸しパン? なるほど、これはありそうでないな。 行きつけのパン屋にあったら毎回買うかも。 そして、雨雲に覆われたランドマークタワーを横目に中華街へ。 目的は中華まん食べ歩き。 ただ、若干値段が高め… 大体500円前後。 それでも3つくらい食したな。 大当たりもあったりで大満足。 運がいいのか悪いのか、この頃には雨も上がり…周辺を練り歩く。 最後はさきほどのランドマークタワー展望台へ。 普段は1000円だが、なんと『視界ゼロキャンペーン』で700円+1ドリンク! 高速エレベーターで69階へ行くと… 眼下に広がる無の世界。 瞬間は感動するが…すぐに隙間から覗く地上待ち。 意外に客も多かったな。 結構長くいたんだけど、地上に戻って見上げると雨雲が完全に消えている? さぞや綺麗な夜景だったろうに… なんだかんだで、イベントよりも横浜自体を満喫。 Y150も良かったんだけどね。 せっかくだから写真もいくつか掲載。


Dscf090621_01
Dscf090621_02
横浜は大雨。なかなかのピークっぷり。撮影が大変だ…

Dscf090621_03
イベント会場周辺。雨にしてはそこそこの人だかりだが、盛り上がりに欠ける。

Dscf090621_04
Dscf090621_05
ラ・マシン。昼食タイムに始まる。ある意味特等席。

Dscf090621_06Dscf090621_07
会場の外から。見えすぎ。

Dscf090621_08
無料会場にあるトリックアート。人いなすぎ。

Dscf090621_09
マラサダ。150円。納得の新食感。美味い。

Dscf090621_10
中華街で中華まん食べ歩き。店前で食べるのはダメらしい。

Dscf090621_11
ものスゴいものを中華街で発見。こんなのが出来ていたとは…

Dscf090621_12
ランドマークタワー展望台から。視界ゼロの名に恥じぬ見事な景色。

Dscf090621_13
わずかに覗く地上。色んな展望台のなかでは、特にガラスが綺麗。

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

横浜に行ってきた

土砂降りでえらく長い一日だったが、それなりに充実した時間を過ごせた。 詳しくは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月20日 (土)

KIRIN小岩井「純粋りんご」

果実飲料のなかでは断トツに美味いと思うのが小岩井の「純粋りんご」。 「純粋ぶどう」も同様に美味い。 ほかに「みかん」や「洋なし」もあるようだが、この2つは店頭でみかけないから飲んだ事はないんだけど…たぶん裏切らない気がするな。 私は果物全般が苦手だから、果物好きな人にはどうなのだろうか。 確実に言えるのは、ほかの果実飲料とは全く違う。 その良し悪しには個人差があるかもしれないが、私は圧倒的に良いと思う。 是非お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

microSDカードを買ったが…

いつもは大手家電量販店で購入しているんだけど、アキバの雑多な店舗で始めて買ってみた。 よく調べておけば良かったのだが…microSDHCの8GBが1800円。 スピードクラスは4。 2年前の相場で考えたら10分の1以下! これはさすがに安いと思い買ったのはいいが… 帰宅後、カードの表示をよく見たらスピードクラスが2。 購入時にちゃんと見せてもらったのに、まさかのクラスダウンを見逃していた… これは、おそらく店員のミス。 てか4GB以上のクラスは4〜6が主流だからさ… 2て… 現物を初めて見た。 で、実際に今の市場を調べたら…だいたい5千円前後。 もちろんクラス4以上。 なんだか微妙な価格差だ… まークラス2とは言え、一応半額だからいいか… 使えない訳じゃないし。 遅いような気がする程度だし… 今後は気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

過去の記事を少しずつ補完

プロフィールでも記述してあるが、以前のとこで語った内容を「好きな作品」メインに補完していくつもり。 映画も補完するから、興味があればカテゴリーをクリックしてみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯予選「オーストラリアvs日本」

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
『語流』からまたいでの内容になるから、少し説明すると… 予選での仕上がりがお粗末すぎるから、とにかく負けて欲しかったのよ。 W杯出場が決まってからは特にね。 毎回、なんとなく引き分けたり勝っちゃったり… そんな実力もないのに。 へなちょこで勝つくらいなら、素晴らしいプレイで負けてくれみたいな。 改めて、今の日本代表には「危機感」が圧倒的に欠落している。 このままじゃダメだという気迫がプレイからもまったく感じられない。 だから。 このオーストラリア戦は3-1で負けてもらいたかった。 日本が強くなる為に、がんばれオーストラリアってね。 この通りの結果であれば、W杯全敗予想もハズレるかなーと思っていたんだけど… 2-1か…… もう1点オーストラリアが取ってくれればなー。 実力差は相手が上。 大人と子供だ。 前回のW杯よりオーストラリアは進化、日本は退化している。 主力を差し引いても同じ。 ただ、日本の1点目がなー… アレのせいでまた敗戦色が薄らいじゃったよ… こんなんじゃ結局本番まで「いつも通り」の練習で挑むんだろうな…… 監督は目標ベスト4とか恥ずかしい事を言ってるし… 本気で応援しているサポーター達が可哀相。 もっと現実を受け止めて打開策を練らないとダメ。 少なくとも岡田監督と海外組も含めた今のメンバーなら全敗は免れない。 いや、日本の未来を危惧するなら、むしろ全敗であるべきだ。 冗談抜きにイチロー選手をチームに入れたほうがマシじゃないのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

Wii「乱戦!ポケモンスクランブル」

評価:★★★★★★★★☆☆
WiiWareで配信されているアクションゲーム「乱戦!ポケモンスクランブル」。 価格は1500円とダウンロード販売にしては少し高めだが…これがなかなか面白い。 DSのポケダンをリアルタイムバトルにした感じ。 どんどんレベルの高いポケモンが仲間になるからさ。 各ステージも短いし、やめ時を失う。 技や弱点もポケモンシリーズと同じで、「かみつく」はどの敵にも有効。 少し残念なのは種類がそんなに多くないのね… グラフィックもかなりチープだから、これなら2Dドット絵で全種類欲しかったかも。 まー、価格に見合ったというか… 大幅に超えてくれればWiiWareもいよいよかってところなんだけど… ゲーム自体は面白いから、あと一歩だな。 1000円で驚きの新作を期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ほぼ完成?

カスタム・テーマでやれるだけの事をやったつもり。 特にタイトルバナーに画像を貼れるのは大きいな。 サイズ制限もなさそうだし、背景や文字の色を「任意」に指定できるのも良い。 出来なかったのは、タイトルバナーとは別の画像(タイル模様とか)を背景にする事と、サイドバーに簡易プロフィールを表示させる事。 2つとも他のココログブログではやれてるっぽいのね。 それが有料の機能なのか、力技でそう見せているのか… 背景のほうは、バナーと一体化させた画像を背景に指定できるとあるが…ちょっとねー。 プロフィールも最悪縦長の写真内に情報を入れるとか。 ま、そこまでして知らせたい訳じゃないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しさかのぼって…

試験的に現「語流」にアップ済みの内容を抜粋してここにも載っけてみた。
せっかくだから写真もアップ。

そういえば、デフォルトだと投稿時間が表示されなくてさ。
出来るまでけっこう時間がかかったよ…

まだまだ不明なトコも多いが、概ね完成かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

初ブログ…

ODNのホームページサービス終了に伴い、色々悩んだ末に「ココログ」を選びました。
内容はほぼODN時代の時と同じ方向性でいく予定です。
いわゆる「ブログ」とは毛色の違った空気になるかと思いますが、みなさまよろしくお願い致します。

一応2009年9月30日まではODNサイトも存在しているようなので過去の内容に興味のある方はどうぞ。
http://mypage.odn.ne.jp/home/nada2

※記事の読み込みに挑戦してみましたが、ODNで書き出したファイルは1.3Mとなり、こちらではエラーとなってしまうようです…残念。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ガンダム台場に立つ!! その3-2

※前回の続き。 突如、ガンダム芸人の若井おさむ氏からインタビューを受けることに。 応答に困る場面もあったが、ガンプラの話しは盛り上がったかも。 2.0でガンダムの胸部にある黄色い部分が内側になって嬉しかったらしい。 私も言われて気付いて、そこそこのリアクションはとれたかな。 好きなモビルスーツでは「ゴックとかズゴックが好き」と答えた。 これは昔からこだわりがあって、とにかくあのフォルムね。 大胆なデザインでありながら、ガンダムという枠にしっかりと収まるセンス。 以降のシリーズや他のロボットアニメに類似品が存在しないのも好きな理由のひとつ。 最後に連邦派かジオン派かを問われ…「その質問は難しい」みたいな返答をしたら、突然ひとりコントがスタート。 「僕が連邦軍だから答えられないんだな!!」て。 そうきたか。 さすがプロの芸人だと感心したのもつかの間。 「そういえば体系もランバラルにそっくりだ!!」 ……な、なにーッ!? せめて「どことなくランバラル」にしてくれ… 体系て… 太らない様に気をつけているだけにショックだ。 あとはグダグダオチで終了。 その場では何の番組だか分からなかったが、帰り際にディレクターの方が私を見つけてお辞儀をしてくれてさ。 「めざましどようびです」だって。 わざわざ伝えてくれたのは嬉しい。 熱中夜話ではNHKスタッフがほんと酷かったからな… フジテレビはあまり観ないが、好感度は相当アップ。 次の瞬間「これはまさか使われるって事か?」と急に後悔してみたり。 実際に放送されたのは…「4・5回来てる」の一言のみ。 時間の都合もあるだろうし、若井氏は色んな人に声をかけていたからね。 もうこれで十分。 スタジオで自分の発言を復唱してくれたり、なんとも理想的な使われ方。 つくづく視聴者の事を分かってるなー。 こんな事は二度とないと思うけど、貴重な体験だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

ガンダム台場に立つ!! その3-1

…いやいやいや。 完成しとる〜ッ!!? 実は先週も一度現場に行っていたんだけど、そのときはまだ腰すらも出来ていなかったのに… 一般公開まで一月切っているから急ピッチになるとは予測していたが、まさかの完成。 ところどころパーツがズレていたりするから、今後は細かい調整をしていくんだろうけど… 胴体・腕・頭と順番に出来上がる様を楽しみにしていた身としては複雑。 見物人の数もスゴいね。 どこで知ったのかと思ったら、どうやら新聞で完成告知されたようだ。 そのためか、学生や親子連れに年配の集団や外国人までもが大挙して記念撮影。 更に梅雨入り宣言後の貴重な晴れ間も影響したのかな。 でも、そんな見物人の多さがまったく苦にならないほど巨大なガンダム。 18mだからね。 可動テストでは頭部が上下左右に動いていたよ。 ミストと思われる塗料剥げも確認。 背中のランドセルからも吹き出るようだ。 ぐるっと一周し終えると…突然、連邦軍のコスプレをした人がとなりに現われた。 ん? よく見るとガンダム芸人の若井おさむ氏だ。 撮影隊も連れている。 いつものアムロネタを披露すると建設内へ。 なかからも大きなアムロ声が聞こえると、本物そっくりで笑った。 その後、見物人へのインタビューが始まるわけだが…撮影の邪魔にならないようにと背を向けていた私に来てしまった! そう。 これが掲示板で言っていた初めてのインタビュー。 強烈な日差しを浴びながら、結構長い時間しゃべったよ。 ファーストネタには自信あったんだけど、なんだか難しい話しをされて「へー…」としか言えなかったな…… 分かるとこでは「ここはサイド7にそっくりじゃないですか?」とか。 「コアファイターがあの森に隠れてるんです」とか。 分かるけど、どう答えれば正解なのか… ※長いから続く。

Dscf090612_01_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

「かぐや」月面落下へ…

なんだかあっという間のイベントだったような気も… というか半永久的に月を回り続けるものとばかり思っていたからさ。 観測期間は当初から約1年て言われていたけど、役目を終えてからもまだまだ最先端機材の用途はありそうなのに… まー管理するにも人員が必要だし、ただ周回させるだけならデブリ(宇宙ゴミ)と一緒か…… JAXAのサイトでは「6月11日午前3時25分。予定通り月の表面に落下させ、かぐやの運用は全て完了」という報告が… 妙に切ない気分だ。 全国的に天気が悪かったから、落下時の閃光を観測するのは専門家でも難しいだろう。 確か、同時期に中国も月に衛星を飛ばしていたような… 噂では1ヶ月程度で交信できなくなり、宇宙の闇へ消えたと言われている。 その事実を隠す為、月面写真を偽造公開したという… なくはない話しだと思うが、今の中国がそんな北朝鮮レベルの見栄を張るだろうか? オリンピックの偽装とは状況が違うしなー… 日本のかぐやはNASAの支援も受けていて、人類の技術発展も担っているからね。 「地球の出」のハイビジョン映像は世界に誇れるものだし。 もしこの映像を中国が撮っていたら、国民は連日お祭り騒ぎだろうな… その辺にパワーバランスによる温度差を感じてみたり。 日本は出来て当然くらいに思われているでしょ。 もっと高い評価を与えるべきなのではないだろうか。 なにはともあれ、夢や希望を本気で抱かせてくれた「かぐや」にありがとうと言いたい。 記憶の衛星として、いつまでも回り続けているぞ。 お疲れさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

映画「ターミネーター4」

評価:★★★★★★★★☆☆  
新宿ピカデリーの映画情報を見たら… 6月6日(土)9:30の回の上映後、監督・キャストによる舞台挨拶が急きょ決定というお知らせが! さっそく座席状況を確認してみると、前列もまだまだ空席が多い!! 前すぎると逆にスクリーンが見えないから、4列目位のセンターを購入。 そして当日、実際に座ってみると…やっぱりまだ近い。 でも、舞台挨拶の事を考えるとベストな位置だ。 照明が落ちると、予告がほとんどなく本編がスタート。 先行上映だからか? 前情報なしに、あまり期待もしていなかったんだけど… 映画自体かなり良かった。 物語は少し複雑だが、演出や表現に新たな挑戦が見られてとにかく爽快。 「3」がダメだった人も、これなら楽しめると思うよ。 本当に久々のアタリ洋画。 ただ、主役の二人がそっくりで最初は覚えるのが大変。 ジョン・コナーとマーカス・ライトね。 どちらかというとマーカスを中心に描いているから、時間が経てば慣れるのだが…理解するまではアレ?の連続。 皮肉にもカイルやブレアのほうがキャラが立っていたし。 強靭なパワーを発揮するまではマーカスにそれほど魅力も感じなかった… でも、終わってみればすっかり感情移入していたな。 最後は全部マーカスに持っていかれた… 上映が終了し、ここからはいよいよお待ちかねの舞台挨拶。 これがなかったら観ていなかったしね。 なにやら日本で今回最後の舞台挨拶ということで監督共々気合いが入っているらしい。 進行役の案内で登場したのは、マックG監督,ブライス・ダラス・ハワード,アントン・イェルチン,ムーン・ブラッドグッドの4名。 ブライスはジョン・コナーの妻役。 「スパイダーマン3」ではM・Jの恋敵を演じた。 アントンは死ぬ事を許されない運命を背負ったカイルを演じる。 ムーンは抵抗軍のなかで唯一マーカスを信じた女性戦士。 偶然にも、全員私が個人的に印象に残ったメンバーで嬉しい限り。 たった今観た映画の人物が目の前にいるという不思議な感覚。 しかも距離も近い! 舞台挨拶ってスゲーな… トークも盛りだくさんなうえに、監督のアドリブ?サービスがまたスゴい。 アントンの写真をかかげてるファンを舞台に上げちゃってるし。 撮影禁止だけど、監督が撮っていいよと言ったら誰も止められんわな。 更に、終了間際に突然客席へ全員下りてきて、広い館内を走り回る!? まさにハプニング! 通路側の客はもれなくハイタッチ。 最後列の客も大興奮!! これはみんな喜ぶよ。 つーかこんなの聞いたことない。 でも私は前ブロックのどまんなかにいたから、もしかしたら彼等に最も近づけない客だったのかも…… マスコミは頻繁に振り返って客席を撮っていたから、真ん前にいた私は確実に映っているだろう… 舞台挨拶はもちろん良かったが、映画も意外という意味では素晴らしかったと思う。 強烈なサプライズも用意されているから、先入観を捨てて是非映画館へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

アニメ「咲-Saki-」第9話

評価:★★★★★★★★☆☆  
気になってレビューサイトを巡ってみたら… 思いのほか不評らしい。 その理由の多くに「有り得ない」という類いの表現が見られる。 切り方やツモり方など、まさに麻雀かじりの野次馬根性が爆発していてビックリ。 アラレちゃんの「地球割り」を全力で否定するみたいで、微笑ましくもあるのだが… そんなに割り切れないものなのか? 今回の「開眼」も期待通りの過剰演出で最高だったんだけどなー… なにより絵が崩れないよね。 音楽の使いどころも絶妙だし、つくづく男子率が高ければ超オススメ作品なのに… いやらしくないのが唯一の救いか。 そっち系の要素が増えない事を願いたいが… DVDの特典がさー… 最初のほうの話しは知らないからDVDで欲しいのに、第2巻の特典がとんでもないイラストの「抱き枕」。 もうね…目にした瞬間「ギャァ〜〜〜やめて〜ッ!!」て。 何?アレ。 絶対いらない。 初回特典だから、通常版を買えばいいんだけど…特典版には絵コンテなどが収録されたブックレットも付く。 それだけ欲しい。 しかも、価格が10290円。 通常は7140円(これでも十分高い…)。 つまり、3000円の抱き枕をセット販売しているようなもの。 欲しい人用に購入チケットを封入すればいいんじゃないの? 抱き枕なんて迷惑にもほどがある! 一体どんなヤツがレジで受け取るのだろうか。 どんな顔して帰路を行くつもりなのか。 少しは考えてくれ。 なんだか本編も不安になってくるよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »