« 伝説のすた丼屋 | トップページ | DS「ゲームセンターCX2」 »

2009年2月22日 (日)

特撮「シンケンジャー」

評価:★★★★★★★★★☆  
先日、発表会に行ってきた事は語ったが…その時はゴーオンジャー目的だったからさ。 まだ先の見えない新メンバーにはそれほど興味はなかったんだけど…2話目で間違いなく面白いと確信! さすが小林靖子氏の脚本だ。 タイムレンジャーの脚本もスゴいが、今回も難し過ぎず単純過ぎずという絶妙なバランスで物語が展開。 馴れ合いが正義だと言いそうなヒーロー番組で、本当に守るべき相手は誰だ!? つー今の大人社会にも通じる問題提起をしている。 また、少しオーバーに演じる事で、逆に深刻さが緩和されるのね。 妙にリアルにやられると反発もしたくなるが、現実との対比が計れると裏に込められたメッセージを読みたくなるでしょ。 しかも、それを格好よくではなく泥臭くやっているのが嬉しい。 他人同士が触れ合う時に起こる衝突を醜く描く。 コレって制作時にお偉方の許可をもらうの大変だろうな… でも、ライダーとは逆でこっちは子供に見せたい。 他人に対してや他人からの言葉にどんな意味があるのか。 学校や先生からでは学びづらい究極の社会勉強だと思う。 みんなにオススメ。

|

« 伝説のすた丼屋 | トップページ | DS「ゲームセンターCX2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30156837

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮「シンケンジャー」:

« 伝説のすた丼屋 | トップページ | DS「ゲームセンターCX2」 »