« 秋の新作アニメ群 | トップページ | アニメ「テイルズオブジアビス」 »

2008年10月 3日 (金)

任天堂の新型DS

数ヶ月前に新型機の噂で問題になった任天堂が、やはりと言うか…来月の11月1日に現行のDSLiteからスペックを大幅に変更した機種「DSi」を発売する。 このDSiの最大の特徴はカメラが内蔵されており、今後は連動したソフトが発売されていくらしいのだが… 当然、下位互換はない。 DSi専用に開発されたソフトは、DSLiteでは遊べない。 過去の例を考えれば、DSiを普及させたい任天堂は「専用」の開発に完全シフトしていくだろう…… 表向きはLiteのソフトも同様に制作していくとしながら、結局ゲームボーイアドバンスの様に何のアナウンスもなく事実上の開発中止になることは必至。 更にもっと問題なのは、Wiiの様にチャンネルをダウンロードさせてコンテンツを増やしていくというのだが… どうやらネット接続は無線LANにのみ対応しているらしく、Wiiを有線で繋いでいる家庭では利用できない仕様になっているのだ。 まーいつものごとく、この辺の配慮は一切ないものと思われる。 問題はまだまだあって…充電の持続時間がLiteの約半分しかもたないのよ。 アドバンスのスロットも廃止されるし、携帯のカメラですら邪魔な昨今…Liteの機能を削ってまで追加しなければならないほどの魅力はない。 些細な利点と言えば、液晶サイズが気持ち大きくなるのと…本体は大きくなるものの、若干薄く軽くなるらしい。 一応市販のSDメモリーカード用のスロットも追加される。 なんかさ…徐々にPSP化してないか? 沢山の無駄機能が煩わしくてDSを選んでいる人も多いと思うんだけど… 現時点ではWiiもDSも好調だし、任天堂というブランドだけで多くのユーザーがDSiを購入してしまわないか非常に不安。 ソニーのPS3とまったく同じ流れだ。 「ゲームを提供していくのが我々の仕事だ」と断言していた任天堂はどこへ行ってしまったのだろうか…… つーか、私は近い将来「無線LAN」の時代は終わると考えている。 様々なルール改正が進み、いずれはプロバイダ契約が廃止になり…家庭用コンセントを介してネットが利用できる様にならなければならない。 その大きな一歩として地デジが挙げられるのだが、この電波帯をDSで有効利用できないだろうか。 任天堂がデータを配信する為の局を開設すれば、面倒な手続きや契約を全部すっとばして誰でも快適にダウンロードを行う事が出来るはず。 とにかく、なにも知らないライトユーザーが誤ってDSiを買ってしまわない事を願う。

|

« 秋の新作アニメ群 | トップページ | アニメ「テイルズオブジアビス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30157751

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂の新型DS:

« 秋の新作アニメ群 | トップページ | アニメ「テイルズオブジアビス」 »