« 北京五輪8 | トップページ | 北京五輪10 »

2008年8月17日 (日)

北京五輪9

早朝と言えばマラソン。 もしかしたら最も短時間で決着する過酷な競技かもしれない。 ほかの競技には基本的に予選があるからね。 もちろん期待はしていたが…結構序盤10km辺りで勝負は見えたかな。 間もなく女子レスリングも始まり、そっちを見始めてからはいつの間にか終わっていたよ。 そして更に男子競泳400mリレーもついでに終わっていた… 北島選手率いる日本チームはなんと3位で銅メダル!! これまたLIVEで観られなかったんだけどさ…… 前回のアテネはこんなこと一度もなかったのにッ!! で、レスリングは…63kg級伊調姉妹の妹・馨選手が金メダル! 72kg級の浜口選手は準決勝で敗れ銅メダル。 彼女は「いい人」すぎてファイターに向いていないと思うのだが…よくぞメダルまで届いた!! 本人も笑顔だったし… まさかとは思うが…父のアニマル氏は「ロンドンッ!!」とか騒いでないだろうな。 それだけは本当にやめてくれ。 少し気になっていた女子卓球3位決定戦も、負けはしたけど接戦でいい試合だった。 ほかにも勝てるチャンスのあった体操やハンマー投げは完敗かな。 富田選手の「あん馬」は誰よりも美しかったが…難易度で競うA得点が入らず5位。 ボロボロに見えた中国が1位っつー得点に少し政治的な臭いも感じたが…もっと何がどう評価されたのか明確に表示してほしいよね。 実況の人もA得点が足りないって知らなかったのかな。 「完璧な演技です」だって。 どこがじゃ。 フィギュアスケートで言えば、綺麗な2回転で跳んだのが富田選手。 バランスを崩しながら必至で4回転を跳んだのが他国の選手ってところか。 ハンマーの室伏選手も記録は悪くないが結果は5位。 魂の絶叫も出なかったし、ツキがなかっただけならまだまだ行けそうな気もするけど。 ずーっと語ってきた北京五輪だが、以降の競技で期待できるのはシンクロくらいかな。 トータルメダルも20個越えたし、TV側が盛り上がらなかった分ロンドンに期待。

|

« 北京五輪8 | トップページ | 北京五輪10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30160208

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪9:

« 北京五輪8 | トップページ | 北京五輪10 »