« 北京五輪6 | トップページ | PS2「ペルソナ4」 »

2008年8月15日 (金)

北京五輪7

まずは、なんと言ってもバドミントン女子ダブルス。 もう何回語っただろうか… 末綱選手と前田選手のペアが対戦するのは…世界ランク2位の中国ペア。 彼女らには悪いが正直勝てる可能性はないと思っていた。 理由は中国1位に勝った時のコメントね。 「悔いのない戦いをしたい」という発言が、私には消極的に聞こえたのよ。 次の相手は世界ランク2位だよ? それを一大イベントが終了したかのような穏やかな雰囲気で、終始ニコニコ。 ただ、それが悪いとは言わない。 事実、1位の中国を実力で破ったのは確かなのだから。 残念なのは、彼女らにその自覚がなかったってこと。 3位決定戦で負けたあとのコメントも、こんな事は二度と有り得ないと言いたげなセリフだったし… オグシオも含め、彼女達が中国やインドネシアに勝つ事はもうないと思う。 今思うとあの時の涙も浅く見えてくるし…… ちなみに、噂では世界ランク1位の中国ペアは二人とも引退を表明したらしい。 強烈な批判もあったというが、引退理由は不明。 末綱選手と前田選手は勝つ事の責任をもっと深刻に捉える必要があるのかもしれない。 その他の競技は、柔道男子100kg超級で石井選手が金メダル獲得。 女子78kg超級でも塚田選手が銀メダル。 二人とも素晴らしい試合だったと思うし、初戦で負けた選手たちもさすがに何が違ったのかくらい分かっているだろう… 1本を狙わずに勝った石井選手を「日本の柔道じゃない」と批判する人もいるが… 効果や有効ポイントで時間切れを待つのは、昔から日本の柔道の基本なんだけどね。 残りわずかでポイント勝ちなら攻める必要なし。 それを塚田選手は、外野の声につられて、攻める事が柔道になっていたのだろう… 野球のオランダ戦は、まーこんなもんでしょ。 観ていないけど。 陸上も色々予選が始まったが、結局アメリカのメダル量産になるんだろうな… 明日の目玉は女子レスリング48kg級の伊調千春選手と55kg級の吉田沙保里選手、さらに野球の韓国戦。 特にレスリングは一気に決勝まで行われるから、おそらく吉田選手の金は固いだろう。 姉妹で出る姉の千春選手もアテネが銀だっただけに、金への思いも強いはず。 個人的にはあとの二人より期待しているから、なんとか勝ってもらいたい。

|

« 北京五輪6 | トップページ | PS2「ペルソナ4」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30160223

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪7:

« 北京五輪6 | トップページ | PS2「ペルソナ4」 »