« 北京五輪5 | トップページ | 北京五輪7 »

2008年8月15日 (金)

北京五輪6

いやー…、なんだかスゴいって表現では申し訳ないくらい北島選手の連覇を讃えたい。 競泳男子200m平泳ぎね。 本当の山場は100mだったはずだから、200mは自身の記録との戦いに見えた。 結果は圧勝の金メダルだが…やはり本人は複雑だった様子。 世界新を出せる条件が揃っていただけに、悔しさも大きいのではないだろうか。 報道では彼が中国で大人気だというが、そりゃ五輪会場付近で聞いたら話しを合わせてくれる人も多いでしょ。 特に競泳は中国も金を取っているし、注目度の高い競技。 アメリカのフェルプス選手だって、同じ様に聞けば大人気だと思う。 1を10にしたいメディアの事情も分かるが…ここにきて他の日本選手らが失速しているのも原因のひとつだろう。 なかでも、柔道男子100kg級の鈴木選手はまさかの1回戦・敗者復活戦両方での1本負け。 しかもしっかりと日本の「柔道」で負けている。 これはさすがに擁護の余地なし。 今までに敗れた選手は、指導や返しによる博打作戦に屈していたが… 今回の鈴木選手は本来日本が求められる見事な一本で負けている。 しかも2連続… 今大会、日本人が綺麗な一本で負けたのは彼が初めてじゃないのか? 最悪負けても一本を取られちゃダメだろ。 あまりの負けっぷりに、逆に帰国後の批判が心配になるよ…… 頑張ったんだからとは思わないが、本人が次を目指すなら応援したい。 ほかにも色んな競技が行われているらしいが、BS1も含めて放送されていない… 映像が出ない競技も多いんだけど、まさか撮影されていないなんて事はないよな。 結果だけ見ていると順調に勝ち上がっているらしいんだけど…やっぱりLIVE映像で観たい。 今日なんて日中にもかかわらずVTRばっかし… 同じ映像を繰り返されると、なんか閉幕後みたいな… 夜の部では、バレーボール男子と卓球女子がなかなか善戦していたが…惜しくも負け。 そして、キューバに負けた野球は…台湾に先制されつつも、かろうじて勝利。 数字こそ6対1だが… う〜ん…… 野球ってこういうモノなのか? 日本は強いんだよね? だったら、これはダメだと思うぞ。 それよりも昨日の星野監督のコメント…「ダルビッシュが悪い」だって。 かなりショッキングなセリフで耳を疑ったよ。 あんな大バカな事を言っちゃう人間だとは思っていなかったから… 選手の状態や調子を判断するのは監督の責任でしょ? 先発で結果を出せない投手を使ったのは一体誰だよッ!!! プレイ中の状況判断だってそう。 監督は明らかに勝敗への嗅覚が働いていなかった。 「俺は信じている」とか言いたいのか? 会社だったら最低の社長だぞ。 安倍元総理じゃないんだから、勝手に選手を信じる前にまず自分を信じてもらえる采配をしろ。

|

« 北京五輪5 | トップページ | 北京五輪7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30160232

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪6:

« 北京五輪5 | トップページ | 北京五輪7 »