« ロンQハイランド | トップページ | ガンダムEXPO 2008 »

2008年8月13日 (水)

北京五輪4

柔道の女子63kg級で日本の谷本選手が見事な一本で金メダルを獲得。 周知の通り、現在の国際大会における柔道はいわゆる「柔道」ではない。 審判のご機嫌うかがいゲームと化しているよね。 しかも、ジャッジの判断基準がまったく定まっておらず…勝敗が運によって決する試合も多い。 効果(K)1,有効(Y)10,技有り(W)100という表示も分かりづらいし… 審判の気分でコロコロ変えられると、観ている側もつまらないんじゃないのかな… 特にシラケるのは指導。 守りすぎると相手に効果1が入るんだけど…この判断が完全に審判の主観ってのは絶対にダメだと思う。 早い段階で明確なルール化を検討したほうがいい。 つまり「守っている」という状態のときに、審判はカウントを始める。 30秒間その状態が続いた場合にのみ「指導」というなら、誰しもが納得でしょ。 現状だと真逆の判断をしてしまうアホな審判に当たってしまう可能性もある… 高度な技術で攻めているのに、それが分からず「指導」みたいな… そんななかで。 谷本選手はオール一本勝ちという歴史的な勝利を得たわけだが…彼女が他の日本人選手と違うのは、返し技からの一本が目立っていた事。 谷選手や金を取った内柴選手も、相手の攻撃をほとんど受けずに決着している。 おそらく真っ向勝負で日本に勝つのは不可能だという事なのだろう。 だから、日本の攻撃をイチかバチかで返す博打作戦が国際柔道の主流になっている。 そんな事はもう何年も前から分かっているはずなのに…未だに日本は「柔道」に拘って、多くの選手は敗北。 そもそも柔道で挑んでこない相手に柔道で相手をする必要はないんだから。 その辺の融通はもっと利かせてもいいと思うのだが。

|

« ロンQハイランド | トップページ | ガンダムEXPO 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30160247

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪4:

« ロンQハイランド | トップページ | ガンダムEXPO 2008 »