« 北京五輪10 | トップページ | 北京五輪のあとに… »

2008年8月22日 (金)

北京五輪11

一応、女子ソフトの決勝とサッカー3位決定戦。 まずサッカーね。 ドイツに0-2で敗北。 前半はいい感じだったが、まーこんなもんでしょ。 男子よりシュートも枠に入っていたし。 相手の上手さで負けるなら問題なし。 そして、まさかの大金星をあげたソフトだが、解説者がさ… 打たれた瞬間に「あーッ!!」て叫ぶのよ。 逆に打った瞬間には「OKッ!!」て… いい加減だまれ。 茶の間で観ているんじゃないんだから… 野球の解説者はさすがに慣れているのか「瞬間」に結論を急いだりはしない。 「いいアタリだがコレはどうだー」みたいな。 国籍関係なくね。 ところがソフトの解説は100%日本びいき。 日本が良ければ全て良し。 こういうのは本当に嫌。 超不愉快。 せっかく選手達が素晴らしいプレイをしていても、こんな解説をされたら気分良く観られない。 せっかくの歴史的勝利が台無しだ…

|

« 北京五輪10 | トップページ | 北京五輪のあとに… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30160186

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪11:

« 北京五輪10 | トップページ | 北京五輪のあとに… »