« 北京五輪9 | トップページ | 北京五輪11 »

2008年8月20日 (水)

北京五輪10

なんか急速に盛り下がってきたオリンピック。 活躍出来る日本人がいなくなったのもあるが…なにより内容に覇気がない。 勝てる試合を勝ちに行っていないよね… 前半の競技でメダルを取った選手は例外なく「応援してくださる皆さんのおかげ」と話していたんだけど、結構本心じゃないと思い込んでいる視聴者も多いようで。 私は何度も言っているが、自分の為にやっている選手は絶対にメダルまで届かない。 それはタダの趣味だから。 選手の姿勢がはっきりと出る分岐点は…負けている時。 自分の事を考えた選手はそのまま負け。 応援している人達の事を考えた選手は一矢報いる好ゲームを展開しているはず。 実力差がありすぎて結果の見えている試合でも、その考え方ひとつで内容は大きく変わる。 簡単な話し、内容が良ければ結果もついてくるって事。 だから私は初日から結果よりも内容にこだわっているのよ。 良い例は採点競技で開催国の中国と争ったシンクロ。 デュエットの原田・鈴木ペアね。 おおかたの予想は、僅差なら開催国に花を持たせて感動を演出されるだろうと見ていたが… なんと決勝で得点を下げたのは中国!? これはまさかの展開だったな。 体操で色を付け過ぎたって事か? 日本も本当は打倒スペインじゃないといけないのだが…素人目にも差は歴然。 シンクロはスタイルで競っている部分もあるからなー… それでもなお銅メダルはスゴいんだけどね。 ほかに野球とソフトのほかに岡田ジャパンのサッカーまで試合時間が重なってさ… どれもなんだかイライラする展開。 ソフトはかろうじて勝っていたが、上野投手は大丈夫か? 1日で2試合連続完投って… 野球をよく知らない私でも無茶なのは分かる。 星野監督のアメリカ戦は、どうなんだろうか。 見た目やっぱりキューバや韓国よりアメリカは弱いかも。 つーか、闘志が伝わってこない。 韓国なんてバッターボックスに立つ選手の背中から炎が見えそうなくらい気合いを感じるし。 日本ももっと士気を上げてくれないと、観ていてもつまらない。 こんな感じで金を目指されてもなー…

|

« 北京五輪9 | トップページ | 北京五輪11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30160187

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪10:

« 北京五輪9 | トップページ | 北京五輪11 »