« Wii Ware の問題 2 | トップページ | DVD「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」 »

2008年6月 4日 (水)

「きぼう」がISSに接続

昨日(というか今日か)、星出氏を乗せたディスカバリー号が国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング。 星出氏自身がロボットアームを操作し、無事「きぼう」の取り付けも完了した。 子供の頃から見聞きしていたISSに、やっと日本の部屋が誕生したことになる。 過去には爆発事故などもあってしばらく宇宙開発が滞っていたが、ここにきて開発の進行が活発になっているのは非常に良いことだろう。 なかには「宇宙より大事な事があるだろ」と苦言を呈す者もいるが、今回の日本の「きぼう」はその名の通り世界の希望を託された「実験棟」だ。 今後この施設には日本人が常駐し、様々な実験が行われる予定。 特に医療関係においてすでに大きな成果が期待できるプランもあるらしい。 やたら夢やロマンで宇宙に出ている訳ではない事をもっと知ってもらいたいところではあるが…実際その恩恵を受けられる様になるまでにはもう少し時間が必要かも。 ちなみに本ミッションは「1J」という計画で、「J」は日本関連を意味し、「1」で日本の要素をISSに運ぶ1回目の飛行を示しているらしい。 ゴロ的には「J1」のほうがしっくりくるが…Jリーグっぽいから逆にしたのかな? 報道ではあまり扱われなくて残念だが、いつか映像を中心とした番組が放送されることを期待したい。

|

« Wii Ware の問題 2 | トップページ | DVD「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30168073

この記事へのトラックバック一覧です: 「きぼう」がISSに接続:

« Wii Ware の問題 2 | トップページ | DVD「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」 »