« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

漫画「MOONLIGHT MILE」

評価:★★★★★★☆☆☆☆  
まず始めに言っておきたいのは…私は性描写が大嫌い。 それが例え不可欠な要素であったとしても。 この「MOONLIGHT MILE(MM)」は宇宙開発の一つ「月」に焦点をあてたドラマだという情報で読んでみたんだけど… この作者でもある太田垣康男氏は、水と油を必至にかき混ぜている印象を受ける。 よく海外ドラマでも、初回には性描写を入れつつ大ヒットに伴いソノ要素を排除しているわけだが… 理由は本筋と性描写は水と油だから。 じゃあ、なぜ最初に油を注ぐのか? まー、いわゆる保険ってヤツだ。 ヒットしなければ、油に逃げる事で一定の支持を確保できる。 ところが、今回のMMはいつまで経っても性描写をやめない。 この作品には必要なんだという意地すら感じる… 個人サイトなどでは、MMを最高の漫画と評する声も多いが…私の評価は既出の通り。 理由もほぼ冒頭のまま。 そのため、心理描写に対する評価も著しく下げる結果になっている。 別の惑星の人種たちっつー副題を加えたほうがいいくらいだ。 作者の偏見とでも言うのか、宇宙飛行士はみんな陽気で強運の持ち主みたいな。 その裏に込められた作者なりの意図もあるだろう。 しかし、宇宙や機械類が凄まじくリアルだから、人物像にもリアルを求めるのは必然。 確かに宇宙飛行士達はあらゆる面において訓練を重ね選び抜かれた超エキスパート集団。 どうしても似通った性格が揃うのも多少は理解できる。 ただ、残念な事に主人公のブサイクな性格こそがエリートの証しみたいな… 楽しく生きるために全力でふざけるのが賢い人間だっつーエピソードも多い。 そこには作者のコンプレックスも見受けられる… 実社会で何かあったのか? 熱血やパパラッチに対するアンチとか、微妙な陶酔感が好きになれない。 分かりやすく言うなら「2チャンネラーが好きそう」かな。 …こんなに言うなら読まなきゃいいと思うかもしれんが、これまた残念な事に性描写と心理描写以外は強烈に良く出来ている。 故に本当にもったいない作品。 性と心理をごっそりカットしていたら、世界的に伝説の漫画となれたであろう…… でも作者が漫画で性描写をし続けるって事は、実写映画化なんて話しがあっても譲らないだろうな… MMの世界観を使って別の作家が書き下ろすなんてのもアリだと思うけど。 とりあえず性描写を乗り越える自信がある人ならオススメ。 私は乗り越えてないんだけど… イライラしながら飛ばして読むから。 ま、それなりの覚悟が必要って事かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

BS2「とことん!石ノ森章太郎」終了

評価:★★★★★★★★★☆  
先週の日曜日からBS2でスタートしたモンスター企画「とことん!石ノ森章太郎」。 七夜連続、合計32時間が「生放送」で放送された。 なんだかんだで、私は第四夜「SF&ファンタジー」の映画以外ぜんぶ観たよ。 トータルでもまる一日以上は観ているんじゃないかな。 仕事をしながらでキツかったけど、内容はかなり良かったと思う。 特に関係者のインタビューと原作漫画の紹介。 通常の番組は、これらを放送して終わりだが…今回は生放送で、ゲストから1つ1つ濃密な感想を聞くことができる。 そのスタンスも非常に良かった。 映像を観終わったあとに、みんながどう思っているのかを聞けるのって本当にいいね。 長時間観続けるモチベーションにも繋がるし。 これでもう少しコンパクトに日を分けてくれると、もっと良かったんだけど… 第六夜の突然の時間短縮も個人的にはありがたかったし、最終夜の7時間なんか司会者も説明していて笑っちゃっていたしな。 「とことん!」に次があるなら、お互いに無理が出ない範囲でやってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

おかあさんといっしょ交代

本日、ついにゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんが番組を卒業した。 そして、新しく入っただいすけお兄さんとたくみお姉さんの紹介。 さすがに番組内で涙を見ることはなかったが、最後の歌で新お兄さんお姉さんの歌声を初披露。 …そうかー。 そうだよなー… 今井氏とはいだ氏があまりにもスゴすぎた。 しかも初期(クリップ映像でね)から。 故に、次への期待も高まる… そして、その感想は…さきほどの通り。 まーヘタではない。 ただ、おっさんの私が魅かれるほどの衝撃もない。 当たり前か。 それが普通なんだから。 まだ始まってもいないし、クリップではスゴいかもしれないし。 つくづく今井氏とはいだ氏には感謝。 おつかれさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

春の新番組

ある程度覚悟はしていたが… 高確率でレギュラー録りと重なってしまった。 当然今までのを優先するんだけど、どうしても譲れない作品もあって困っているんだよね… こうなると他の部屋にも同じ機種が欲しくなる… 私は基本的に焼いたら消すを繰り返しているから、手元に残すことが出来ればなんでもいい。 どうしようかな。 この数ヶ月の間にも結構あったしなー。 特に深夜。 レギュラーでも毎週時間が前後したりするし… それが原因で他局と重なると本当に嫌。 そりゃ昔からそういうもんかもしれんが、DVDになると話しは別。 とは言っても解決策なし。 春は諦めるか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

とことん!石ノ森章太郎 第二夜

評価:★★★★★★★☆☆☆  
別に全夜語るつもりはないが、第二夜の孤高のヒーローは人造人間キカイダー。 デザインが好きでテレビ版の資料集や原作漫画も所持しているのだが、実は映像を観たことがない… もしかしたら小さい頃に目にしていたのかもしれないが、観たいと思ってから今日に至っている。 テレビ版はタイトルで内容を全部言っちゃう回も多くてさ。 「壮絶ジロー空中分解!」とか、のちのシリーズでは「哀れ人造人間ビジンダー爆死」など。 サスペンスで「犯人は○○だ!の巻」みたいな… そういう所も含めて好きな作品なんだけどね。 そんなキカイダーを初めて観たわけだが、意外に良く出来ていたよ。 放送に選んだ回もセンスがいい。 心理描写も巧みで子供には理解できないと思うけど。 その流れで漫画の紹介もされたが…あのラストはあまりにも衝撃的でさ。 番組でもちゃんとそこを取り上げていた。 言ってもいいんだけど、後にも先にもあんな終わり方をする作品って記憶にないからさ… 戦隊のレッドがジローと同じ行動を取ったら夜も眠れないくらいショッキングな結末。 私のなかではナシだが、アリな人にとやかく言うつもりもない。 同系統としてロボット刑事やイナズマンもまるまる放送され、こちらも初見で大満足。 最後のアニメは個人的に嫌。 度々ここでも言っている「俺様」的臭いを感じるし。 「カッコイイと言えッ!!」みたいな。 実写でリメイクするならこんな感じとか言っていたが、本気でそう思っているならやめて欲しい。 もっとライトな層に向けて深い内容の構築が実現されるべきだ。 カッコ良さよりも、楽しさや驚きに力を注いでくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

とことん!石ノ森章太郎 第一夜

評価:★★★★★★★★★☆  
驚いた… NHKはいつも黒バックだからワインレッドやコバルトブルーにしたほうがいいと語っていたらさ… 見事に鮮やかなコバルトブルーで染められた背景。 まずはって意味だったから、まだまだ華やかさは足りないが…やはり黒とは雲泥の差。 それだけで印象も変わると思うが、なにより内容が良かった。 アニメ夜話や熱中夜話みたいにファンが熱く語るだけじゃなく、制作サイドのスタッフが舞台裏を再現ドラマなども交えて大放出。 初期の仮面ライダーは好きなほうだが、知らない事実が多過ぎてまたビックリ。 誕生秘話や藤岡弘氏(当時の主人公役)の撮影時の話しなど貴重なものばかりだし、作品をまるまる選りすぐって放送しているのも良かった。 2時間ごとに区切ってくれれば問題なく焼けたのになー。 生放送でFAXとか紹介していたから、たぶんDVD化は無理だろう。 とりあえず第一夜は期待以上に面白かった。 BS2。 残すは6日間。 観られる環境の人はオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

世界フィギュア2008

評価:★★★★★★★★☆☆  
女子の浅田真央選手が、ショートで1位のコストナー選手を逆転し優勝した。 …これはリアルタイムで観たかったな。 朝の報道番組で結果を言っちゃってんだもん… そりゃ確かにスゴイことだし、触れない訳にもいかないんだろうけどさ… 夜放送するって分かってんでしょ? ドラマの結末をこぞって発表するようなものだぞ。 以前はうっかりネットで観てしまい、知ってしまわないよう気をつけていたのに… 中野選手は4位、安藤選手は棄権だって…… もおーッ!! 観る前に言うなよーッ!!! おかしいってこんなの。 全部知っているから、感動も激減だよ… 頼むからフィギュア関係の機関かどこかで厳重な報道規制をかけてほしい。 一応、そんな状況での印象で語ることになるが… スウェーデンの会場にいた客の温度が非常に良かった。 国籍に関係なく、良い演技には最高の歓声を、納得できない点数には大きなブーイングを。 音を拾うマイクにもよるんだろうけど、こんなに客が熱いと選手達にも影響するんじゃないかな。 よく日本の応援が世界で評価される声を聞くけど、この熱さは見習うべきだ。 ライバル国の選手が転倒して大喜びしちゃう様なバカアイドルが日本にいると思うと情けない。 一方の男子はLIVEだそうで。 ネタバレの心配もなく少し安心。 高橋選手がどこまでやれるか。 こちらも期待が高まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

NHKのBS○○夜話

去年の年末に、ある書籍で知った「BSアニメ夜話」。 調べていくと、NHKのBS2で不定期放送されているらしいのだが… この他に「BSマンガ夜話」や「BS熱中夜話」まであってさ。 興味のあるタイトルも多いから、いくつか観てみたんだけど…… 先日のアニメ夜話や熱中夜話で感じたのは、民放だったら良かったのに…て事。 なんつーかマジメでカタい。 進行もスタジオの雰囲気も。 80年代のまま時間が止まっている感じ。 タイトルやコーナーバックのデザインもド素人まる出しだし… 扱うテーマやゲストが良くても、これでは宝の持ち腐れ。 必ずセリフにテロップを入れろとまでは言わないが、民放のバラエティをもっともっと勉強してくれないとさー… せっかくの企画が台無し。 まず黒い壁から変えていこうよ… あれだけで葬式ムード満載になっちゃうから。 NHKのバラエティってほとんどステージの向こう側が暗闇… まもなくはじまる「とことん!石ノ森章太郎」も、おそらく黒バックだろう。 NHKのスタッフはカッコイイと思ってんのかな。 1回ワインレッドとかコバルトブルーに染めてみろって。 それだけで楽しくなるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

Wii「THE HOUSE OF THE DEAD2&3」

評価:★★★★★★★☆☆☆  
なんなんだろう、この感じ。 やっと「楽しい」ガンシューが出てくれた… バイオハザードのヤツは、あまりにもストイックでさ…… ゾンビの固さがやる気を削ぐのよ。 ナムコの「タイムクライシス」やセガの「THE HOUSE OF THE DEAD(THOTD)」はガンシューの新時代を築いた作品でもあるから安定しているなー。 オプションで色々カスタマイズ出来るのも大きい。 照準を表示させるかどうかとか、血の色とか。 プレイヤーの好みに合わせられる作品は意外と少ない。 更に本作の敵は頭に何発か当てればすぐ倒れるから、本当に爽快。 ゾンビの動きは異様に速いけど… 余計な謎解きやアクションもなく、ひたすら撃ちまくってクリアを目指す。 バイオもこんなだったら良かったのに… THOTD自体は少し古い作品だから、おそらく移植度は完璧ではないだろうか。 ただ撃つだけって本当にいいね。 いっそタイピングシリーズも入れちゃえば良かったのにな。 願わくばセリフに日本語吹替え版も入れて欲しかった。 細くて縦の字幕はまったく読めない… そういえば、メトロイドもマリオもみんな英語でしゃべる。 そろそろ吹き替え版を追加する手間くらいはかけてもらいたいものだ… 日本人なのにクレジットを英語表記にしたり、昔から特にゲーム系は多い。 むしろ日本語のほうが少ないから、逆に目立つしカッコイイと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

今月末は勝負?

NHKのBS2でとんでもない特集が組まれようとしている… その名も「とことん!石ノ森章太郎」。 特撮好きな人からすれば素晴らしい企画だが…23日(日)から7夜連続!? トータル32時間!!? 一日に多い時で7時間もブッ続けで放送するらしい。 しかもゴールデン。 なんというか、とことん過ぎだろ。 視聴させる気あるのか? 録画しろっつっても、これだけ連続でやられたらレギュラーで録っている番組と重なるって。 個人的な希望になるが…この手の特殊な企画は録画の最も少ない朝の11時位から放送してほしい。 ほとんどの番組は主婦層にターゲットを絞っているから、特撮とかアニメが重なって困るなんて人も少ないと思う。 つーか、1時間ずつ分けて長期間放送すればいいのに… どう考えても録画前提。 リアルタイムで全部観られる人の為の時間帯なら、ちょっと乱暴だ。 でも民放じゃ有り得ない企画だからなー… CSでもこの規模は無理だろうし。 BShiでは赤塚不二夫特集も控えている… この流れで期待されるのは藤子不二雄氏の特集。 我孫子氏(藤子A)は健在だから、こっちこそとことん話しを聞きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

漫画「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」

評価:★★★★★★☆☆☆☆  
すでに恒例となった岡田康則氏版の大長編ドラ新作。 のび太の恐竜,新魔界大冒険と、既存の原作をリメイクしてきた岡田氏だが…今回は完全新作。 モチーフとなる話し(さらばキー坊)もあるが、こっちは普通の単行本1話分。 それを壮大なスケールに肉付けし、キャラや道具も沢山増えたのが本作。 アニメ映画は観ていないが、おそらく同じ内容だろう。 でも、今回は何故か少し画力が落ちている… ここまで新たに描き起こすとなると、やっぱり仕方が無いのかなー。 ちょくちょくボディバランスが崩れるのよ。 頭がデカかったり、妙にスリムだったり… 特にのび太。 いい絵も多いから結構目立つ。 展開も遅く、先への期待感が薄いってのも大きなマイナスだな… 大長編では欠かせない「大冒険」要素もほとんどないし。 仲間たちもバラバラ(もしくは単独行動)にならないから、ハラハラドキドキも半減。 ストーリーは誰が考えているのかな。 岡田氏だけとは思えないが… これに満足している様なら、リメイクに戻ったほうがいい。 宇宙小戦争や鉄人兵団は歌も込みで今の子供に見せたい作品だ。 唯一安心したのは、ドラえもんがのび太の事を「のび太」と呼び捨てにしている所。 アニメの「くん」付けは定着し過ぎて変えられないと思うが、漫画が藤本氏の魂を受け継いでいくのなら絶対に変えないでもらいたい部分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

「きぼう」が宇宙へ

かなり昔から国際宇宙ステーションの「きぼう」という名を聞いていたのだが、昨日やっとNASAのスペースシャトル「エンデバー」とともに日本の「きぼう」が打ち上げられた。 最初の宇宙ステーションからすでに何十年も経つこの計画。 未だに各国が増設の順番を待っている状況だが…今回の「きぼう」は3回に分けて宇宙で組み立てられる予定らしい。 その1回目を担当するのが、2度目の宇宙飛行となる土井氏。 彼がロボットアームを操作して取り付けるというのだが…宇宙飛行士になるだけでも大変だろうに。 様々な特殊技術も必要になってくるんだなー。 ちょっと不安なのは、長い年月をかけて増設している事。 大気の外って物質の劣化はどうなの? 宇宙放射線とかさ。 これからくっつく「きぼう」は大丈夫だと思うけど… 突然の爆発に巻き込まれたりしないだろうか。 どんなに優れた技術があっても日本だけでは資金的に実現できないし、協力し合うしかないんだろうけどさ。 ガンダムのスペースコロニーみたいなのも技術的には可能らしいからね。 コストが飛躍的に削減されれば、日本独自に開発を進められる日もくるのかな。 宇宙船における最大の問題は重力の影響と離着陸。 SF映画の様な船の時代はまだまだ先になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

Wii「メトロイドプライム3」

評価:★★★★★★☆☆☆☆  
もったいないなー… グラフィックやシステム,音楽はいい感じなのに… ゲーム自体が激ムズ。 ヘビーユーザーに寄り過ぎだ。 だって最初の母船から広大なマップで、いきなり敵に進入されるし… 脱出口はボス戦だし。 序盤なのに、倒し方が複雑だし。 先が思いやられるっつー覚悟で進めているが…その予想を大きく上回る難解さ。 ヒントは目的地の表示だけ。 あとは自分で考えろみたいな。 ゼルダもそうだが、解いた時に「えぇぇ〜〜……!?」な仕掛けが多くてさ… なるほどと思えるモノがほとんどない。 意地悪な仕掛けを発見する度に「うわ、最悪…」と何度つぶやいた事か… ゲームにも伏線は必要。 何故そんな所の岩がくぼんでいるのか? 何故、そこが壊せるのか? ビジュアル的な説明は一切ない。 プロならフロアを見渡しただけで納得させなきゃダメだろ。 そんなのが永遠と続いた日には… 更に敵の強さも異常。 つーか、私はこういうジャンルのゲームも好きだからさ… 余計に悔しいのよ。 「難しい=楽しい」人の為の作品になっているのがね。 違うんだよなー… 簡単なら楽しいと言ってる訳じゃないんだよなー。 「おおーッ!!」と感じる為には「納得」が不可欠だと言いたいの。 それが、すなわち「楽しい」なんだから。 理不尽なトラップによって難易度が底上げされているのは本当に嫌。 そういう意味では、まだGC版のほうが楽しめたかも。 たぶんシリーズのファンは満足だろう。 でも、私の様に難しさを求めていない人は手を出さない方がいい。 期待も大きかっただけに残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

DS「ドラえもん緑の巨人伝」

評価:★★★★★★★★★☆  
いやー…こんなに面白いとは思わなかった。 キャラゲーアクションではアドバンスの「ドラゴンボール」以来久々の良作。 なんといっても2Dドット絵のクオリティ。 背景はスキャン画像だが、2Dで描かれたキャラクター達にうまく溶け込んでいて好感が持てる。 つーか一般的なアニメーションの手法に近いのかも。 子供向けと言いつつ難易度も高めだし、おなじみのキャラもドット絵で登場するから、もしかしたらオッサン世代のほうが楽しめるんじゃないかな。 このシステムで藤子ワールドを網羅したゲームもやってみたい。 オバQやハットリくんはもちろん、モジャ公にオメ星デンカなど様々なキャラでプレイできたら面白いと思うんだけど。 最近はゲーム自体が不作だったから、余計に楽しめたのかもしれないが。 DSを持っていてドラえもんが好きなら、絶対オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

DSを買い替える

買い替えといっても、ポイントカードが8万円近くあったからさ。 以前ポイントで交換したポータブルDVDプレイヤーの次に高額な交換となった。 さすがにレジで申し訳ない気分にもなるが…単純に計算すると80万円以上同店舗で購入している事にもなるんだから。 で、何故買い替えたかというと…上画面が真っ白になって映らなくなったから。 修理にはおそらく1万円以上かかる… まー考えるまでもないだろう。 ソニータイマー(壊れる時期を予め組み込む商法)という訳ではないんだろうけど…丁寧な扱いには自信があるからさ。 個人サイトでは似た症状を訴える人もちらほらと見かけるし。 新機種や新色の気配もないから、思い切って交換したわけだが… 古いDSと画面を比べたら明るさが全然違う。 同じLiteなのに… 更に古いほうは青みがかっている。 …うーむ、これが「液晶」の弱点なのだろうか。 ちょうど2年になるかな。 それを考えると、液晶テレビの寿命はもっと短命な気がする。 基本的に毎日目にするだろうから、まず劣化には気付かないと思うよ。 DSも比べて初めて知ったし… 電化製品は消耗品だから、仕方が無くもあるが… 大きな買い物はするなって事か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »