« 大ロボット博 | トップページ | 特撮「仮面ライダーキバ」 »

2008年1月27日 (日)

大ロボット博 その2

※前回の続き。 国立科学博物館のイベントだから、常設展示もそのまま入れるんだけど… 正直、こっちのほうが面白かった。 何度も観ているのに、やっぱりその物量に圧倒されるなー。 地球館だけで相当疲れる。 前回もそうだったかもしれないが、帰ろうと思って出口に向かうと…そこはなんと日本館。 内容は地球館に負けないほどの充実っぷり… 今回はさすがにパス。 ただ、運良く実物のアロサウルスが期間限定で展示されているっつー事で…それだけは拝見。 常設展示はほとんどレプリカだから、妙に得した気分だ。 で、もうひとつ意外な施設が新たに追加されていた。 それは愛知万博で話題になっていた360°全方位スクリーン「地球の部屋」。 当時、私も観たかったが待ち時間が長過ぎて断念したというアノ館だ。 実は万博のそれがコレらしい。 移設されて、ここでは「シアター360」として常時上映している。 つーか、知っていたらコレ目当てに来ていたよ。 もっと宣伝していいと思うんだけどな… 常設展示の一つとして観られるから、別料金もないし。 しかし、これは今回一番良かったかもしれない。 凄いだろうなという想像を上回っていた。 もうどこを見ていいか分からん。 上見ても下見ても違う映像。 特に博物館オリジナルの「恐竜の世界」は大迫力。 オールCGだがカメラワークのセンスが良く、恐竜の下をくぐったり左右へ移動したり…頭上では翼竜が飛んでいたり。 360°を上手く使って演出している。 約8分という時間もちょうどいいかも。 もう少しシアター内の映像が明るいと良かったかな。 目に与える影響とかがあるのかもしれないが… 常設のみなら600円だし、絶対オススメ。 「シアター360」を観る為だけでも損はない。 タイトルと関係ない内容になってしまったが、その流れで観たってことで。

|

« 大ロボット博 | トップページ | 特撮「仮面ライダーキバ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30185784

この記事へのトラックバック一覧です: 大ロボット博 その2:

« 大ロボット博 | トップページ | 特撮「仮面ライダーキバ」 »