« 火星を撮る | トップページ | Wii「バイオハザードUC」 »

2007年11月18日 (日)

DS「ゲームセンターCX」

評価:★★★★★★★★☆☆  
いや〜… 期待はしていたが…ソレ以上だったな。 ファミコンのテイストを再現したゲーム集なのだが、1つ1つがファミコンソフト1本分のボリュームを持っていてさ。 音楽・解説書・裏技に至るまで、あらゆる要素を研究し尽くした見事な新作。 この良さはファミコンをリアルタイムで体験してきた世代にしか分からないだろう。 シューティングやアクションなど、実際当時に発売されていたら確実にヒットしていたと思う。 RPGのガディアクエストも良く出来てはいるのだが…ゲーム内で発売延期の理由がクオリティアップという演出をしていた為、やはり同時期のDQやFFのボリュームと比較してしまう。 あまりにも他が単体で成立していたからさ… システム的な不便さも重なって少し目立つ。 延期の演出は面白いが、それ自体は別に懐かしめるものではないし… 内容的にもDQ1の物語を短くした感じで、ダンジョンや塔の広さでプレイ時間を稼いでいる。 あと戦闘バランスも悪いかな。 せっかくナムコが関わっているんだから、テイルズオブクエストにして既存素材をファミコンに移したほうがむしろ早かったんじゃないの? でも気になるのはそれくらい。 タイトルによっては続編があるのも良い。 特にハグルマンは3まであって、システムもよく練られている。 最近のゲームではまず見ない「隠れキャラ」も満載。 面セレクトや無敵といった裏技まで、雑誌の演出を使って紹介しているし。 本当にファミコンで育った人間にしか作れない作品。 こういうのをWiiのバーチャルコンソールで出せばいいのに。 これなら1本500円でも十分購入価値はある。 個人的には大満足な作品。 続編をスーファミテイストとかでやってくれないかな。

|

« 火星を撮る | トップページ | Wii「バイオハザードUC」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232239/30233721

この記事へのトラックバック一覧です: DS「ゲームセンターCX」:

« 火星を撮る | トップページ | Wii「バイオハザードUC」 »