« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月21日 (金)

DS「ポケモン不思議のダンジョン時の探検隊」

評価:★★★★★★☆☆☆☆  
今回の「ポケモン不思議のダンジョン時の探検隊(ポケダン)」、ちまたではストーリーが評価されているようだが… 私はそれがマイナスのひとつになっている…… 物語自体は良く出来ているんだけど、テキストで読ませるイベントが強烈に多くて長い。 永遠とキャラクター達の会話が続く… 少しだけプレイしようかと思っていたら、10分ほど会話イベントののち…セーブしますか? て… 結局読むだけで疲れて、ダンジョンも行かずに終了する事もしばしば。 相当昔のゲームに「アークザラッド」というプレイステーションのRPGがあるんだけど、イベント中に一切のセーブをさせないところなんかソックリ。 20分30分と…いつ終わるのか分からないイベントにつき合わされて、最悪なケースでは終わる頃にフリーズなんてのもあった… 現にポケダンでも何度充電が切れたことか…… あとは主人公に選んだポケモンで難易度に大きな差が出るとこかな。 私はエネコというポケモンで進めているが…大した技もなく、序盤から大苦戦。 逆に強いポケモンで簡単過ぎると怒っている人は、自制すればいいだけのことだと思うんだけど… せっかくドット絵でいい感じなのに、快適さで損をしている。 オプションの項目だけでも充実させてくれれば、多少は回避できそうなものなのになー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

NEOGEOダウンロード!!

9月から配信予定とはいえ… 実際に開始されるまでは不安でさ。 今冬に延期とか有り得るからね。 で、なんとなく予定表を見てみたら…いつの間にかNEOGEOに配信中のリンクが!? 開始日は9月のままだったからさー。 ちょっと唐突。 延びてもいいから、もう少し早めに日付も表記して欲しいな。 今回は3タイトルのうちの1つ「餓狼伝説」が配信されたんだけど、ほかの2タイトルもまだ「9月」の状態。 どのみち確認してみたかったのは餓狼伝説だけだから、個人的には別に構わないのだが…問題は今後。 リストアップされても日付が分からないまま配信されるのは嫌。 たまたまだったらいいんだけど… さっそく気になっていたNEOGEOをWiiでプレイ。 餓狼伝説自体はよく知らないから再現度までは判断できんが、おなじみのあのNEOGEOコールはアーケードと一緒。 速度もまったく問題なし。 PS2版の移植より綺麗だし、なによりディスクの読み込みが一切無いのは素晴らしい。 思っていた以上に快適だ。 こうなると希望タイトルも一気に増える。 KOFや月華の剣士,侍魂に餓狼のような王道もいいが、ティンクルスタースプライツやマジカルドロップ3みたいな実は面白い隠れた名作も配信して欲しい。 でも他のハードの勢いが落ちているからな… 利用者が少ないのか? ファミコンの価格とか下げればいいのに。 すでに買った人には差額を戻させるとかさ。 前にも言ったが、1人の金持ちに500円で売るより100人の庶民に300円で売ったほうがお互いに得だと思うのだが…… 生産コストはゼロなんだし、実際にはもっと顕著に差が出るんじゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

月を目指す「かぐや」を追え!

先日、種子島から月へ向かって旅立った探査機「かぐや」。 そのかぐやの現在位置を知りたくて探したんだけど、準備がまだだったのかうまく表示されなくてさ… 今日改めて確認してみたら、専用のサイトでかぐやの軌道を公開していたのよ。 これがまた良く出来ていて、Javaスクリプトを利用して3Dでかぐやの位置を表示。 地球や月の視点に変更も出来るし、それぞれの距離も色分けの線で見られるから誰でも簡単に調べられる。 ちなみにかぐやは青、月は黄色。 これらの線が地球からの距離と位置を表していて、リアルタイムに更新されていく。 予定では今月の28日に再び地球に接近したのち、月に向かうらしい。 この表示を見ていると、月までの道のりって近そうで途方も無く遠いんだなーという事を考えさせられる… アポロは本当に有人で月まで行ったのか疑問になるよ…… かぐやの月到着は10月3日(水)午前0時。 どんな映像を見せてくれるのか楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

アニメ「ビックリマン」

評価:★★★★★★★★☆☆  
別の話題でも少し語ったが、初期版のアニメ「ビックリマン」。 ヤマト王子を中心に天聖界での攻防が繰り広げられる話し。 もとになっているのは、もちろんビックリマンシール。 私も小さい頃集めていたが、当時はストーリーが複雑すぎてまったく理解できなかったのね。 ほとんどの人は運試し的な買い方をしていたと思う。 キラシールの希少価値が購買意欲をかき立てていたし。 持っていると自慢も出来た。 そんなビックリマンのアニメだが… こちらもリアルタイムで観ていたのよ。 普通に面白かった記憶はあったんだけど、改めてシールの資料と比較すると驚くほど忠実でさ。 序盤から「三すくみ」の関連性を分かりやすく表現しつつ、ヘッドたちの対立へと発展していく流れが見事。 平和を取り戻す為に次界を目指すのも、一見強引にも聞こえるが…シャーマンカーンの調べる「予言書」に記述させるとはなかなか上手い。 基本はギャグアニメでも、常に目的がはっきりしているから結末を期待しながら見続けられるのも大きい。 そしてなにより凄いのは、シールの絵に忠実な作画。 通常アニメ化の際には矛盾を避ける為、アニメ用に描き変えるものだが… ビックリマンは配色までシールに沿っている。 更に、アニメでもシール同様キャラクター達が進化していくのだが、名前まで変わるところが少し笑えてさ。 だってヤマト王子として何十話も呼ばれ続けた主人公が、神帝に進化したとたん仲間からもヤマト神帝とか呼ばれているんだよ? 十字架天使なんて「クロスエンジェル」とか言って突然英語読みで呼ばれちゃうし… その名前に執着しない潔さが、逆に気持ち良かったりもするんだけどね。 それにしてもシールの資料を見ながらだと、アニメの印象もだいぶ違って見えるなー。 両方あって初めて分かる内容も多いし。 ヘラクライストの大きさや魔肖ネロの誕生・崩壊など、アニメでは不足がちな説明がシールにあったり。 また、そのシールだけでは意味が分からなかったり… そういった設定を理解できる大人が観ると、本当に面白い作品だったんだっつー事を知った。 シールの書籍入手は困難だが、手元にあるならアニメも観てみることをオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

月周回衛星「かぐや」打ち上げ成功

アポロ計画を上回る最も高性能な日本の月探査機「かぐや」が先ほど打ち上げられた。 私もインターネット中継を利用してリアルタイムで観ようと思っていたのだが… 仕事の影響でカウントダウンを観られず…… 予定がかなり狂い、中継を表示した時はすでに打ち上げた直後の映像だった。 その誤差、わずか数秒… あと1分Macの動作が速ければ、もっと落ち着いて観ることができたのに。 結局10分後のリピート映像で、その瞬間を目撃。 これ、歴史的な大イベントだと思うのだが…テレビは昨日NHKが少し触れただけ。 世の中は完全に総裁選挙一色。 まー、そんな事態でなくとも打ち上げを扱う番組はなかったと思うが… 日本から発つ最新ロケットの映像はやっぱり誇らしいね。 ここの扉にもある「月」を最新の技術で探査するのが日本なんだから。 ハイビジョン映像も色んな条件下で撮影するみたいだし。 DVDで出して欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

続・DQシリーズがDSに移植

前回語ったときに危惧していた戦闘画面。 モンスターが2Dドット絵で描かれているかどうかが期待度の分かれ目でもあったが… 遂にオフィシャルサイトでもDS版の戦闘画面が公開されたッ! そして、モンスターはというと…… 2Dだーッ!! しかも動いている。 こんなことで喜ばなきゃならない現状も悲しいが… イラストスキャンやポリゴンを使い回す作品が溢れるなか、ある意味この展開は奇跡だろう。 本当に良かった… 今はまだ「4」のみの情報だが、おそらく5〜6も同じ仕様で制作されるものと思われる。 あとは、昔ゲームボーイ版の「3」にあったモンスターメダルの様な遊び心が4〜6にどれくらい含まれるのか? 厳しい目線で注目していきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

DVD「24 シーズン6 第1巻」

評価:★★★★★★★☆☆☆  
以前、先行で第1話だけ観て語ったんだけど。 とりあえず第2話まで観た。 CTUが誤ったテロ首謀者を攻撃しようとしているなか、主人公のジャックだけが本当の首謀者を知る。 彼は必至に「ターゲットは別に存在する」と訴えるが、国もCTUも攻撃を強行。 そのときジャックは…? みたいな。 まー面白いんだけど、これまでと比べて…ややリアリティに欠ける。 過去のシリーズでは強引な部分はあっても、納得させるだけの前後関係や映像表現もあったからね。 今回はというと… 「そうなんだからしょうがない」つー場面もちらほら。 特に気になったのは、電車の最後尾って蹴り破れるものなのか? てとこ。 その時は派手な演出もあり、すぐ次の展開に流れて行ったから深くは考えなかったけど。 あのシーンにはもう少し伏線が欲しいところだな。 まー、概ね期待通り。 特別良くも悪くもなく。 これならBOXで所持してもよさそうだ。 11月22日発売予定。 また語るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »