2014年2月 9日 (日)

五輪 女子モーグル

惜しかったね。 決勝で最初に好タイムを記録した上村愛子選手は残り数人という所まで1位だったのに… 最後の2人にも抜かれ、本当にまさかの4位! 相手がロシアだったら八百長も疑ったけどアメリカだからね…… ひいき過ぎる解説にも問題あると思うよ。 応援したい気持ちが先走って、何でも良い風に評価しちゃってるからさ… "本当"はどうなのかまったく分からない。 フィギュアスケートは散々観てるから、変な解説をされても「それは違う」と言えるけど…モーグルなんて普段観ないでしょ。 どの選手も平等に説明してくれないと混乱してしまう… 日本人選手の時は常に「いいですよ!いいですよ!!」しか言ってないから。 最後のアメリカの選手の時なんか、大げさに「うわぁ〜〜!!」とか「これは大きなミスだぁ〜!!」とか… 知らない人は信じちゃうって。 日本人の活躍に興奮するのは構わないのよ。 解説だけは"正確"に"冷静"にやってくれ。

| | コメント (2)

2014年2月 8日 (土)

関東全域で大雪

今年の雪は先日で打ち止めかと思っていたら… なんとまさかの豪雪警報。 外出を控える様にとか。 平地でも20cm〜40cmの積雪らしい… しかもわずか1日。 昔の大雪と言えば数日間は続いたものだが… 大雨にしても大雪にしても、関東圏内は長く続かないよね。 なんか不気味だ。

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

開幕前に色々

日程の都合上、五輪開幕前にいくつかの競技がすでに始まっている。 なかでも注目はやはりフィギュアスケート団体。 ルールは男女シングルとペア,アイスの総合で順位が決まる。 なるほど。 団体戦なんて日本が圧倒的に有利だと思っていたが…ペアとアイスで一気に差を詰められるのね。 強い選手は個人戦に集中したいだろうし。 この実験的な新競技の初戦は男子シングル。 日本は個人でも優勝が期待されている羽生選手がいきなりの登場。 更にカナダの王者パトリック選手やロシアの伝説プルシェンコ選手らも参加。 スゴいメンバーだね… 国vs国の構図も、なんか五輪っぽくて良い。 他の個人種目も団体システムを入れたほうが面白いと思う。 ちなみに、団体戦で先陣を切った羽生選手は…97点! 惜しいね。 いや圧倒的な1位なんだけど、100点超えてもおかしくない内容だったからさ。 パトリック選手の心はどうも個人戦に向いてる様だ。 とは言え、さくっと89点を出してしまうのはさすが。 プルシェンコ選手も91点で全盛期と変わらぬ強さを見せた。 相当ハイレベルな争いではあるが、どうやら本番は個人戦という意識を持った選手も多そうだ。

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木)

間もなくソチ五輪

報道などではそこそこの盛り上がりを見せる冬季五輪だが、日本の注目競技はかなり絞られるよね。 フィギュアスケートは当然として、あとはジャンプとハーフパイプ。 これくらいかな? ロシアと言ってもソチは日本のほぼ反対側にあるから、LIVEは完全に深夜。 たぶん2時3時辺りが決勝になるでしょ。 こうなると、フィギュアもLIVEで観るのは厳しそうだ… いや、普段も起きてる時間帯だけどさ。 スポーツ中継の視聴はハードだって。 がっつり観たら朝が大変。 でも、もし金取ってたらさ…朝のニュースで知るのも嫌だし。 なるべく冷静に穏やかに観ようかな…

| | コメント (2)

2014年2月 5日 (水)

3DSでゲームキューブ?

まったく予想していなかった情報が入ってきた。 現在、任天堂はゲームボーイアドバンス(GBA)とゲームキューブ(GC)のタイトルを3DSのバーチャルコンソール化に向けて計画中らしい。 GBAは分かるとして、GCはちょっと信じられないな。 だって8cmCDサイズの容量だから。 およそ180MB強。 通常のCDやDVDより少ないとは言え、ファミコンカセットは2MBで大容量ロムなんて宣伝されていたからね。 まー最新の3DSソフトも普通にダウンロード販売してるから、可能だとは思うが… だったらスーパーファミコン(SFC)やアーケード(AC)が先の様な… 価格も心配。 やっぱり中古店の相場を考えると…600円なんだけど。 WiiのSFCで900円だったから、GCは1200円位になりそう… カービィのエアライドとか未だにWiiでやるから、安いなら3DSでも欲しい。 良作多いし。 と言うか…先日の方針報告でこっちを主力扱いで発表すれば良かったのでは? あくまで計画の段階という事か? PCエンジンもあれ以来まだ追加されてないし… 相当先の話だろう。

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

キカイダーが実写映画化

今年は本当に漫画アニメからの実写映画化が多いが… 今回のキカイダーは漫画よりも特撮のほうが有名だろう。 子供向けとは言え、体が半分不完全や良心回路など基本設定はそのままに、わりとシリアスに描いていたと思うけど。 新たに製作される「キカイダーREBOOT」は、おそらく特撮よりも原作漫画に準じた内容になるのだろう。 禁断の扉を開くとも言ってるから、あの賛否渦巻くラストも再現されそうだ… て事は、エンターテインメント性よりもまた監督の私物化に終わる感じか…… 原作を真正面から取り上げたら、ただただ暗くなる一方だって。 そりゃキカイダーファンはそれを望んでいるかも知れないが… そのファンの間ですらラストは意見が別れるところ。 私は否定派だ。 あの終わり方は嫌。 主人公がずーっと悩み続けた"問題"をあんな形で決着を付けてしまうのはあまりにも…みたいな。 本当にやるならR指定だろうね。

| | コメント (0)

«購入に迷い。